« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月25日 (日)

コウモリと犬猫

すでに新聞でご覧になったむきも多いかと思いますが、Proc.N.A.S.USA June 27 (2006) に、コウモリはネズミよりも犬猫に近いという論文が発表されて話題となっています。
生物のDNAは私たちのパソコンのハードディスクのように、例えば10年前に書いたメールの下書きのような、古い時代のがらくたのような記録を無数に含んでいます。このような領域は必要なファイル(遺伝子)が占める部分より広大です。

この論文を発表した岡田典弘教授らのグループは、このようなDNAのがらくた領域に含まれるレトロトランスポゾンに注目し、生物進化の解析に利用しました。がらくた領域といっても、まったくでたらめな配列ではなく、一定の規則性を持つ部分があることがわかっています。通常生物はDNA→RNA→タンパク質という流れで、遺伝子の情報をタンパク質という実体に伝えるわけですが、何かの拍子に、生体内に本来ある、または感染したウィルスのRNAの配列が、逆転写酵素の作用によってDNAの配列(すなわちレトロトランスポゾン)として残されることがあります。いったんできた配列は、長い年月のうちに突然変異によって細かい変化がおきますが、識別できる程度の全体の構造は保持されます、

ここで似たような生物が4種類いたとして、ある1種だけがあるレトロトランスポゾンをもっていないとすると、その種はもっとも古いものと予想されます。すなわちある時代にこの生物群にレトロトランスポゾンがはいってきて、残りの3種類はレトロトランスポゾンがはいってから後に分かれたものと考えられます。次に別のレトロトランスポゾンについて調べることにより、残りの3種についても古い順がわかるかもしれません。

このような方法で、いろいろな哺乳類のDNAを調べることにより、今までの形態学的解析結果によらない、新しい系統樹を作ることができます。この結果によると、コウモリは馬や犬・猫と近縁で、次に牛・鯨のグループと近縁、ネズミやウサギとははるかに遠縁だということがわかりました。

私が最も関心をもったのは、センザンコウがコウモリ・犬・猫・馬のグループに含まれるということでした。センザンコウは毛のない哺乳動物で、かわりに体はウロコで被われています。上野動物園の夜の森舎で実物をみることができます。形はアリクイに似ているのですが、上記の解析ではアリクイとは全くの遠縁らしいのです。アリクイもウロコを持っているのですが、毛も結構あります。このあたりをいつの日か自分でも皮膚の標本をつくって、解析してみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 9日 (金)

ヒラリー・ハーンとの出会い

Uccg1161_hilary_hahn 私が初めてヒラリー・ハーンというバイオリニストを知ったのは、あるレコードショップの外盤売り場でした。当時宇宿さんのオーケストラでバーバーの「弦楽のためのアダージョ」を聴いたばかりだったので、バーバーの他の曲も聴きたい気持ちがあって、このバイオリン協奏曲のCDを選んだのです。ただその際にジャケットのとっても地味な、しかしちょっと怖い感じもする(宇宙人のような)不思議な少女に惹かれたことも事実です。

購入してみるとこれが大正解で、演奏も曲も素晴らしいものでした。曲はとてもロマンチックで、秋から冬の絵画館周辺の雰囲気で、自分に死期が近づいたときはこういう曲を聴いていたいなという感じ。演奏はとても繊細だけれども、決して脆弱ではなくどっしりとした落ち着きがあるという、瞠目すべきものでした。当時ヒラリー・ハーンの国内盤は一枚も出版されていなかったので、とんでもない宝物を発掘した気分でした。後で知ったのですが、アメリカでは天才少女として知られていて、メジャーなオーケストラとも数多く共演して、忙しい毎日だったそうです。

で、2006年6月8日のコンサートなんですが、会場は東京オペラシティーコンサートホール。もう26歳ですっかり大人になっていましたが、清楚で控えめなのに、そこはかとなくオーラがたちのぼる感じは、少女時代のジャケットと同じでした。驚いたのは、やたらに楽器を持った人が会場に多いことでした。平日なので、お稽古の帰りに直行した人が多かったのでしょうか。プロの卵達にも受けのいい人なんだと言うことがよく分かりました。

最初のイザイの無伴奏ソナタ第1番ト短調は、私には理解できない音楽なのですが、それでも演奏がすごいことは分かりました。決して技巧をひけらかすことなく、いわば高級車で高速道路を70kmくらいで走っている感じでしょうか。ひとふかしすると、あっという間に200kmくらい出ます。ひとふかしするときは、右足を軽く一歩前に踏み出します。

2曲目のエネスクのソナタ第3番イ短調は、高雅で繊細なジプシー音楽とでもいいましょうか(矛盾するみたいですが、実際には矛盾しない)、非常にわかりやすく楽しい音楽でした。ピアノのイム・ヒョスンとの掛け合いが、特にスリリングで面白かったです。世界中を同じプログラムで二人で演奏して回るということなので、親しい友人だとさぞかし楽しいことだと思います。日本では6回も演奏会をやるようです。もちろん本日も満員でした。

休憩後、ミルシテインのパガニーニアーナ。おなじみのメロディーで親しみやすく、彼女の演奏も自家薬籠中のようです。モーツアルトのソナタ第25番ト長調は、最初の1音から、ふくよかかつ繊細な音にノックアウトされました。ベートーベンのソナタ第3番変ホ長調は若い頃の作品で、曲自体がちょっと物足りなかったかな。

最高だったのは、アンコールの「アルベニスのタンゴ」。言葉ではいいあらわせない素敵なノリで、脳を踊らせくれました。締めはプロコフィエフの「3つのオレンジの恋」からマーチでした。はやくもまた2008年に来日して、シベリウスのコンチェルトをやることが決まっているそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 7日 (水)

メンデル

Mendel_monks 生物学を少しでもかじったことがある者なら、誰でもメンデルが現代生命科学の父であることを知っています。分子生物学の講義をするなら、たいていの講師はメンデルからはじめるか、ワトソン・クリックからはじめるかどちらかでしょう(写真の赤で囲ってあるのがメンデル)。

中沢信午氏の著書 「メンデル散策 遺伝子論の数奇な運命」 (新日本新書) は綿密な取材に基づいてメンデル (1822-1884) の実像を伝えてくれます。もともとメンデルは博覧強記というひとではなく、修道士になってまもなく教員資格試験に落ちて、失意のどん底にたたきおとされたこともあったそうです。しかし、それに同情した修道院長が、彼をウィーン大学に留学させたことがメンデルの才能を開花させました。

メンデルがいたブルノ修道院は14世紀のはじめに設立されましたが、19世紀には宗教だけでなく、文化や学術の中心でもありました。修道院長は農業の指導者でもあったわけです。当然生物学にも造詣は深く、研究のための農園などの設備も、構内にととのえていました。メンデルは決して不遇の研究者ではなく、優れた指導者と学問に関心が深い仲間の修道士、また良い研究環境・設備に恵まれていたのです。ただ彼の実家は裕福だったわけではなくて、学問を続けるために、妹がためていた結婚資金をとりくずして援助してもらったこともあったそうです。

彼の生物学の業績は生前あまり認められませんでしたが、むしろ気象学者としては多くの論文を書いていて、高名な学者としてすでに世に認められていたというのは、私は全く知らなくてびっくりしました。

メンデルの法則も、20世紀初頭の再発見まで、すっかり忘れられていたわけではなく、何名かの研究者はその重要性に気づいていたのだと上記の本は教えてくれます。再発見のどさくさの経緯も興味深く書かれています。

再発見は植物についてなされたもので(したがって追試に毛が生えたようなもの)、動物についてもメンデルの法則が成立することを証明したのは誰だったのか? それが外山亀太郎という日本人であることを知らなかったのは、とても恥ずかしいことで、私の不覚でした(発表は再発見に遅れること6年の1906年)。彼は牛込の自宅でカイコを使って研究していたのですが、カイコのエサである桑の葉がなくて、戸山まで盗みにでかけていたそうです。大変苦しい研究環境だったと察せられます。外山氏はメンデルの法則の再発見以前から研究をすすめていたので、もう少しよい研究設備があれば、コレンス達に先んずることができたのにと後にくやんでいたそうです。

メンデルは晩年に修道院長になりましたが、重い課税に激しく抵抗して、政府から精神病者と批判されるに至ったとは驚きでした。同情で胸が痛みます。いつの世も、研究者は金の問題で七転八倒することに変わりはないということでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »