« バルサ放映なくがっくり | トップページ | ヒトのES細胞は孤独が嫌い »

2007年8月30日 (木)

ガンペール杯

200pxjoangamper ジョアン・ガンペール(写真)はスイス人のバルサ創始者です。毎年彼の名を冠したジョアン・ガンペールカップがカンプノウで開催されます。今年はインテルを招待して行われました。ガンペールは1930年に自殺しており、このセレモニーには何か悲しい思いが込められている気がします。今年は直前にセビーリャのディフェンサ、アントニオ・プエルタ氏が亡くなり、また元バルサ副会長のニコラウ・カサウス氏も夏に他界されたということで彼らに捧げる試合となりました。

しかしこの試合だけを見るためにTVEと契約するというのにはためらいがあって、結局見ることができませんでした。Jスポーツ2で9月1日(土)午後3時ー5時に録画放送があるそうです。

以下はHPのボグーニャ記者の記事の抜粋です。
----------

開始6分でジョバニがエリア内で倒され、ロニーがPKを決める。その後すぐ、11分に今度はジョバニ自身がシュートをたたきこむ。ヤヤとデコは相手の攻撃の起点をつぶしてチャンスを与えず、さらにヤヤはミドルシュートで敵を脅かす。そして37分にはそのミドルシュートをヤヤが決めた。これで前半終了。

後半にエトオがシュートしたときに故障発生しモッタと交代(ちょっと心配)。56分にはメッシがドリブルで突破し、イニエスタにパス。これをイニエスタが決めて4:0。最後の仕上げはCKをモッタが頭で決めて5:0。ガンペール杯はバルサのものとなった。

----------
それにしてもインテルはどうしちゃったのでしょうか?

ラシン戦についてイニエスタが語ったところによると、練習がハードだったので、ラシン戦では体が重く感じたそうです。ゲームを重ねるにつれて疲労もとれてくるので、心配はないということです。期待したいですね。WOWOWの放映は次節もなさそうです。バルサとメレンゲがターゲットとなっていることは明らかです。しかし9月10日以降は状況が改善されるものと思われます。

|

« バルサ放映なくがっくり | トップページ | ヒトのES細胞は孤独が嫌い »

バルサ(FC Barcelona)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/16285496

この記事へのトラックバック一覧です: ガンペール杯:

« バルサ放映なくがっくり | トップページ | ヒトのES細胞は孤独が嫌い »