« バルサ絶好調 | トップページ | 肺炎とコレステロール »

2006年11月27日 (月)

のだめと都響

Photo_53 「のだめカンタービレ」は結構評判みたいです。Mora をちょっとのぞいたら、「Orchestra de Nodame Live」 が売り上げトップになっていたのでびっくりしました。2枚組¥3,675というちょっと強気な商売だなと思ったのですが、ものともせずという感じですね。R☆Sオーケストラには都響がかなりかんでいることが、パンフに書いてありました(図 クリックで拡大可)。

実は都響は石原都知事に陰湿な攻撃を受けていて、待遇が非常に悪くなっています。都響が日本を代表する素晴らしいオケであることは、上記のCDを一聴すればすぐにわかります。のだめオケもいいのですが、同じ曲を都響がやっているものも収録されていて、都響のよさがよく分かります。世界のどこに出しても自慢できるようなオケの素晴らしさを、都知事やとりまきが全然わかっていないということは、本当に恥ずかしいことだと思います。

都知事は東京文化会館の経営に関与し、すでに予約していたお客に強制的にキャンセルさせるなど横暴な横やりを入れて、当時の三善晃館長が辞任するというような事件も起きています。だいたいケネディ家をめざして、家族で日本の政治を動かそうと考えているような男を都知事に選任する都民の感覚を私は疑います。公務出張に何億使ったなどという話はまだかわいいほうで、信じられないようなお金を、医療や福祉を犠牲にしてオリンピックのためにためこんでいるのです。

|

« バルサ絶好調 | トップページ | 肺炎とコレステロール »

音楽(music)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/12850233

この記事へのトラックバック一覧です: のだめと都響:

« バルサ絶好調 | トップページ | 肺炎とコレステロール »