« 西島三重子の沢田聖子への提供曲 | トップページ | 高橋リナ: Je vis & 裸の水 »

2006年12月22日 (金)

バルサ攻めきれず

Braugrana_18 日本遠征でザンブロッタが負傷、ジオとマルケスが疲労ではずれたうえに、シウビーニョは累積警告でダメ。ということで、オレゲールがはじめて左サイドバックにはいるという非常事態。右はベレッチです。レクレアティーボのサポーターを乗せたバスの事故で4人が亡くなったということで、試合前に黙祷。ちなみにレクレアティーボは弔い合戦で、レアルマドリードを3:0で負かしています。

バルサはホームで2連敗している苦手のアトレチコとの対戦。今日はトップのグジョンセンの動きが重くて、やはり疲労残りでしょうか、不安なスタート。しかしイニエスタ、ロニー、チャビ、モッタあたりは好調のようです。何度か好機をつくりますが、なかなか点ははいりません。しかしフェルナンド・トーレスの突破も許しません。

40分になって、ようやくイニエスタがガジェッティに倒されて、好位置からFK。これをロナウジーニョがサイドネットにあてる見事なゴール。

これで安心かと思ったら、なんと後半開始早々テュラムとプジョルの間を、リュクサンのスルーパスからアグエロに突破されて失点。おまけにテュラムが負傷で、代わりにジュリが出る(CBにはモッタが移動)という非常事態。グジョンセンも疲労でしょうか、エスケーロと交代。アトレチコも後半からミスタを出して攻撃的にきます。

失点後バルセロナは激しく攻撃しますが、アトレチコの必死の守りを後1歩攻めきれず、エンパテ(引き分け)で試合終了。これでしばらくセビージャにトップを許したままクリスマス休暇です。やれやれですね。休みの間に調子をとりもどして、来年正月明けに、また元気溌剌のバルサをみせて欲しいです。

番組の終わりにホワイトクリスマスを流したのは、WOWOWにしては気が利いてました。

|

« 西島三重子の沢田聖子への提供曲 | トップページ | 高橋リナ: Je vis & 裸の水 »

バルサ(FC Barcelona)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/13157746

この記事へのトラックバック一覧です: バルサ攻めきれず:

« 西島三重子の沢田聖子への提供曲 | トップページ | 高橋リナ: Je vis & 裸の水 »