« 東京タワー水族館 その2 | トップページ | ブレーメンとの決戦へ »

2006年11月20日 (月)

バルサ久々の快勝

Braugrana_6 去年までソンモッシュというのどかな感じのスタジアムだったのが、立派なオノ・エスタディに衣替えしたマジョルカの本拠地に乗り込んだバルサ。相手のワントップは、バルサからレンタルのマキシ・ロペス。これが良いこととは、私には思えません。私がマキシだったら、遠慮してやっていると見られるのが嫌で、意識的に無理な激しいプレーをやってしまいそうです。

スタンドではリハビリ中のエトオが子連れで観戦。どこかで犬の吠える声が聞こえるというのどかさも残っていますが、チケットが2万円ということもあって、試合はなかなか厳しいものがあります。きょうは左はジオ、右はオレゲール、中央守備はマルケスとプジョル、中盤はイニエスタ・モッタ・デコです。マジョルカに大久保がいないのはちょっと淋しい。

序盤はやはりマジョルカが、右からヤンコビッチのクロスで攻めてきますが、バルデスの攻守もあってなんとか切り抜けます。バルサはグジョンセンとロナウジーニョが中央と左を入れ替わりながらチャンスをうかがいます。マジョルカのヌネスとバジェステロスのセンターバックは、現在までのリーガで最少失点という強力なコンビですが、ついに42分にバルサが打ち破ります。ロナウジーニョのパスをデコが絶妙の壁パスでグジョンセンの前に。グジョンセンはうまくGKをかわし流し込みました。実に息のあったバルサらしいレガントなゴールでした。グディーその調子で頼むよ。

後半13分、一瞬のスキを狙ってイニエスタからグジョンセンにスルーパスが決まって、グジョンセンは流し込むだけというエレガントなゴール。スタンドのエトオもだんだん不安になってくるようなナイスコンビネーションです。しかし18分にプジョルが交代するアクシデント。大丈夫でしょうか(歩いてはいた)?このあとすぐに、マキシに替わって出たビクトルにすれすれの強引な突破で1点とられてしまいました(ファウルだろう!)。

ここでグジョンセンはお役御免で、エスケーロの登場。このあとバレイラがデコを引っかけて2枚目イエローで退場。バルセロナはここでジュりに替わってチャビを投入。この直後ロナウジーニョからイニエスタへの絶妙のパスで、またもや流し込みの脱力シュートでゴール。3:1となり勝負あり。しかし今日はデザートもありで、エレガントなパスをつぎつぎつないで、最後はまたロナウジーニョからエスケーロに絶妙のパスが出てもう1点。バルサらしいゴールの連発で、久々の快勝でした。

|

« 東京タワー水族館 その2 | トップページ | ブレーメンとの決戦へ »

バルサ(FC Barcelona)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/12763598

この記事へのトラックバック一覧です: バルサ久々の快勝:

» グジョンセンの2発などで、バルサ快勝!!首位がっちりキープ [バルセロニスタの言いたい放題日記]
リーガエスパニョーラの第11節、マジョルカ対FCバルセロナの一戦は グジョンセンの2ゴールなどでバルサが1対4で快勝し、 2位セビージャの追撃をかわしバルサが首位の座をキープした。 マジョルカのオノ・スタジアムで行なわれたマジョルカ対FCバルセロナの 一戦は..... [続きを読む]

受信: 2006年11月21日 (火) 00:56

« 東京タワー水族館 その2 | トップページ | ブレーメンとの決戦へ »