« 今は亡き猫たち | トップページ | サッカーチームのエンブレムと動物 »

2007年9月 8日 (土)

阪神タイガース奇跡の宴

Photo 仕事を終えてすぐにタクシーで東京ドームに駆けつましたが、もう3回終了で1:3で負けていました。Y氏に聞くとジャイアンツの得点はすべてホームランとのこと。さては今日は飛ぶボールでも使っているのかと不安がよぎります。

さすがに天王山とあって客席は満杯。Y夫人の尽力でB指定でみられるのが有難い。さあと気合いが入ったところで、なんとスンヨプに2発目をたたきこまれてしまいます。今日は負けムードだと観念しましたが、流れが変わったのは、4回に1死2・3塁で投手のパウエルに、カウント2-2からスクイズバントをやらせようとした場面でしょう。これを見破ってはずしたのなら矢野もすごいですが、ともかくかなり高目のボールでパウエルはバントできず、3塁ランナーは憤死。ジャイアンツのベンチは無謀でした。

5回に勝ち女Y夫人が現れると、たちまちタイガースが反撃。赤星のタイムリー、金本、桜井の連続押し出しなどで4点をとって逆転。3塁側は狂喜乱舞の盛り上がりとなりました。

しかしその裏、なんと由伸にも2発目をうたれてしまい、試合は泥沼へ。しかしタイガースはシーツ、金本、矢野らの執念のヒットで再逆転。これで勝利かと思いきや、久保田がスンヨプに3発目、つづいて二岡にもスタンドに打ち込まれます。これで同点になり3塁側もがっくり。この嫌なムードを吹き飛ばしてくれたのは、今期不振をかこつ桧山の信じられないホームランでした。ふらっと上がった感じだったので、まさかスタンドインするとは思いませんでした。

7発のホームランをゴミ箱に葬った奇跡的勝利。今日もあの名曲「阪神タイガースの歌(六甲おろし)」を気持ちよく歌って散会しました。それにしても阪神タイガースの応援団の盛り上がりと統制は世界一でしょう。どの場面で何をやるかの判断もすばらしい。これに一度加わるとやみつきになってしまいます。

|

« 今は亡き猫たち | トップページ | サッカーチームのエンブレムと動物 »

タイガース(Hanshin Tigers)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 阪神タイガース奇跡の宴:

« 今は亡き猫たち | トップページ | サッカーチームのエンブレムと動物 »