« WOWOWのフェイントに完敗 | トップページ | 今は亡き猫たち »

2007年9月 4日 (火)

バルサ:カンプノウ緒戦は完勝

Braugrana 芳しくないドローのアウェイ戦につづいて、カンプノウでの開幕戦はビルバオとの対戦です。ビルバオも昨年とは変わって、引き上げた19歳のスサエタ、新加入のダビド・ロペスが2列目です。バルサはエトオの故障で、ロニー、アンリ、メッシのトリデンテ、中盤はチャビ、デコ、ヤヤ、左はアビダル、右はザンビー、CBはウラゲーとマルケスです。

バルサは非常に好調な感じで、まず開始早々ロニーがドリブル突破して倒されFK。これを自分で右上隅に弾丸ライナーで決めてまず先制。さらにロニーからアンリにきれいなスルーパスが通って、アンリがGKに倒されPK。これをロニーが、今度は左に低空ライナーで決めて2点目。前半はバルサの高速パスがビシビシ決まって、ビルバオの攻撃陣の出番がほとんどありませんでした。アビダルの技術レベルが非常に高いこともわかりました。私が見ているここ数年のバルサのサイドバックの中では、最高のプレーヤーだと思います。

後半にはロニーの女(美女)と息子のTVお披露目がありました。息子は親父そっくりの顔でした(ぶ)。途中で余裕なのか、アンリをジョバニ、デコをイニエスタにチェンジ。しかしジョバニはどフリーをはずしてしまい、まずい雰囲気。めずらしくバルデスが中途半端なパンチで、スサエタに強烈なミドルを決められてしまいました。しかし、このあと問題のヤヤのミドルシュートが決まって胸をなでおろしました。このシュートはスローで見ると、おそらく球半分くらい残っていて、セーフだったのではないかと思われました。これが勝ち越し点だったら、ビルバオも暴れて大変なことになったかもしれません。

その後マルケスの退場とかいろいろありましたが、ともかく3:1の勝利はめでたい。バルサらしい試合もできたことですし良かったと思いますが、この試合もヤヤの点がなかったとすると2:1の辛勝ですから、勝って兜の緒を締めよです。これだけ攻撃的なサッカーをやれば、どうしてもカウンターで多少は点をとられます。いつも3点以上とるという決意でがんがん行ってほしい。

|

« WOWOWのフェイントに完敗 | トップページ | 今は亡き猫たち »

バルサ(FC Barcelona)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/16342608

この記事へのトラックバック一覧です: バルサ:カンプノウ緒戦は完勝:

« WOWOWのフェイントに完敗 | トップページ | 今は亡き猫たち »