« ヒトのES細胞は孤独が嫌い | トップページ | サラとミーナ12:体重調節に成功 »

2007年9月 1日 (土)

ガンペール杯をみました

Braugrana Jスポ2でガンペール杯を見ました。トゥーレ・ヤヤとアンリは、横浜で見たときとは全く別人のように調子があがって、まわりともフィットしてきましたね。ロニーとチャビが真ん中でやっていていい感じでした。ロニーが中央で孤立すると、囲まれて球をとられるおそれがあるので、チャビが近くにいるというのは非常にいいですね。ロニーはラストパスを出すという仕事に徹していいんじゃないかと思います(出せないときはチャビに返して位置を移動する)。

トゥーレ・ヤヤとアンリは、器用な小技に豪快な大技もありで、期待通り非常にレベル高いですね。必ずバルサのサッカーのレベルを上げてくれると思います。アビダルとミリートは今日の試合ではわかりませんでしたが、実績のある選手なので問題ないでしょう。ジョバニはポジショニングで勝負するタイプの選手と見ました。シュートの実力も見せてくれたので、メッシを休ませたいときには出せますね。

エトオが故障してしまったので、問題はアンリを休ませたい時にどうするかです。グジョンセンはセンターがいい選手なので、彼が出るときはロニーが左になるのでしょうが、エトオの場合のようにうまくいくかどうかは心配で、むしろダメなんじゃないかと思います。メッシを左に出して、右はイニエスタで、ロニーは休むかトップ下ですね。

WOWOWは今週末について、バルサの試合は放映しようという努力もしていないということを自ら明らかにしました。メレンゲは一応放映予定にはいっているので、これは不当な感じがします。

|

« ヒトのES細胞は孤独が嫌い | トップページ | サラとミーナ12:体重調節に成功 »

バルサ(FC Barcelona)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/16308970

この記事へのトラックバック一覧です: ガンペール杯をみました:

« ヒトのES細胞は孤独が嫌い | トップページ | サラとミーナ12:体重調節に成功 »