« 鼻の穴の話 その2 | トップページ | バルサ絶好調 »

2006年11月25日 (土)

相馬裕子のアダム

Adam 相馬裕子が昔の曲をアコースティックリメイクして、新録音のベストアルバムを出版しました。タイトルは「アダム」。後に続編の「イブ」も出るようです。演奏は古川昌義さんのギターを中心とした、ちょっぴりアイリッシュ風味のサウンドで、ご本人のプロデュースです。

私がこのアルバムを購入したのは、何といっても大好きな「夕なぎ」が、どういう感じにリメイクされたか聴いてみたかったからです。聴いてみて、オリジナルにはそれなりの良さがあるのですが、アコギ中心のアレンジもなかなか良い雰囲気で、控えめなバックコーラスとか、途中から参加するオーボエもそっと盛り上げてくれていました。ふむふむ これならリメイクの意義もあるなあ と感じました。

「夕なぎ」はこれ以上スローテンポな曲はないだろうというくらい、スローで静かなナンバーです。しかも天国的な美しさ! 散文で内容を紹介すると・・・

長い間アドレスにはさんでいた写真が砂浜に滑り落ちる。
穏やかな晩夏の午後。海辺のバス停。
写真についた砂を払いのけていると、思い出が一気にわき上がってくる。
しばらくしてもバスはやってこない。
海沿いのバス停で、打ち寄せる波の数を数えながら、私はいつまでもあてもなくバスを待っている。

といったシーンがピュアで繊細なボーカルで浮かび上がります。

「夕なぎ」から「愛が教えてくれたもの」までの後半5曲は、実に心地よく聴けました。「風の祭日」については、この新バージョンを聴いていると、昔はずいぶん力ずくで歌っていたんだなあと思いましたね(笑)。「愛が教えてくれたもの」など他の曲も、オリジナルより、もっとじっくりと浸透してくる感じでなかなかのものでした。

彼女のホームページは↓ですが、ちょっとしたパズルみたいなホームページです。昔あったオリジナルイラストのページがなくなったのは残念です。

http://www.hirokosohma.com/

|

« 鼻の穴の話 その2 | トップページ | バルサ絶好調 »

音楽(music)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/12821669

この記事へのトラックバック一覧です: 相馬裕子のアダム:

« 鼻の穴の話 その2 | トップページ | バルサ絶好調 »