« サラとミーナ11:はじめての病院 | トップページ | 坂井泉水さんを偲ぶ »

2007年8月26日 (日)

リーガ放映の危機

Braugrana 昨年はセビーリャが放映料の配分でごねて、試合の画像を配信しないという事件がおこりましたが、今年はその拡大版がおこっているようです。もう開幕している今、この問題が表に出てくるというのが不手際もいいところですが、このおかげで世界中の放送局、そしてリーガファンがおおきな被害を受けることになりました。

今朝WOWOWで放映される予定だったマドリードダービーが、放映中止になってしまいました。岡田さん、奥寺さんの手持ちぶさたな様子が痛々しい感じでした。WOWOWには抗議が殺到したと思われますが、受付の女性が泣き出したという話も伝わっています。私も含めてリーガ目当てで契約している人も多いでしょうから、これはただではすみませんよ。このまま全くリーガの放映がないということになれば、当然「金返せ」ということになります。スペインの商売のいいかげんさは、いままでにも十分思い知らされてきましたが、今回は大事です。月曜のラシン-バルセロナ戦以下が放映されるかどうかが当面の関心事ですが、ちょっと悲観的にならざるを得ません。しばらく推移を注視したいと思います。

|

« サラとミーナ11:はじめての病院 | トップページ | 坂井泉水さんを偲ぶ »

バルサ(FC Barcelona)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/16242066

この記事へのトラックバック一覧です: リーガ放映の危機:

« サラとミーナ11:はじめての病院 | トップページ | 坂井泉水さんを偲ぶ »