« バレンシアとインテル | トップページ | クラシコ:バルサ辛くも引き分ける »

2007年3月10日 (土)

倉橋ルイ子

2 倉橋ルイ子さんは本来「ラヴ・イズ・オーヴァー」でデビューする予定だったそうです。それを言葉は悪いですが、欧陽菲菲にさらわれてしまって、結局「ガラスのイェスタデイ」という曲でデビューしたわけです。こちらの曲も結構いい曲なんですが、やはりお気に入りの曲でデビューできなくて、とても悔しかったみたいです。「ラヴ・イズ・オーヴァー」も年月がたって(ほとぼりがさめて)からCDを出版し、最近はときどきライヴでも歌っているようです。

北海道出身だそうですが、小さいときに松戸に越してきて、マブチモータースでバイトなどやってたこともあるそうです。その縁で、松戸駅ビルのホールでコンサートをやったこともありました。私も永年松戸に住んでいたので、これは聴きに行きました。

彼女も hime (西島三重子)と同じく、南青山マンダラで定期的にライヴをやっています。一応日時はチェックしているのですが、なぜか余儀ない仕事や用事ができてしまって、行けないことが多いのです。hime のライヴは皆勤しているんですが・・・。縁がないのかもしれません。でも彼女と hime には縁があって、昔 hime の「千登勢橋」をカバーして、カセットテープで発売したことがありました。私はしっかり持っています。ライヴで「池上線」もやっていました。

スケールの大きいバラード曲ばかりやっていて、アップテンポのものはほとんどやらないという珍しいシンガーです。その代表的なバラード「ラストシーンに愛をこめて」が、甲子園の高校野球の行進曲に選ばれたときには、目が点になりました。この曲をマーチでやるんかい ってホントにやったわけです。彼女の持ち歌はたくさんありますが、CDは普通に複数売っていますし、ダウンロードでも容易に入手できます。

動物園を歌った曲ってめずらしいと思うのですが、彼女は「雨上がりの動物園」という名曲を歌っています。相馬裕子さんも「Lion in the zoo」という曲を歌っていて、これは何か縁があるのでしょうかねえ。写真は若い頃のジャケット写真ですが、今でもとてもきれいな方です(マラソンのリディア・シモンと間違われることがあるようです)。今度の hime のライブには行けると思うのですが、ルイちゃんのライブにはまたもや行けそうもないのです。はい。

最後になりましたが、hime は3月20日、倉橋ルイ子さんは4月5日に南青山マンダラでライヴやります。

|

« バレンシアとインテル | トップページ | クラシコ:バルサ辛くも引き分ける »

音楽(music)」カテゴリの記事

コメント

倉橋ルイ子さんのCD 3枚 昨日届きました。
早速、早朝からヘッドフォンで聞いてます。
今日は倉橋ルイ子三昧 車でCD 携帯でも聞きながら仕事します。

投稿: やま | 2008年3月28日 (金) 06:51

notesやまさん はじめまして
やまさんのお気に入りはどんな曲なんでしょう?

南青山マンダラ http://www.mandala.gr.jp/aoyama.html
のライヴに行って感想の紙を提出すると、
手書きのライヴのお知らせがきますよ。

投稿: monchan | 2008年3月28日 (金) 09:27

はじめまして佐山です
私は30年前より倉橋ルイ子さんのファンです
最近になりまた急に歌が聴きたくなりました
が、倉橋さんははっきりいって私の中では最高の
アーティストなのですが多くの方にはマイナーでして・・・
なかなか倉橋さんの1981年から約7,8年のアルバムが手に入りません
どうしても聴きたいのですが(ある程度はyoutubeで手に入りましたが) まだまだ足りません
どうか全てを手に入れる方法はないものでしょうか?
できればyoutubeなどへの掲載など考えていただけないでしょうか?
一方的、勝手なお願いで申し訳ありません

投稿: 佐山 | 2010年2月 4日 (木) 12:56

佐山さん ようこそ

YouTube に投稿する予定は今のところありませんが、ヤフオクには結構いろいろ出ているようですよ。
今4日のPM9時ですが「Sailing・・・」「純愛-この愛に生きて」「バラードをかばんにつめて」などが出品されていました。

投稿: monchan | 2010年2月 4日 (木) 21:17

倉橋ルイ子さん、私が90年半ばに「ディナーショー」に行った事があります  といっても、ヒットから遠ざかり、堺市(大阪府)のビジネスホテルでのステージでファンとしては、生で見れた喜びの反面、ちょっとかわいそうな場所での熱唱でありました
結婚されてからも根強いファンに支えられて、今でも歌われているそうですが、「バラードをかばんにつめて」というキャッチフレーズそのものの方ですね

投稿: シーサイド貝掛 | 2011年5月17日 (火) 00:05

倉橋ルイ子さん、私が90年半ばに「ディナーショー」に行った事があります  といっても、ヒットから遠ざかり、堺市(大阪府)のビジネスホテルでのステージでファンとしては、生で見れた喜びの反面、ちょっとかわいそうな場所での熱唱でありました
結婚されてからも根強いファンに支えられて、今でも歌われているそうですが、「バラードをかばんにつめて」というキャッチフレーズそのものの方ですね

投稿: シーサイド貝掛 | 2011年5月17日 (火) 00:05

>シーサイド貝掛 様

関西にはあまり行ってないようですが、東京では南青山マンダラで、年に何度かはライヴnotesをやっているようですよ。

http://morph.way-nifty.com/grey/2011/01/by-8ae0.html

もご覧ください。関連ブログなどもリンクしています。

投稿: monchan | 2011年5月17日 (火) 17:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/14217814

この記事へのトラックバック一覧です: 倉橋ルイ子:

« バレンシアとインテル | トップページ | クラシコ:バルサ辛くも引き分ける »