« 阪神タイガース:今日の神宮は熱かった | トップページ | 血球は卵黄嚢から »

2007年5月14日 (月)

バルサ 大ピンチ

Braugrana_2_16 国王杯のセカンドレグで4:0という信じられない敗戦を喫したバルサ。ハイライトを見ただけでは、どうしてこんな負け方になったのか理解できませんでしたが、ザンブロッタのミスは確かにショックでした。何しろ自陣ゴール前で、敵に絶好のパスを出したわけですから、訳分かりません。

今日のベティスとの試合は、さすがにカンプノウに帰ってきて、素晴らしくバルサの気合いの入った序盤でした。久しぶりに中盤はデコとチャビ。ボランチはイニエスタ。左ジオ、右ザンビー、CBはテュラムとプヨールです。前はいつものトリデンテです。開始早々、デコがうまくエリア内で引っかかってPK。これをロナウジーニョが気合いでけり込んで先制。

このあと圧倒的な攻撃で、何度もチャンスを作りますが、エトオもイニエスタもシュートを失敗。そうこうしているうちに、テュラムのミスから逆にフェルナンドにフリーのシュートを許すなど、暗雲がただよってきます。そしてそのままハーフタイム。

後半はベティスも引き分けめざしてアスンソンやロベルチなどの攻撃陣を投入してきますが、バルサもロナウジーニョとメッシを引っ込め、エジミウソンやサビオラを投入して応戦します。しかし序盤のような怒濤の攻撃は陰を潜め、イシドロにどフリーのシュートを許すなど、危ない感じです。そしてついにアスンソンにしてやられます。FKで当然ゴールを狙ってくると思いきや、右に展開したソビスに流され、だれもケアしないのでまたもどフリー。これを強烈に決められました。

1.シュートミスが多すぎる(今回だけではない)。2.守備の集中力欠如(今回だけではない)。これではとても調子が出てきたレアル・マドリードに競り勝てるとは思えません(というかもう他力本願になってしまいましたが)。思い切った手を打つ必要があるでしょう。個人的には、トップにサビオラかグジョンセンを置き、ロナウジーニョ、エトオ、メッシ(チャビ)を2列目に置くようなシステムでいって欲しい。

|

« 阪神タイガース:今日の神宮は熱かった | トップページ | 血球は卵黄嚢から »

バルサ(FC Barcelona)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/15074130

この記事へのトラックバック一覧です: バルサ 大ピンチ:

« 阪神タイガース:今日の神宮は熱かった | トップページ | 血球は卵黄嚢から »