« 哺乳類型爬虫類 その1 | トップページ | ハワイの日々 その1 »

2006年8月20日 (日)

哺乳類型爬虫類 その2

Photo_5 図に示したように、古生代の石炭紀からペルム紀にかけて繁栄した盤竜類・獣弓類は、典型的な爬虫類とは少し離れたグループのようです。

ペルム紀には地球がしだいに寒冷化してきて、盤竜類はそれにともないペルム紀末の大絶滅を待たずに絶滅し、獣弓類がとってかわったというのがひとつのポイントでしょう。獣弓類の一部はペルム紀末の大絶滅時代すら生き抜いて、哺乳類誕生への道筋を絶やさなかったわけですから、体温調節の確立、横隔膜による呼吸(酸素不足に対応)、体毛形成、胎生など、低温に対応したいろいろな機能を獲得していったものと思われます。

Photo_6 しかしこのような苦心は、中生代のジュラ紀になると、地球が非常に温暖化したため無駄になってしまい、恐竜に天下をとられることになってしまったわけです。

→ デュバル博士によるトリナクソドン(キノドンティアの一種)のイラスト アポクリン汗腺からのフェロモンを木になすりつけているようです。はっきりヒゲが描いてあります。

|

« 哺乳類型爬虫類 その1 | トップページ | ハワイの日々 その1 »

生物学・科学(biology/science)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133582/11515797

この記事へのトラックバック一覧です: 哺乳類型爬虫類 その2:

« 哺乳類型爬虫類 その1 | トップページ | ハワイの日々 その1 »