« ES細胞-新手法 | トップページ | 発毛の間隔 »

2007年1月25日 (木)

バルサ 引き分けもやむなし

Braugrana_2_4 ベティスのスタジアムはファンで一杯のいい雰囲気です。今日はバルサに球を持たせて、一発ねらいの作戦のようです。無理にプレスに来て、後半にスタミナ切れになるのをおそれてのことかもしれません。バルサはチャビに替わって、今日はイニエスタが先発。ピボーテはモッタ。左はジオ、右はオレゲールでした。グジョンセンはベンチスタートで、サビオラがトップを張ります。

ホアキンのいないベティスはちょっと寂しい感じですが、そんなこと言ってる場合じゃありません。アスンソンのCKを折り返されて、ロベルチのヘディングで失点。かたい守備を崩せず、前半はこのまま終了。

後半16分にデコのCKをニアサイドのマルケスがうまく頭で合わせて、左後ろに決めてくれました。これでやっと同点。このあとグジョンセンやチャビを出して何とか得点をねらいますが、今一歩詰めが甘く、逆にアスンソン→ダニといいパスが出て、危機一髪の場面もあって、危うく敗戦するところを辛くも引き分けました。

やはりロナウジーニョがトップに位置しているようでは、彼の持ち味が生きません。グジョンセンを左に置くのは意味ないと思いますね。いまいち攻撃のリズムが作れなかったバルサですが、今日の引き分けは、危ない試合だったのでよしとすべきでしょう。エトオとメッシが復帰するまで我慢我慢。

|

« ES細胞-新手法 | トップページ | 発毛の間隔 »

バルサ(FC Barcelona)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/13650244

この記事へのトラックバック一覧です: バルサ 引き分けもやむなし:

« ES細胞-新手法 | トップページ | 発毛の間隔 »