« 東京タワー水族館 その1 | トップページ | バルサ久々の快勝 »

2006年11月19日 (日)

東京タワー水族館 その2

東京タワー水族館では、多くの展示魚を購入することができます。普通の熱帯魚はもちろん、たとえばプロトプテルス・エチオピクスのアルビノ(色素のない個体)も100万円という値段がついていました。ある種の肺魚は養殖に成功していて、10万円くらいで売っているものもあります。ただすぐに体長1-2メートルになったりするので注意が必要です。マニアの中には家の床を補強して、巨大な水槽を置いている人もいます。

Photo_41 写真1 まずこれはレピドシレン・パラドクサという、ダーウィンの時代から 魚なのか、両生類なのか、全く別の生物なのか学者が論争にあけくれた種で有名です(写真1)。なぜかおおあくび?。肺魚はかわいい魚ですが、分類学上は肉鰭類(にくきるい)という名前です。

Photo_43 のんびりまったりしているようですが、肺魚はときどき水面に出て肺で呼吸しないと溺れてしまうので、眠るひまもなく結構多忙なのです。息つぎしている写真もお見せしましょう(写真2)。

Photo_44 次にプロトプテルス・エチオピクスのアルビノ(写真3)。長く伸びているのはナマズのヒゲではありません。将来私たちの手足となるものの原型です。結構器用に動かしていました。

Photo_45 最後にネオケラドトゥス・フォルステリ(写真4)。張り紙(左下写真5)のとおり貴重な生物です。館長すごい。慣れてくると、からだをなでると喜んだりするそうです?。

Photo_46 クリックすると拡大できますので、ゆっくり鑑賞していってください。

|

« 東京タワー水族館 その1 | トップページ | バルサ久々の快勝 »

生物学・科学(biology/science)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/12750851

この記事へのトラックバック一覧です: 東京タワー水族館 その2:

« 東京タワー水族館 その1 | トップページ | バルサ久々の快勝 »