「渋めのダージリンはいかが」へようこそ

Photo_20200222085301

「渋めのダージリンはいかが」へようこそ

・・・ここがメインルームです・・・

********************************

メインルームの話題

サイエンス・都響(クラシック音楽)・JPOP・猫 etc.

********************************

=アネックスのご案内=

生物学茶話(Science):こちら1

フィクション(Fiction):こちら2

JPOP名曲徒然草(Music):こちら3

生物学茶話PDF版 こちら4  こちら5
(PDF版には、はしがき、ページ付きもくじ、巻末索引がついています)

すべてフリーですので、ごゆっくりどうぞ 

「生物学茶話:@渋めのダージリンはいかが」の紙本は九州大学理系図書館、京都大学理学部図書館、島根大学附属図書館、東京大学理学図書館、東京工業大学大岡山図書館、北海道大学理学部図書室、杏林大学医学部図書館、電子書籍としては国立国会図書館に収蔵されています。

#続・生物学茶話 タイトル一覧とリンク#  こちら

Hair follicle の本は Springer から出版したのでここには中身を掲載できませんが、アマゾンインターナショナルなどで販売しています。

入手が難しいかたは
http://morph.way-nifty.com/grey/2023/08/post-f37c78.html
の最下行に表示している連絡先にメールをしていただければご返事を差し上げます。

Imgaaa_20230907115301

| | | コメント (0)

2024年4月25日 (木)

ヤフオクでPCを落札

Bibi

最近の電子メールは犯罪者の巣窟みたいになっていて、これは自分だけじゃないと思いますが、銀行・クレジットカード会社・電気ガス会社・ネットプロバイダー・製薬会社などを装った「釣り・詐欺メール」が毎日送られてきて、まともなメールを選別するのが大変という事態になっています。腹立たしいことですが、これには警察も無力です。

というわけで前からスタンドアローンのPCが1台欲しいと思っていたのですが、最近ヤフーオークションで写真の富士通PCを¥7,950で落札しました。夢グループの保科さんじゃないけど「安~い」。しかもオフィスつきです。さすがにバッテリーはへたっていてモバイルで使うには交換が必要ですが、当面その予定はなく、背面には傷がありましたが気にしないということで大満足。

早速BiBiという名前をつけて、セットアップ。1回だけウェブにつないで Music Bee というソフトだけダウンロードしました。これが最後の外界との接触で、あとは深窓の令嬢として世間とは隔離して育てる予定です。

Photo_20240425092301

お祝いにたらこスパゲティをつくりましたが(トッピングはかつおぶし・たらこ・香草など、ソースはSB)、BiBiは食べられなくて残念! その代わり音楽はたっぷり収納するからね。

 

| | | コメント (0)

2024年4月21日 (日)

クーシスト-都響 ヴィヴァルディ「四季」@サントリーホール 2023/04/21

Photo_20240421223701

春爛漫で団地の周辺には様々な花が咲き乱れています。さらに今年は3月末にイソヒヨドリが来訪したうえに、今週にはいつもは5月末にやってくるオナガをみかけました。

今日は久しぶりに東京溜池にでかけて都響(クーシスト)の演奏を聴きます。ヴァイオリニストであるクーシストの名前は昔からおなじみでしたが、指揮者として聴くのはCDも含めてはじめてです。腕を故障したときに、指揮できてくれといわれてやったのがはじめということで、こういうのはギラギラとめざしたのではなく、天の声ですからそれなりの良さがあると思います。

今日はP席で、ここは映像で写ってしまいますし指揮者の正面なので、よほど暑い時以外はTシャツではなくジャケットなどを着て着席することにしています。会場は大盛況でほぼ満席です。コンマスはボス矢部、サイドは新コンマスの水谷さん。

マエストロ・クーシストの指揮はとてつもなく自由闊達で都響とのコンビネーションも素晴らしく、今日のヴィヴァルディ「四季」の演奏はイ・ムジチ、シンフォニーオブジエアー、ビオンディ、ミドリー・ザイラーなどについで、歴史に語り継がれるような名演だったと思います。クーシストはヴァイオリンを使って、ソネットを音で語っているのです。都響も変幻自在な「編曲」と演奏にきっちり付き合っていました(古川必死)。

後半のベートーヴェンの第七交響曲はちょっとテンポが速過ぎて、こうやると却って弦楽メロディーの角がとれてしまってつまらなくなるという実験みたいな感じでした(サントリーホールの特性)。「四季」のようにソリストがいれば特に気にはならないのですが。

リハーサルでは指揮者と演奏者の位置が近いので、多分指揮者はこのことに気がつかず修正できないのだと思います。客席の中央で指揮するとすぐわかると思いますが、そんなこと誰もやらないでしょう。これできっちり吹いてる松木さんはすごい。

指揮者アンコールの写真を最後に

Photo_20240421224001

| | | コメント (0)

2024年4月19日 (金)

政府はどうしてこの事態を何とかしようとしないのか???

Bap_cooked_rice_2

円安になって損をするのは国民 得をするのは外国
この事態を招いたのは、すべての国家資産を日本輸出企業と外資・米国企業の便宜に
つぎ込んできた政府の責任でしょう

Youtube をピックアップして、管理人として少しだけコメントしました

[どうあがいても絶望]コメ農家廃業ラッシュの当事者の口コミを20件紹介します
https://www.youtube.com/watch?v=Z_SketeaSP4

[NHKスペシャル] 食料自給率38パーセントの日本 今コメ作りの現場に大きな異変が | シリーズ 食の“防衛線” 第一回 主食コメ・忍び寄る危機
(管理人)日本の農業は高齢者に頼っていることについて、政府がもっともっと危機感を持って対処すべきでしょう
https://www.youtube.com/watch?v=6H214md17zM

現役米農家に聞いてみた!
https://www.youtube.com/watch?v=DtxKKe12Y6c

2050年農家8割減少… 食料生産の危機 乗り切る道はあるか!?
(管理人)問題は米だけではありません 円安を緊急に改善しないとどうしようもありません
日銀はもっと悪者になる覚悟を持て!
https://www.youtube.com/watch?v=QxaK09oTFss

【農家を守れ】殺戮兵器より農業だろ!一次産業を守れ国も終わるぞ!
【国会中継】【紙智子】
https://www.youtube.com/watch?v=ScGwH2_oqEU

================

私が米を買っている大潟村の組合からも値上げの通知がきました。
これは組合にはなんら責任はなく、費用の高騰に対して何ら手を打たない政府が悪いことは明らかです。

水野和夫氏は遙か昔から「閉じてゆく帝国」の話をしていますが、バブルが終わった20世紀末に水野氏の提言を実行していなければいけなかったと思います。もう手遅れかも。小泉内閣の時に日本は本来目指すべき方向の反対に舵を切ってしまいました。

================

「閉じてゆく帝国と逆説の21世紀経済」刊行記念 水野和夫講演会 その1
(管理人)人とモノを閉じる(トランプの政策)前にお金の流れを閉じるべきだというのが水野氏の主張
https://www.youtube.com/watch?v=Z3-lJY3eohc

「閉じてゆく帝国と逆説の21世紀経済」刊行記念 水野和夫講演会 その2
https://www.youtube.com/watch?v=PYv1488dh4M

「閉じてゆく帝国と逆説の21世紀経済」刊行記念 水野和夫講演会 その3
https://www.youtube.com/watch?v=oogBq2EIkYY

水野和夫×兪炳匡 資本主義の終焉~働く99%豊かな生活のために【どん底ニッポンを立て直す 特別編】20211224
https://www.youtube.com/watch?v=I-Yxa9ERbrg

【斎藤幸平 × 井上智洋】資本主義はもう限界?「脱成長」の是非を問う
管理人:資本主義の問題点を解消するには・・・七転八倒してもできるのか不安になります
しかしマルクスも資本主義是か非かの論点の中心が「二酸化炭素」になるとは夢にも思っていなかったでしょう
https://www.youtube.com/watch?v=R6ArWsA2T1k

斎藤幸平「コスタリカは理想の国」 QOLと環境負荷のバランスが保たれた国家の形とは?
管理人:北欧モデルがダメというのは衝撃的でした それにしてもコスタリカの話が尻切れトンボになってしまったのは残念
https://www.youtube.com/watch?v=_Y54COKj37A

斎藤幸平の意見 「コモンの「自治」論」
【経済思想家・斎藤幸平が語る資本主義の先とは?】
https://www.youtube.com/watch?v=chcI23TYqM4

(画像はウィキペディアより)

 

| | | コメント (0)

2024年4月17日 (水)

World music collection 13: Ohno Aika

Ohno-aika

Since 1990 or so, japanese popular music scene has been filled with singer song writers, and the space for composers and lyricist became scarce. Under such situation Ohno Aika survived as a music composer for a long time. Her published all works are listed at the following site:

The list of songs provided by Ohno Aika

大野愛果は今では数少ない作曲家として、上のリンクのように多くの歌手に作品を提供していますが、最大の業績は倉木麻衣を世に出したことでしょう。ザードへの提供曲も心に残るものでした。

Ohno Aika demonstrates her natural gift as a composer and a melody maker. Undoubtedly she is genius. Kuraki Mai became famous as a star singer by the support of Ohno Aika. Aika provided many famous songs also to ZARD and other singers. Her works are sensitive and moving.

-------------

In my personal opinion, Aika is not a goog vocalist, because her pronuciation is unclear.

But I start to introduce the songs by her self cover.

明日もし君が壊れても (Ohno Aika)
(Wands への提供曲 provided to Wands)
Aika sings by herself (self cover)
https://www.youtube.com/watch?v=hrXBwFSbJIo&list=PL9jUMqw7DokJJ-EgGbdvN2PQjC4KMRy1t

Shadows of Dreams (Ohno Aika)
(sweet velvet への提供曲 provided to sweet velvet)
Aika sings by herself (self cover)
https://www.youtube.com/watch?v=0ovHZTIAgCM

This is your life (Ohno Aika)
Aika sings by herself
https://www.youtube.com/watch?v=pX868X_5KVk

-------------

君の涙にこんなに恋してる 大野愛果作曲 AIの歌 (AI sings)
(なついろ への提供曲 provided to natsuiro)
https://www.youtube.com/watch?v=mmJq-rBd4v0

Beautiful 大野愛果作曲 natsuiro sings
(なついろ への提供曲 provided to natsuiro)
https://www.youtube.com/watch?v=ldlSKN0308w

-------------

[LIVE] 愛内里菜 & 宇徳敬子 & 大野愛果 - Forever You ~永遠に君と~
(愛内里菜 への提供曲 provided to Aiuchi Rina)
Rina, Keiko, and Aika sing  (movie)
https://www.youtube.com/watch?v=i-jEGwSwsxU

倉木麻衣×大野愛果 Tonight, I feel close to you 
デュエット ライブ Duet with Kuraki Mai  (movie)
(倉木麻衣 への提供曲 provided to Kuraki Mai)
https://www.youtube.com/watch?v=bnYrCeOKb8k

-------------

Reach for the sky 大野愛果作曲 Kuraki Mai
Aika sings by herself (self cover)
https://www.youtube.com/watch?v=p3iFwAK5bXc

-------------

Secret Of My Heart, Romaji + Kanji + English Lyric Translation
大野愛果作曲 Ohno Aika
(倉木麻衣 への提供曲 provided to Kuraki Mai)
https://www.youtube.com/watch?v=UP2e2_VGwew

Stay by my side 作曲 大野愛果
(provided to Kuraki Mai)
https://www.youtube.com/watch?v=zBAa0wfr03g

Love, Day After Tomorrow 作曲 大野愛果 Kuraki Mai sings
(provided to Kuraki Mai)
https://www.youtube.com/watch?v=Ctt0vHi7Oho

Time after time ~花舞う街で~ 作曲 大野愛果 Kuraki Mai sings
(provided to Kuraki Mai)
https://www.youtube.com/watch?v=u-mFtAtWytU

-------------

竹井詩織里&大野愛果 世界止めて~君を知らない街へ~つながり 
デュエット ライブ   Duet: Siori and Aika
(竹井詩織里 への提供曲  provided to Takei Shiori)
https://www.youtube.com/watch?v=LpIP5zGkNX8&t=114s

爱内里菜 & 三枝夕夏 - 七つの海を渡る風のように
(三枝夕夏 IN db & 愛内里菜 への提供曲)
provided to Saegusa U-ka and Aiuchi Rina)
Duet by Saegusa U-ka and Aiuchi Rina
https://www.youtube.com/watch?v=8J0gVMrQWBg

笑顔でいようよ / 大野愛果
(三枝夕夏 IN db への提供曲  provided to Saegusa U-ka)
https://www.youtube.com/watch?v=3pRpZXgV9NE

==============

Hero/ZARD  作曲 大野愛果 
(provided to ZARD)
This is one of my most favorite songs.
https://www.youtube.com/watch?v=8esQgzFfjSQ
https://www.youtube.com/watch?v=NJYCyMa1cTc

+ English caption
https://www.youtube.com/watch?v=O7wC8ZLoirE

English translation (script)
https://lyricstranslate.com/en/hero-hero.html-28

cover by ayumi
https://www.youtube.com/watch?v=RuW3uPrYrsI

cover by sena
https://www.youtube.com/watch?v=YVfrWazxQRs

cover by T.Y.Kim including Korean translation
https://www.youtube.com/watch?v=ZFQwAARIETU

==============

夏を待つセイル(帆)のように / ZARD  作曲:大野愛果
https://www.youtube.com/watch?v=dDxein4GxQQ

This song by ZARD has been supported and covered by many young singers and musicians even after the accidental death of Sakai Izumi (ZARD) at 2007.

English translation
https://lyricstranslate.com/ja/xia-wodai-tuseirufan-noyouni-natsu-o-matsu-seiru-ho-no.html-0

中文
https://vip2600.pixnet.net/blog/post/11791900

cover 宮崎奈穂子 Miyazaki Naoko
https://www.youtube.com/watch?v=pOBdekTWKHA

cover Mayuna
https://www.youtube.com/watch?v=kv9aYU3KqXU

cover MiO
https://www.youtube.com/watch?v=4QaChvZwWf0

cover Nostalgie Flower
https://www.youtube.com/watch?v=r8ehExfbThE

cover SARD UNDERGROUND
https://www.youtube.com/watch?v=0e9wbw3Z0NM

cover TARU INO
https://www.youtube.com/watch?v=2k-SmX2djFQ

coner IZUMIRT
https://www.youtube.com/watch?v=Vg2vKLTOJQo

Piano
https://www.youtube.com/watch?v=xkzD8_Hw3NU

with Orchestra
https://www.youtube.com/watch?v=p8sge2UY86Y

-------------

 

| | | コメント (0)

2024年4月14日 (日)

続・生物学茶話 タイトル一覧とリンク

Human_brain

101:脳神経科学の源流 こちら101
102:ニューロンという細胞 こちら102
103:動物分類表 こちら103
104:プラナリア こちら104
105:脳のはじまり1 こちら105
106:脳のはじまり2 こちら106
107:脳のはじまり3 こちら107
108:脳のサイズ こちら108
109:キノコ体 こちら109
110:匂いを嗅ぐことの源流・・・大腸菌の場合 こちら110
111:クオラムセンシング こちら111
112:光を感じるタンパク質 こちら112
113:単細胞真核生物の眼点 こちら113
114:真核生物型ロドプシン こちら114
115:眼の進化 こちら115
116:Pax 6 の構造と機能 こちら116
117:水晶体とクリスタリン こちら117
118:体節形成の起源をめぐって こちら118
119:ショウジョウバエの体節形成 こちら119
120:体節形成のメカニズム こちら120
121:NGF (Nerve growth factor)  こちら121
122:ニューロトロフィンファミリーとその受容体 こちら122
123:軸索誘導 こちら123
124:ウルバイラテリアをめぐって こちら124
125:背と腹 よみがえったジョフロワの亡霊 こちら125
126:電池の起源 こちら126
127:活動電位 こちら127
128:パッチクランプ法 こちら128
129:ミエリン鞘(髄鞘)こちら129
130:クシクラゲ(有櫛動物)の衝撃 こちら130
131:ギャップ結合が召喚したゴルジの亡霊 こちら131
132:化学シナプスの実在とカルシウムチャネル こちら132
133:毒矢とアセチルコリン こちら133
134:高親和性コリントランスポーター こちら134
135:アセチルコリンによる情報伝達 こちら135
136:副腎とアドレナリンの物語 こちら136
137:アドレナリンとノルアドレナリン こちら137
138:GPCRの進化 こちら138
139:パーキンソン病とドーパミン こちら139
140:ドーパミン受容体 こちら140
141:ドーパミンの普遍性とその役割 こちら141
142:アメフラシとセロトニン こちら142
143:セロトニン受容体 こちら143
144:モノアミントランスポーター こちら144
145:小胞神経伝達物質トランスポーター こちら145
146:神経伝達物質としてのヒスタミン こちら146
147:GABA その1 こちら147
148:GABA その2 GABAA受容体 こちら148
149:GABA その3 GABAB受容体 こちら149
150:グリシン その1 神経伝達物質としてのグリシン こちら150
151:グリシン その2 グリシン受容体のルーツ こちら151
152:グルタミン酸 その1 イオンチャネル型グルタミン酸受容体 こちら152
153:グルタミン酸 その2 代謝型グルタミン酸受容体 こちら153
154:グルタミン酸 その3 グルタミン酸トランスポーター こちら154
155:遺伝子・アミノ酸配列から見た神経伝達物質の進化 こちら155
156:ニューロフィラメント その1 こちら156
157:ニューロフィラメント その2 こちら157
158:脳波 こちら158
159:電気魚 こちら159
160:グリア細胞 その1 研究史・起源と進化 こちら160
161:グリア細胞 その2 種類 こちら161
162:半索動物における神経誘導 こちら162
163:ヘッジホッグ こちら163
164:脊索(ノトコード) こちら164
165:脊索の起源をめぐって こちら165
166:神経堤 こちら166
167:C.エレガンスの神経細胞 こちら167
168:Cre/loxP システム こちら168
169:GFPの発見からコンフェティマウスへ こちら169
170:ナメクジウオ こちら170
171:ヌタウナギ こちら171
172:ハイコウエラ こちら172
173:神経堤の進化 こちら173
174:皮膚と神経板の境界領域 こちら174
175:神経堤のデラミネーション こちら175
176:Prdmファミリー こちら176
177:神経幹細胞の源流 こちら177
178:ラウバーの鎌 こちら178
179:頭と胴尾、脳と脊髄 こちら179
180:ポロネーズから原条形成へ こちら180
181:神経系細胞と中胚葉系細胞に分化できる幹細胞 こちら181
182:3胚葉説の崩壊 こちら182
183:脊索の出自と役割り こちら183
184:頭索動物の脊索 こちら184
185:頭索動物の光受容 その1 こちら185
186:ナメクジウオの4種の眼 こちら186
187:ナメクジウオ脳の部域化 こちら187
188:グリシントランスポーターの進化 こちら188
189:オピストコンタの系統図更新 こちら189
190:電位依存性ナトリウムチャネル こちら190
191:電位依存性カルシウムチャネル こちら191
192:カリウムチャネル こちら192
193:脳の老廃物廃棄システム こちら193
194:円口類 こちら194
195:円口類の源流 こちら195
196:円口類の視覚 こちら196
197:円口類の嗅覚 こちら197
198:エディアカラ紀のトピック こちら198
199:神経堤と頭部プラコード こちら199
200:意識の起源 こちら200
201:意識があるということを示す基本的な要素 こちら201
202:脳の起源をめぐって こちら202
203:刺胞動物のヒストリー こちら203
204:脳の部域化 こちら204
205:脳神経の基本構成 こちら205
206:HOX遺伝子一覧 こちら206
207:われら魚族 こちら207
208:脊椎動物の脳を比較する こちら208
209:栄養と呼吸のために こちら209
210:脳神経整理 こちら210
211:脳神経の入出力 こちら211
212:ロンボメア こちら212
213:小脳とは こちら213
214: 弱電魚の小脳 こちら214
215:肺魚と両生類の脳 こちら215
216:記憶1 長期増強と長期抑制 こちら216
217:記憶2 HMとアメフラシ こちら217
218:記憶3 馴化の解消 こちら218
219:fMRI こちら219
220:多光子顕微鏡 こちら220
221:シナプスの除去とニューロンの刈り込み1 こちら221
222:シナプスの除去とニューロンの刈り込み2 無脊椎動物の場合 こちら222
223:視交叉 こちら223
224:ゲノムインプリンティング こちら224
225:アンジェルマン症候群 こちら225
226:興奮と抑制 こちら226
227:チャネルロドプシン こちら227
228:光遺伝子治療に向かって こちら228
229:ヘリオロドプシン こちら229
230:睡眠-刺胞動物の場合 こちら230
231:レム睡眠とノンレム睡眠 こちら231
232:2相性睡眠の起源 こちら232
233:備忘用 ヒト脳図譜 こちら233
234:大脳皮質 最初の一歩 こちら234
235:大脳皮質の形成 こちら235

画像 wikimedia commons

 

| | | コメント (0)

2024年4月11日 (木)

レム睡眠 サラとミーナの場合

サラは10才くらいまでは毎日うちの隅々まで点検してまわって、少しでも異変があると匂いを嗅いだりぐるぐる回ったりして確認し脳に格納してある地図を更新していました。ですからレム睡眠はきちんとやっていたと思います。一方ミーナはテリトリーや地図などには全く関心がなく、目の前の出来事に対処するだけという生き方だったので、多分レム睡眠の時間は少なかったと思います。

そもそも実験するときはケージの中に実験動物を閉じ込め、理想的な睡眠環境を整えてデータをとっているに違いないので、そのような変化の少ない環境ではレム睡眠の時間が短くなるのではないかと危惧します。それに個体差もかなりあるのではないかと思います。

Img_0304a

サラはきっときっちりレム睡眠を行って、脳の情報更新に努めていたと思います。

Img_0922a

ミーナは日々更新すべき情報は特にないので、ノンレム睡眠だけでも生きていけるのではないでしょうか(多分)。

Img_1119a

こんなに上から圧力をかけられると、サラのレム睡眠もままならないでしょう。

 

| | | コメント (0)

2024年4月 9日 (火)

続・生物学茶話235: 大脳皮質の形成

大脳皮質は外界から得られた情報の処理、判断、判断に基づく行動、記憶の倉庫、など私たちが生存するためだけでなく、自分が自分であるというアイデンティティーを保有するために必要なシステムを内蔵するパーツで、特に脊椎動物の進化と共に発達してきました(1)。まずそれがどのように発生分化するのかをみていきましょう。

哺乳類の大脳皮質は放射状グリア細胞という奇妙な細胞を起源として形成されます。放射状グリア細胞は脳の最深部から外縁まで細長く伸びた特殊な形状をとる細胞ですが、そのような特殊に分化した細胞であるにもかかわらず、非対称分裂を行ってニューロンやグリア細胞を生み出す神経幹細胞のひとつです(2、図235-1)。ニューロンは中間型増殖細胞を経由するものと、放射状グリア細胞の非対称分裂から直接分化するものがあります(図235-1)。脳の神経幹細胞については意外にも多くのことが不明なまま残されており、それがどのような径路を経て神経細胞やグリア細胞に分化するかについては諸説あるようですが(3)、放射状グリア細胞については上記のような理解でよしとしておきます。

後にも述べますが、放射状グリア細胞の基底膜側突起は神経細胞が脳室周辺から外縁方向(軟膜方向)へ移動する際に、登山者にとってのロープのような役割を果たしています。

2351a

図235-1 放射状グリア細胞とそこから生まれる大脳皮質の細胞 文献2の図をもとに作成

次に大脳皮質の組織が形成されてくるプロセスの概要を図235-2に示します。脳室周辺部で生まれた神経細胞は、外に押し出され原始網状層(プレプレート)を形成します。ここまではいいのですが、この後大脳皮質では不思議なことが起こります。通常幹細胞から生まれた細胞は、先にできた古い細胞が外に押し出され、幹細胞→新しい細胞→古い細胞の順に並びます。典型的なのは皮膚の細胞で、表層に近いほど古い細胞で最後は垢になって廃棄されます。

しかし大脳皮質では深部から表層に向かって、幹細胞→古い細胞→新しい細胞という順で並んでいて、このような構造は細胞の特殊な動き(ロコモーション)がないと説明できません。これをサポートしているメカニズムのひとつが放射状グリア細胞の基底膜側突起で、新しくできたニューロンはこの突起を伝って古い細胞を追い越し、外側に移動します(ロコモーション、4、図235-1、図235-2)。

古い細胞を追い越すニューロンのメカニズムは、この他にも細胞体トランスロケーションや多極性移動などが知られています(5)。大脳皮質が層構造になっていない爬虫類では、ロコモーション型のニューロンの移動が観察されないので、層構造の形成にはロコモーションが重要であることが示唆されています(6)。ただし鳥類では下層・上層という層構造は存在し、下層は下部の神経前駆細胞から、上層は上部の神経前駆細胞から生み出されるとされています(7、8)。パリウム・大脳皮質の進化についてはいずれ記事をあらためて議論したいと思います。

2352a

図235-2 大脳皮質の形成プロセス 文献4の図をもとに作成

図235-2は大脳皮質の形成初期には原始網状層という均一な細胞集団だった部分が、発生が進むにつれて最終的に成体におけるI-Ⅵの6層に分化していく様子を示しています。このような組織形成には辺縁帯まで伸びている放射状グリア細胞の基底膜側突起(放射状突起)を利用したニューロンのロコモーションが大きな役割をはたしています。ロコモーションが実行されるとき、ニューロンが外側に移動する過程で先導突起に膨らみ(dilation)が形成され、核が細胞体からその膨らみに移動し、さらに細胞体の細胞質を膨らみに収容することによって移動が実行されることがわかっています(9、10、図235-3)。

2353a

図235-3 Dilation(膨らみ)によつ細胞核の移動とそれを利用したニューロンの移動。文献10の図を参考にして適当に作成(写生したものではありません)

どのような因子がこの膨らみを使った細胞移動に関わっているかということも研究されていて、図235-3に示しています(10-12)。この図を見て私は個人的に思い出したことがあって(昔私たちが発表した研究結果)、それは赤血球の脱核プロセスです。哺乳類の赤血球には核がなく、その成熟過程で細胞は膨らみをつくり、そのなかに核を押し込むような形をつくったあと細胞質分裂を行って核を放出するのですが(13、図235-4)、ここで最後の細胞質分裂をやめ、核の方に細胞質をとりこめば図235-3と同じような結果になります。メカニズムの一部になんらかの共通点があるかもしれません。

2354a

図235-4 ハムスター赤血球脱核のプロセス 核は青、免疫染色のミオシンが茶色です。核は細胞膜に何らかの機構で引き寄せられ、おそらくアクトミオシンのパワーと接着因子によって細胞膜に包み込まれた後、細胞から放出されます。核が細胞の片側に引き寄せられることと、球形の形状からくびれが入った形に変形することはロコモーションのプロセスに似ています。文献13からの引用。

放射状突起を利用したニューロンの移動が阻害されると滑脳症(てんかんや精神遅滞を伴う脳奇形)や統合失調症など、多くの脳疾患が引き起こされると考えられています(14、15)。ニューロンはN-カドヘリンを使って放射状グリア細胞と結合し、放射状突起にからみつくようにして外側に移動していきます(14、図235-5)。図235-5ではニューロンは緑色、放射状グリア細胞は赤色に染色されています。

2355a

図235-5 ニューロンと放射状突起の結合 図は文献14より

ニューロンが移動する際には下部のN-カドヘリンを細胞内にとりこみ、上部にそのN-カドヘリンを移転して結合するというプロセスを繰り返して移動します(14、15)。

2356a

図235-6 ニューロンが「足」を前へ踏み出す仕組み 文献14より

どうして哺乳類だけがニューロンのロコモーションを発達させたのでしょうか? それは脳のサイズが大きいので効率的な移動様式が必要だったからとは言えないと思います。ティラノサウルスは500グラム程度の脳をもっていたと考えられています(16)。ただティラノサウルスの脳がどのような構造であったかはわからないので断言はできませんが。

おそらく恐竜全盛期には多くの哺乳類が夜行性であったことと関係があると思います。続・生物学茶話234でラットのヒゲの話をしましたが(17)、触角によって触った物の形状や質を認識するためには高度な情報処理が必要で、そのために精密な脳の構造が必須だったと思われます。夜に行動するにはヒゲだけでなく手足や体全体の触覚と運動神経の精密な連携も必要だったでしょう。街灯のない山道を夜歩いてみれば、どれだけ神経を鋭敏に研ぎ澄まさなければならないかわかるでしょう。

ほとんどの恐竜が絶滅したあと残った鳥類は脳のサイズに強い制約があることもあって、哺乳類とは別の方式で脳の構造進化を進めたのでしょう。

参照

1)穐吉(あきよし)亮平、加我君孝  
脊椎動物の大脳・脳幹の組織学標本からヒトの脳の起源を探る
Otol Jpn vol.32 (1) : pp.39–46, (2022)
https://www.jstage.jst.go.jp/article/otoljpn/32/1/32_39/_pdf/-char/ja

2)ウィキペディア:放射状グリア細胞
https://bsd.neuroinf.jp/wiki/%E6%94%BE%E5%B0%84%E7%8A%B6%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%82%A2%E7%B4%B0%E8%83%9E

3)ウィキペディア:神経幹細胞
https://bsd.neuroinf.jp/wiki/%E7%A5%9E%E7%B5%8C%E5%B9%B9%E7%B4%B0%E8%83%9E

4)脳科学辞典:皮質版
https://bsd.neuroinf.jp/wiki/%E7%9A%AE%E8%B3%AA%E6%9D%BF

5)脳科学辞典:神経細胞移動
https://bsd.neuroinf.jp/wiki/%E7%A5%9E%E7%B5%8C%E7%B4%B0%E8%83%9E%E7%A7%BB%E5%8B%95

6)Tadashi Nomura, Chiaki Ohtaka-Maruyama, Hiroshi Kiyonari, Hitoshi Gotoh, Katsuhiko Ono,
Changes in Wnt-Dependent Neuronal Morphology Underlie the Anatomical Diversification of Neocortical Homologs in Amniote., Cell Reports 31, 107592 (2020)
DOI:https://doi.org/10.1016/j.celrep.2020.107592
https://www.cell.com/cell-reports/fulltext/S2211-1247(20)30541-6?_returnURL=https%3A%2F%2Flinkinghub.elsevier.com%2Fretrieve%2Fpii%2FS2211124720305416%3Fshowall%3Dtrue

7)Ikuo K. Suzuki, Takahiko Kawasaki, Takashi Gojobori, Tatsumi Hirata, The temporal sequence of the mammalian neocortical neurogenetic program drives mediolateral pattern in the chick pallium., Developmental Cell, vol.22, pp.863-870 (2012)
DOI 10.1016/j.devcel.2012.01.004
https://www.cell.com/developmental-cell/pdf/S1534-5807(12)00038-X.pdf

8)鈴木郁夫・平田たつみ 大脳新皮質における神経新生プログラムの哺乳類と鳥類との進化的な保存性 ライフサイエンス新着論文レビュー
DOI: 10.7875/first.author.2012.052
https://first.lifesciencedb.jp/archives/4739

9)Rakic, P., Mode of cell migration to the superficial layers of fetal monkey neocortex. The Journal of comparative neurology, 145(1), 61-83. (1972)

10)西村嘉晃、川内健史 薬理学的アプローチによる大脳皮質形成における神経細胞移動の分子機構の解明 日薬理誌(Folia Pharmacol. Jpn.)vol.153,pp.167~171(2019)
https://www.jstage.jst.go.jp/article/fpj/153/4/153_167/_pdf/-char/ja

11)Shohei Okuda, Mariko Sato, Saho Kato, Shun Nagashima, Ryoko Inatome, Shigeru Yanagi, and Toshifumi Fukuda, Oscillation of Cdc20–APC/C–mediated CAMDI stability is critical for cortical neuron migration ., J. Biol. Chem. , vol.297(2) 100986 (2021)
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC8353494/pdf/main.pdf

12)Yang, T., Sun, Y., Zhang, F., Zhu, Y., Shi, L., Li, H., and Xu, Z., POSH localizes activated Rac1 to control the formation of cytoplasmic dilation ofthe leading process and neuronal migration. Cell Rep. 2, 640–651 (2012)
https://www.cell.com/cell-reports/pdf/S2211-1247(12)00232-X.pdf

13)Hiromi Takano-Ohmuro, Masahiro Mukaida, Kiyokazu Morioka, Distribution of actin, myosin, and spectrin during enucleation in erythroid cells of hamster embryo., Cell motility and the cytoskeleton (Cytoskeleton), vol.34, issue 2, pp.95-107 (1996)
https://doi.org/10.1002/(SICI)1097-0169(1996)34:2<95::AID-CM2>3.0.CO;2-H
https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1002/(SICI)1097-0169(1996)34:2%3C95::AID-CM2%3E3.0.CO;2-H

14)川内健史 JST・慶應義塾大学プレスリリース 大脳皮質が作られる際に神経細胞が正しい位置まで動く仕組みを解明-脳疾患の原因究明と治療法の開発に前進-
https://www.jst.go.jp/pr/announce/20100826/index.html

15)Takeshi Kawauchi, Katsutoshi Sekine, Mima Shikanai, Kaori Chihama, Kenji Tomita, Ken-ichiro Kubo, Kazunori Nakajima, Yo-ichi Nabeshima, and Mikio Hoshino., Rab GTPases-Dependent Endocytic Pathways Regulate Neuronal Migration and Maturation through N-Cadherin Trafficking., Neuron vol.67, pp.588–602, (2010)
DOI:https://doi.org/10.1016/j.neuron.2010.07.007
https://www.cell.com/action/showPdf?pii=S0896-6273%2810%2900545-3

16)化石セブン 恐竜の脳の大きさ 彼らは何を考えていたのか
https://www.kaseki7.com/z_column/dinosaur_brain_size.html

17)続・生物学茶話234: 大脳皮質 最初の一歩
http://morph.way-nifty.com/grey/2024/03/post-a5a881.html

 

 

| | | コメント (0)

2024年4月 7日 (日)

わが街 北総の桜 - cherry blossom in my hometown

今年も桜が咲きました。いま8分咲きくらいでしょうか。3月30日、31日と急激に暖かくなり、寒い春でのんびりしていた桜もびっくりして咲き始めた感じです。

Cb1

Cb2

Cb3

今年の冬は墓仕舞いとか手術とかで多忙でした。ようやく春が来てのんびりしています。

とは言っても夏の準備も必要です。間一髪間に合ったチケ取り。

これ↓ 高関-シティフィルのカルミナ・ブラーナ💥

Karumina

 

| | | コメント (0)

2024年4月 6日 (土)

ユロフスキ・バイエルン国立歌劇場管弦楽団のマーラー

Jahreskonzert_der_freunde_des_nationalth

バイエルン国立歌劇場管弦楽団の設立は16世紀前半、日本で言えば室町時代にあたります。19世紀にはハンス・フォン・ビューローやリヒャルト・シュトラウス、20世紀にはブルーノ・ワルター、ハンス・クナッパーツブッシュ、ゲオルク・ショルティ、ヨーゼフ・フリッチャイ、カルロス・クライバー、日本でもよく知られているカイルベルトやサヴァリッシュなどが指揮していました。そして2021年からはベルリンフィルに転出したキリル・ペトレンコの後任として、ウラディミール・ユロフスキ-が音楽監督を務めています。ロシアと戦争状態にありながら、国家を代表する2つのオーケストラの指揮者がどちらもロシア人というのはドイツの度量です。

1280pxvladimir_jurowski

ユロフスキーはこれ以上やるとフォルムが崩壊するというくらいロマンティックな音楽造りをすることがあり、このマーラー交響曲第4番もそんな演奏です。私はマーラーの音楽の中でもこの交響曲第4番は好きで、例えば第3楽章は有名な交響曲第5番のアダージェットより緻密な構成かつロマンチックなアダージョで、素晴らしい音楽だと思います。とりわけオーボエのソロには心を打たれます(34分38秒あたりからなど)。文学的趣旨としては「旨い食事と楽しい音楽があればそれは天国」という交響曲です。

この動画では 第Ⅲ楽章 Ruhevoll 静かに (poco adagio) - は、30分11秒より開始。もちろん他の楽章もソリスト Louise Alder の歌唱も含めて素晴らしい演奏です。

https://www.youtube.com/watch?v=5WEfgc5D1jg

その他 リヒャルト・ワーグナー トリスタンとイゾルデ前奏曲 などもアップされています。

https://www.youtube.com/watch?v=kybyEjEF0wY

私が持っているのはこのCD↓。こっちはホルストらしく端正かつ壮麗な演奏です。作曲家によってきちんと振り分けて、それぞれわざとらしさが感じられないというのが指揮者の技量だと思います。

Planet

余談ですが、写真を見るとバイエルン国立歌劇場は1F席が15列くらいしかありません。オーケストラピットが幅をとっているので、人の生声を届けるにはこのくらいのサイズが適切だと思います。初台の国立劇場は22列で広すぎる感じです。どうせ来るのは富民だし、それでも公費は投入せざるを得ないのですから、配信を1000円くらいでやって国民に還元すれば良いと思います。

歌劇場の写真はウィキペディアより
指揮者の写真は Alexander Nikiforov 氏の投稿(wikimedia commons)

 

 

| | | コメント (0)

2024年4月 3日 (水)

World music collection 12: Lucy Thomas

Lucy_20240403083401

ローティーンの頃からバラードを歌い続けて、ルーシーはいまや米国を代表するバラードシンガーになりました。日本版のアマゾンでも数多くのCDが発売されています。決して鋭くエッジを立てないで、柔らかくじわじわと盛り上げていく歌唱です。

米国でバラードを聴く人々は、信仰心を持って毎週教会に通っているような保守派が中心のような気がします。ですからシンガーも多くがスピリチュアルな曲を歌っています。ルーシーもそのような傾向はありますが、なかでは幅広く曲をとりあげている方でしょう。とはいえ前回とりあげたロシアのアナスタシア・グレボヴァみたいにセクシーを売りにするのは御法度。

---------------

All by myself - Eric Carmen - Celine Dion - Cover by Lucy Thomas

https://www.youtube.com/watch?v=4Y1ThLEezys

エリック・カルメンは今年の3月に亡くなりました。ご冥福をお祈りします。彼は若い頃はラズベリーズというバンドを結成して活躍していたそうです。今、彼がボーカルを担当していたラズベリーズを聴いてみると、桑田佳祐が影響を受けたというのがなんとなくわかります。

https://www.youtube.com/watch?v=7wT_NpsYdes

---------------

The Way We Were - Barbra Streisand - Covered by Lucy Thomas

https://www.youtube.com/watch?v=fduZDYKFl04

この曲を作曲したマーヴィン・ハムリッシュは エミー賞、グラミー賞、オスカー、トニー賞、ピューリツァ賞を受賞した米国音楽史上最高の有名人だそうです。

---------------

You Raise Me Up - Celtic Woman
covered by a sister duet - Lucy & Martha Thomas

https://www.youtube.com/watch?v=dU00EuczOiA
https://www.youtube.com/watch?v=QdRd_nJvl88

バラードシンガーの実力が試される定番名曲をあえて妹のマーサと共に歌う。

---------------

The Climb - Miley Cyrus
covered by Lucy & Martha Thomas

https://www.youtube.com/watch?v=482nqeAl6eU

姉妹が大人になってからのデュエット

---------------

Over The Rainbow - Eva Cassidy - Cover by Lucy Thomas
James Frankland がギターでサポート

https://www.youtube.com/watch?v=n1JvDqck4sM

---------------

A Whiter Shade Of Pale - Procol Harum
Covered by Lucy Thomas

ユーミンはこの曲に霊感をうけて歌手になろうと決意したそうですが
歌詞は難解で どう解釈したらいいのかいまでも謎です
バレエとともに

https://www.youtube.com/watch?v=02a0l2UhsXQ
https://www.youtube.com/watch?v=_9JPLvL4Xgw

---------------

Bridge Over Troubled Water - Simon & Garfunkel
Covered by Lucy Thomas
邦題:明日に架ける橋 で日本でも大ヒットしました。

https://www.youtube.com/watch?v=dWO1HbkBUR8

歌詞について

https://lyriclist.mrshll129.com/simonandgarfunkel-bridge-over-troubled-water/

---------------

Memory - Cats Musical - Andrew Lloyd Webber

https://www.youtube.com/watch?v=4v-cJX17xy4
https://www.youtube.com/watch?v=PgGRvcyAik8

前回グレボヴァの回でもとりあげた名曲。あのセクシーなグレボヴァもかしこまって歌っていました。
http://morph.way-nifty.com/grey/2024/03/post-9c5e91.html

---------------

Footprints in the Sand - Leona Lewis - Cover by Lucy Thomas

https://www.youtube.com/watch?v=-kFoiYfrq0M

---------------

La Vie En Rose - Edith Piaf cover by Lucy Thomas
珍しくシャンソン

https://www.youtube.com/watch?v=-yI3bOKIZKk

---------------

What A Wonderful World  - Louis Armstrong
Covered by a sister Duet - Lucy & Martha Thomas

https://www.youtube.com/watch?v=gHenRzcnBOQ

---------------

Smile - Nat King Cole
チャーリー・チャップリンが作曲した曲
母娘3人で歌う

https://www.youtube.com/watch?v=kNDP2-q9NsY

---------------

Lucy Thomas in Concert - "Somewhere" (There's a Place For Us) - West Side Story

https://www.youtube.com/watch?v=JnnDuQLjdlY

---------------

 

 

 

| | | コメント (0)

2024年4月 1日 (月)

イソヒヨドリ - 捕逸

イソヒヨドリの英語を調べたら2つ出てきました。
1)Yellow-bellied Bulbul
2)Blue Rock Thrush

Bulbul はヒヨドリ、Thrush はツグミなのですが、実はスズメ目ヒタキ科だそうです。
学名は Monticola solitarius Linnaeus, 1758
solitarius という学名は多分 solitary (ひとりぼっち)と関連があるのでしょう。
決して群れをつくらないようです。ウィキペディアをみると、つがいでも距離をとることがあると書いてあります。

Linnaeus, 1758 ということはリンネも知っていた、昔からポピュラーな鳥だったようです。

Px1a

街灯の上から周囲を眺める


Px2a

道路の脇を歩く 車も通るので危ないけど大丈夫か?

 

| | | コメント (0)

2024年3月31日 (日)

幸せの青い鳥が団地を訪問

幸せの青い鳥=イソヒヨドリがわが団地に現れました。

ウィキペディア「イソヒヨドリは世界的には標高2,000-4,000mの高山の岩石地帯に生息する鳥である。日本ではかつては磯や港など海岸周辺が主要な生息地域であったが、1980年頃から内陸部の地方都市で繁殖が確認されるようになり、2000年代に入ってその数はさらに増加している。2019年現在では関東、近畿など大都市圏で見かけることも珍しくなく、電線や看板に留まっていたり、住宅地やビルの間を飛び回る姿を見かけたり、綺麗な鳴き声を聞くことができる」

ウィキワンド「幸せの青い鳥=イソヒヨドリの愛称」 幸せの青い鳥とはもちろんメーテルリンクの童話に出てくる幸福をもたらす青い鳥のことです。

P1a

道路標識にとまっている

P2a

こちらを向いた

P3a

なんとわが家のベランダの手すりに✨✨✨

P4a

パンくずを食べた(幸せの青い鳥に少しだけ恩を売った)❗

3月末の2~3日だけ近くをうろついているのを見かけました。日本国内で寒いときは南方に、暑くなると北方に移動するようです。30日・31日の暑さで北方に移動したようです。


 

 

| | | コメント (0)

2024年3月29日 (金)

続・生物学茶話234: 大脳皮質 最初の一歩

ブロードマンの脳地図は医学生にとっては脳学習の一丁目一番地でしょう。これは脳を外側から見て各部域別に52個の番号をつけたもので、1909~1910年にドイツの脳科学者コルビニアン・ブロードマンによって発表され、驚くべき事に現在でもほぼそのまま利用されています(1、図235-1)。私は続・生物学茶話をはじめてから一度もこの地図にふれていませんが、それはこの地図がヒト専用だからで、ニワトリ・マウス・ラット・アフリカツメガエル・ゼブラフィッシュなどすべての動物種には別々の脳地図が必要であって、生物学者によって進化を配慮して作り上げられたものではないからでしょう。意図したものではありません。

しかし脳の機能と構造の関連があまり知られていなかった20世紀初頭に、ブロードマンはどうやって脳の領域を今日でも不便がないくらいきちんと分類することができたのでしょうか? それは阿部和穂氏の説明で理解できました(2)。ブロードマンはまず大脳皮質の垂直構造に着目し、それが解剖学的に6層の構造が基本型であることを突き止めました。そして外表面から順に1)表在層、2)外顆粒層、3)錐体細胞層、4)内顆粒層、5)神経細胞層、6)多形細胞層と名付けました。現在は3)が外錐体細胞層、5)が内錐体細胞層とされていますが、基本的に同じです(3、図235-1)。

阿部の解説を引用します(引用開始)-ブロードマンは、大脳皮質の中で、この6層構造が共通するところと、異なるところがあることに気づきました。例えば、6層の厚さは、分厚いところと薄いところがありました。また、各層の厚さや神経細胞の密度にもかなり違いがありました。後頭葉のある部分では第4層が厚いのに対して、前頭葉のある部分では第4層が薄い一方で第5層が際立って分厚いといったように、ムラがあったのです。ブロードマンはこの層構造の違いに注目して、均一の層構造をもった部分をひとまとまりとし、層構造が異なるところで区分けして、大脳皮質全体を52の領域に分けました-(引用終了)。これが大正解で、その後各部域の機能がわかってきた際に彼の解剖学的な領域分けとよく一致する場合が多かったので現代まで継続して使われることになったようです(2)。

なおこの大脳皮質6層構造は哺乳類には共通ですが、鳥類や爬虫類などではそのような構造はみられません(4)。このブログでもそのうちブロードマンの脳地図を参照しながら話を進める場合があると思います。

2341a

図235-1 大脳皮質の神経細胞 ブロードマンの写真はウィキペディアによります 大脳皮質の層構造と神経細胞の形態図は Encyclopedia of the Human Brain, 2002 に掲載されている David F. Cechetto and Jane C. Topolovec の図です。

大脳皮質は神経細胞と各種グリア細胞からなりますが、図235-2に示したのはブロードマンの時代から図示されていた大脳皮質の主要な神経細胞のひとつである錐体細胞(pyramidal cell)の例です(5)。これは投射型興奮性神経細胞で、図のように皮質深部のV(5)層に細胞体があるものでも、軟膜近傍まで1本の長大な樹状突起を上方(外側)に伸ばし、そこから多くの分枝を左右に伸ばしています。また細胞体から直接左右にもまた下方(内側)にも樹状突起を伸ばしています(基底樹状突起)。この図には4層が示されていませんが、おそらく運動野のものだからでしょう。

軸索は図では切れているようにみえますが、実際には大脳皮質より深部の領域まで長く伸びて投射しています。細胞体はピラミッド型で、図の細胞は一辺が25μmほどで錐体細胞の中では比較的小型ですが、それでも体細胞としては大きなサイズの細胞です。

2342a

図235-2 ラット大脳皮質の錐体細胞

図235-3のようなカラム構造(6)はおそらく大脳皮質のなかでも最も進化した部域が示す形なのでしょう。カラムとカラムの間には少し細胞が疎な部分があります。例えば網膜のある部分の情報を対応するカラムで検知し、複数のカラムの情報を総合して全体の形や色を認識するというやり方で視覚情報の処理を行います。これを発見したヒューベルとウィーゼルは1981年のノーベル生理学医学賞を受賞しました(7)。

2343a

図235-3 大脳皮質のカラム構造

最も明瞭なのがラットなどの齧歯類などが持つひげ(感覚毛)の情報処理です。同じ哺乳類でもヒトの場合ひげは普通の毛と同じレベルに退化していて、ヒゲにどちらから物体が接触したかなどの繊細な情報を得ることはできません。ラットなどの場合、1本1本のひげの感覚はそれぞれ大脳皮質のカラムに投射され、個々のカラムの情報を総合してヒゲがふれた物体の構造を認識することができます(8、9、図235-3)。バレルというのは各カラムのうち第4層のことを言うようで、齧歯類の感覚毛の情報はおもにこの第4層において、1本のひげの情報がひとつのバレルに投射されます(図235-4)。

ラットなどのヒゲの毛根は血洞の中に浮かんでいるような状態にあり(ですからヒゲを他の体毛と区別して洞毛といいます)、そこに感覚神経が伸びてきています。神経が血管壁を貫通して直接毛根に接触しているのです。こんな奇妙な構造はヒゲ以外にありません。このような構造によって、どの方向からどのくらいの力で毛根が動かされたのかを神経が感知することができるのです。夜行性や穴を掘って住む動物にとっては非常に有効なシステムです。

2344a

図235-4 ラットのミスタシアル・パッドにあるヒゲの感覚は大脳皮質のバレルに1:1で対応

ヒゲで感知した情報は感覚神経を通って三叉神経ガングリオン・三叉神経核という径路で視床に投射し、さらに大脳皮質に投射します。この間1本1本のヒゲが得た情報は混信しないでそのまま大脳皮質のバレルまで送信されます(10、11、図235-5)。

ひとつひとつのヒゲの毛根はそれぞれ強力な横紋筋で囲まれていて、運動神経の指令によって自由に動かすことができます(12、13)。ですから大脳感覚野で得られた情報がまだ不足していると判断された場合には運動野からさらにヒゲを動かして詳細な情報を取得するようにとの指令が出るのでしょう(図235-5)。

2345a

図235-5 ラットのヒゲ感覚情報の流れ 科学技術振興機構・東京女子医科大学プレスリリース 末梢神経損傷後に生じる脳の中の神経回路の「つなぎ換え」機構を解明の図(11)をもとに作成

 

参照

1)Wikipedia: Korbinian Brodmann
https://en.wikipedia.org/wiki/Korbinian_Brodmann

2)阿部和穂 「ブロードマンの脳地図」の謎と魅力…脳科学者を魅了する理由 All about 健康・医療 健康管理
https://allabout.co.jp/gm/gc/491827/

3)David F. Cechetto, Jane C. Topolovec, in Encyclopedia of the Human Brain, 2002
https://www.sciencedirect.com/topics/agricultural-and-biological-sciences/cerebral-cortex

4)伊藤博信 大脳新皮質は哺乳類に特有か? J. Nippon Med Sch 2000; 67(3)p.219
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jnms/67/3/67_3_219/_pdf

5)脳科学辞典:錐体細胞 
https://bsd.neuroinf.jp/wiki/%E9%8C%90%E4%BD%93%E7%B4%B0%E8%83%9E

6)Wikipedia: Cortical column
https://en.wikipedia.org/wiki/Cortical_column

7)The Nobel Prize in Physiology or Medicine 1981
David H. Hubel and Torsten N. Wiesel
https://www.nobelprize.org/prizes/medicine/1981/press-release/

8)脳科学辞典 バレル皮質
https://bsd.neuroinf.jp/wiki/%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%AB%E7%9A%AE%E8%B3%AA

9)Mehdi Adibi, Whisker-Mediated Touch System in Rodents: From Neuron to Behavior
Front. Syst. Neurosci., vol.13, (2019)
https://doi.org/10.3389/fnsys.2019.00040
https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fnsys.2019.00040/full#B33

10)Dirk Feldmeyer, Michael Brecht, Fritjof Helmchen, Carl C.H. Petersen, James F.A. Poulet, Jochen F. Staiger, Heiko J. Luhmann, Cornelius Schwarz, Barrel cortex function., Progress in Neurobiology vol.103, pp.3-27 (2013)
https://doi.org/10.1016/j.pneurobio.2012.11.002
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0301008212001700

11)科学技術振興機構・東京女子医科大学プレスリリース 末梢神経損傷後に生じる脳の中の神経回路の「つなぎ換え」機構を解明
https://www.jst.go.jp/pr/announce/20120516-2/index.html

12)渋めのダージリンはいかが 洞毛(ひげ)
http://morph.way-nifty.com/grey/2011/12/post-4a03.html

13)渋めのダージリンはいかが ラット洞毛の longitudinal section
http://morph.way-nifty.com/grey/2009/10/longitudinal-se.html

 

 

| | | コメント (0)

2024年3月27日 (水)

World music collection 11: Anastasia Glebova

Anastacia

アナスタシア・グレボヴァ ロシア語表記だと Анастасия Глебова
Instagram: https://www.instagram.com/glebovaanastasya/

はっちゃけた愉快な人のように思います
まるで素晴らしい声を出すために、顎や喉の構造を変化させる突然変異があるような感じもします

--------------

メモリー ミュージカル「Cats」より
https://www.youtube.com/watch?v=XW_O6i2cyKg

--------------

Con te partiro Time to say good-bye
サラ・ブライトマン covered by Anastasia Glebova
解説を見ると原題の「コン・テ・パルティロ」とはイタリア語で「君とともに旅立とう」という意味で、英語のタイトルゆえに誤解されやすい. が別れの歌ではなく旅立ちの歌である・・・とのこと
https://www.youtube.com/watch?v=CXyJmsfEPJ8

--------------

The man i love - 作詞・作曲 Ira Gershwin / George Gershwin
シェリル・クロウ & トニー・ベネット
covered by Anastasia Glebova
https://www.youtube.com/watch?v=-HEsn6o6gLM

--------------

Sway   Michael Buble
covered by Anastasia Glebova
ラテンの名曲
https://www.youtube.com/watch?v=oXnlA14yGAc

曲の解説
http://blog.livedoor.jp/degukatsu3/archives/46556024.html

--------------

Quizas, Quizas, Quizas 
オリジナルはオスバルド・ファレス 1947年発表の古いラテン音楽
https://www.youtube.com/watch?v=jxmVXDf3Xss

--------------

My love  Sharon Kovacs(シャロン・コヴァーチ)
covered by Anastasia Glebova

https://www.youtube.com/watch?v=WwGsAYPOTTI

--------------

Let it snow ディーン・マーティン
雪よ もっと降ってくれ という意味らしい
covered by Anastasia Glebova

https://www.youtube.com/watch?v=SMHR6b5Fyus

--------------

Historia de un amor

これもラテンの名曲 哀愁の雰囲気

https://www.youtube.com/watch?v=V-H0jxuTocM

--------------

なにか見本市(エクスポ)を回っているような動画
コントでもやっているのか ロシア語なのでさっぱりわかりません
6分過ぎから歌もあり 会場でミニライブをやったようです

https://www.youtube.com/watch?v=iD8AQq1L1sU

--------------

Улетай на крыльях ветра
風の翼に乗って飛んでゆけ ボロディン「イーゴリ公」より
歌詞(日本語翻訳) http://www.prince-igor.jp/slovo4.html

https://www.youtube.com/watch?v=l_mpgt_VZzQ

-------------

ソルヴェイグの歌 グリーグの作品
平原綾香の歌詞 https://www.uta-net.com/song/95826/

https://www.youtube.com/watch?v=ioL1m9XJJbk

-------------

オリジナル曲が存在するのかどうか確認できませんでしたが
多分これじゃないかな ↓

https://music.apple.com/us/artist/anastasia-glebova/1053200727?l=zh-Hant-TW

 

戦時下のロシアですが、ご活躍を祈っています

 

 

| | | コメント (0)

2024年3月25日 (月)

東京都美術館講堂にて

Hoppingarage_jinsei_350

週末になると、よく1週間人間の世界で耐えて生き延びたものだと思う。
そして夜になると月の光を頼りに街を出て、ヒースの茂る荒れ地で
仰向けになって流星を探す
もちろん寒さに耐えるべく厚手のキルティングを着てきたのだが、
うとうとしているうちに雪が降ってきて
帰り道は雪の中を歩くことになった

しばらく歩くと足跡をみつけた
私と同じような人がいるのか
いやそうではない 
人はヒースの茂る荒れ地というが、そこには多くの動物が生きている
動物は私の友人だ

街に着く頃には門の近くはもう朝市で賑わっていた
一晩人から離れているともう街が恋しくなっている自分に気づく
昔は街の外は盗賊や街を追われた犯罪者がたむろしていて、
親指小僧の伝説もそれを子供達に教えるためにつくられたのだろう
それでも悪意に満ちた街をはなれて妖精の園をめざす者はいる

明るい日差しの中で昼寝をしていると、ゆらゆらと小舟に揺られる
夢を見た その間すべての悩みから解き放たれていた
水面はキラキラと明るい日差しを反映し
コイたちは人の悩みなど知らぬように元気よく泳いでいる
光の反映で彼らは金色に輝く

道をまだ幼い王女が侍女と共にゆっくりと歩いて行く
まるで時が止まって その画像の中に吸い込まれるようだ
アナカプリの丘をめざしているのだろうか
侍女の中に亜麻色の髪をなびかせる美しい少女をみつけた
まるでその唇に吸い込まれそうだ

一行が遠く見えなくなった頃 
ラヴィーヌ将軍がまた喧噪と悪意に満ちた日常を蘇らせるように
砂埃を立てながら通り過ぎていった
また次の週末まで耐えて生き延びなければならない

 

1_20240324235401

亡き王女のためのパヴァーヌ

https://www.youtube.com/watch?v=Az5jPUow0Wc

戦場のメリークリスマス

https://www.youtube.com/watch?v=aQt4D7dHbaI

 

 

 

| | | コメント (0)

2024年3月23日 (土)

アレクサンドリア・オカシオ=コルテス

Alexandria_ocasiocortez_official_portrai

米国大統領選挙の年です。ところが候補者がもう引退すべき年齢の老人と何をやるかわからない変人しかいないんじゃ米国人でなくても困惑してしまいます。

アレクサンドリア・オカシオ=コルテス (Alexandria Ocasio-Cortez) は1989年生まれで、ニューヨーク州選出の民主党下院議員です。私は彼女がいずれ米国の大統領になるべきだと考えていて、もしそうなれば日本は米国と共に歩むべきだとも思います。彼女のXのフォロワーは1322万人いるので、その影響力は現在でも侮れないものがあります。

彼女はバーニー・サンダース系の政治思想の持ち主で、同調者は下院議員の中ではまだ50人くらいなので主流とまでは言えません。右系の人々からは極左だと言われていますが、そのおもな政策は昭和時代の自民党の政策と大差はありません。

1)国民皆保険制度(オバマケア)の復活
2)公立大学における授業料免除
3)連邦政府による雇用保障
4)所得税の累進課税を最大70%まで引き上げ、増収分を環境問題解決の財源に充てる
5)100%再生可能エネルギーに基づくエネルギー政策
6)刑務所民営化を廃止
7)銃規制法の制定
8)移民が犯罪者扱いされずに米国市民権を得られる道をつくる
9)家族休暇の保障(子供の世話や親の介護のための休暇を有給でとれることの保障)
10)イスラエルによるパレスチナ占領に反対(ヨルダン川西岸地区にイスラエルがいることは「パレスチナ占領」とみなす)
11)LGBTコミュニティーを支持

国民皆保険制度は日本では当たり前です。所得税の累進課税も現在とちがって、昭和時代には高額所得者には厳しい制度でした。刑務所は日本ではずっと公営ですし、銃規制は当然です。授業料も実はタダ同然でした。下のグラフをみてください。

Photo_20240323104101

1980年以降の自民党政権がいかに教育の機会均等に反する政策を行ってきたか、一目瞭然です。

オカシオ=コルテスは地球環境の悪化が米国にとって唯一の脅威だと言っています。それは多分本当にそうでしょう。ならば累進課税によって地球環境の悪化を阻止できるかどうかやってみるべきだと思います。オゾン層破壊の問題は科学技術と人々の努力によってほぼ解決しました。他の問題も解決できるかもしれません。

彼女が大統領になれば、おそらくマッカーサー以来の伝統である米国による日本の主権を侵害する形での「日本統治」が解除されると思います。

参照

国立大学授業料の変遷
https://nenji-toukei.com/n/kiji/10037

文部科学省
https://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/kokuritu/005/gijiroku/attach/1386502.htm

オカシオ=コルテスのサイト

公式: https://ocasio-cortez.house.gov/

X: https://twitter.com/AOC

動画:

The Courage to Change | Alexandria Ocasio-Cortez
https://www.youtube.com/watch?v=rq3QXIVR0bs

5 Years of the Green New Deal | Alexandria Ocasio-Cortez
https://www.youtube.com/watch?v=yDxbTNl4AVI


(肖像写真はウィキペディアより)

 

| | | コメント (0)

2024年3月21日 (木)

ロベルト・スアレス

Robert_surez_pitching_oct_07_2022_croppe

報道ステーションを見ようと思ってテレビをつけると、あれ 野球をやっているではありませんか? そうだドジャースとバドレスの試合を中継しているようです。メジャーリーグのベースボールにはあまり興味はないのですが、仕方なく見ていると9回裏になんと元阪神タイガースのロベルト・スアレスがパドレスのクローザーで出場したじゃありませんか。なにか旧友に出会ったような懐かしさで釘付けになりました。

そしてドジャースのクリンアップを3人で片付けて試合終了。昔通りの懐かしいピッチングフォームで、スピード豊かで切れ味抜群の素晴らしいピッチングでした ✨✨✨。

(写真はウィキペディアより)

 

| | | コメント (0)

2024年3月20日 (水)

続・生物学茶話233: 備忘用 ヒト脳図譜

2331a

図233-1 側面 Bruce Blauzen の図(wikimedia commons) を改変

 

2332a

図233-2 俯瞰 リンク

 

2333a

図233-3 断面 Patrick J. Lynch の図 (wikimedia commons) を改変

 

2334a

図233-4 大脳辺縁系 wikipedia: the limbic system の図を利用

 

2335a

図233-5 下面 脳神経系

渋めのダージリンはいかが  続・生物学茶話211:脳神経の入出力
http://morph.way-nifty.com/grey/2023/05/post-be1f70.html

 

2336a

図233-6 自律神経系 ウィキペディア:自律神経系の図を利用

 

| | | コメント (0)

2024年3月19日 (火)

ミーナの命日

Img_0676a

ミーナの2回目の命日です。遙か昔にお別れしたような気もするし、まだ生きているような気もします。いろんな猫を飼いましたが、個性はさまざまでした。でもミーナはそのなかでも特別にフレンドリーで、ある意味猫らしくない猫でした。

このブログの中ではまだまだ活躍してもらいます。

 

Img_0678a

A_20240319114401

スウェーデンの陶芸家・デザイナーのリサ・ラーソンさんが3月11日に亡くなったそうです。ご冥福をお祈りします。私は彼女がデザインした作品-ノートや買い物籠-を日常的に使っています。是非ミーナにも会ってやってください。

Photo_20240319115501

https://www.tokyoartbeat.com/articles/-/lisa-larson-passing-news-202403

 

 

 

| | | コメント (0)

2024年3月16日 (土)

World music collection 10: Oda Tetsuro & Aikawa Nanase

1_20240316090501

Oda Tetsuro has been one of the major producers of japanese pops. He is also a singer-song-writer, but once he was choked by robbers on a street of spain to loose not only money but also voice for a while. I think it must be the will of god. Thereafter he put a lot of efforts to raise and train young musicians. Aikawa Nanase is of course a member of his troop.

私は昔から織田哲郎さんを人間として尊敬していて、ある意味理想的な人だと思っていました。ただ彼は自分の思いを込めて歌をつくると、なにかわけのわからない音楽になってしまうという弱点があって、スペインで首を絞められて一時期ボーカルがだめになってしまったことがありましたが、それは神の思し召しに違いありません。彼が自分から離れて提供する曲はまさしく神曲といえるような素晴らしさなんですから。彼はメロディはいくらでも次から次へと浮かんでくるそうですが、歌詞を考えるのは地獄の苦しみだそうです。

そんな彼が全力を投入して育てた相川七瀬も、若い頃は男を頻繁に変えて遊ぶという性格で世話係の織田さんも苦労したそうですが、今では大学にも進学し、立派に子育てするママとなりました。

Imgnanase

============

ザ・対談 織田哲郎×相川七瀬 (Talk)
https://www.youtube.com/watch?v=iz2HJCpjHEE

対談で話題に出ていたライブがこれでしょう (Live performance)
2021年7月7日「相川七瀬 NANASE’S DAY 2021」ダイジェスト映像公開!
https://www.youtube.com/watch?v=skYmb0tG8gU

「相川七瀬 25th Anniversary Tour 2021 ROCK KINGDOM」ダイジェスト映像公開
(Live performance)
https://www.youtube.com/watch?v=xK9ntNotUE4

------------

相川七瀬×織田哲郎 #NHK #うたコン
https://www.youtube.com/watch?v=rw1lUvTCCxs

「LIKE A HARD RAIN」7月ツアー参加!織田哲郎「相川七瀬ツアー初参加」スペシャルセッション【オダテツ3分トーキング】
オダテツのギター1本でななせが歌う
https://www.youtube.com/watch?v=5zYDzlV_T0w

どうゆうもくろみだったかを織田哲郎が述べる
Bye Bye Boy / Nanase Aikawa (Jennifer Ellison)
https://www.youtube.com/watch?v=2etZk1Fh4_c

------------

素晴らしいコラボだと思います。

相川七瀬 - 今でも・・・。(feat. 織田哲郎) [Live Depot]
https://www.youtube.com/watch?v=JWSyCrESnLk
https://www.youtube.com/watch?v=lSJ_d9HXadU

============

Monchan recommends:

Two of us
https://www.youtube.com/watch?v=aZGJnPMwBOI
https://www.youtube.com/watch?v=BUTYIM8oKvE

最高の友達
https://www.youtube.com/watch?v=jl8Edb2e8kQ

BYE-BYE-BYE
https://www.youtube.com/watch?v=oPPGNCKAjy4&list=PLg1RXagdTCiPkUgM61De8eGPvZXsl4dDY&index=6

============

捕逸 (Special contents)

襷をつなけ゛ 國學院大學陸上部壮行会Ver.
https://www.youtube.com/watch?v=XMjh6c8mr0k

夢見る少女じゃいられない 森高千里:コラボ
https://www.youtube.com/watch?v=wurIjFym46Q

夢見る少女じゃいられない 相川七瀬X中川翔子X織田哲郎
https://www.youtube.com/watch?v=6Ge0KVQqnio

夢見る少女じゃいられない by MANDY B.BLUE
https://www.youtube.com/watch?v=vKlaUtEI6K0

Bye Bye covered by Vocapanda (+ English caption)
https://www.youtube.com/watch?v=adGR-L4WXIo



| | | コメント (0)

2024年3月13日 (水)

続・生物学茶話232: 2相性睡眠の起源

レム睡眠の研究はかなり裾野が広がってきていて、始原的な哺乳類である単孔類はじめさまざまな生物でデータがとられています。シーゲルがそれらをまとめています(1、2)。しかし文献2の画像がちょっと気に入らなかったので、全部取り替えて(ソースはウィキペディア)図232-1としました。ハリモグラやカモノハシという単孔類がとても長いレム睡眠をとるという報告は衝撃的でした(1)。このことは哺乳類が生まれる以前からレム睡眠のメカニズムが存在したという様々な報告を強力にサポートするものです。非常に大雑把に言えば、全睡眠時間が長い生物はレム睡眠時間も長いようです。

2321a

図232-1 哺乳類のレム睡眠 (レム睡眠時間/全睡眠時間)参照文献2をもとに制作しました 写真はすべてウィキペディアより

ひとつ興味深いのはクジラ・イルカなどの水棲哺乳類がレム睡眠を行わないことです。これらの動物は進化の過程でレム睡眠を獲得したにもかかわらず、それを捨てたということになります。その理由は半球睡眠がレム睡眠のかわりになっているとか、水中では重力をあまり感じなくて済むからとかいろいろ説があるようですが確定していません(3)。

シーゲルは体温が低い生物ほどレム睡眠の時間が長いという興味深い説を述べています(2、図232-2)。これですぐ思いつくのは、クマなど冬眠する動物は通常と冬眠時でレム睡眠はどのような違いがあるのかということですが、まだ調べた人はいないようです。ただヤマネやハムスターの冬眠は仮死状態になるので、彼らの冬眠についてはレム・ノンレムという話題とはかけ離れた現象かもしれません。

ペルム紀から三畳紀にかけて(約2億5000万年前)の大絶滅期には植物も動物もほとんど壊滅したので、脊椎動物について言えば冬眠(夏眠)できる生物だけが生き残り、そこで睡眠の様式もリセットされてしまった可能性があります。ともかくエサが少ないのですから、行動時間を極小にしてエサを食べないで生き延びられる生物だけが生き残った時代です。ならば当時はレム睡眠の意味はほとんどなかったに違いありません。生物の密度が高く天敵や競合する個体が多い場合は、睡眠時間は少ない方がベターだし、眠りも深くない方が良いので、大絶滅時代とは真逆の選択圧力がかかります。草原に生きる草食動物の睡眠時間が短いのはそのためでしょう(図232-1)。

2322a

図232-2 レム睡眠の時間と体温の関係 参照文献2より

ここで少し脊椎動物の脳の構造を復習しておきましょう。図232-3(4)を見ればわかるように、脊椎動物の脳の基本構造は魚類において完成しており、その後生まれた生物群はそのバリエーションであることがわかります。特に目立つのは両生類では小脳が小さいことと哺乳類では終脳が大きいことで、特に人間は異常に巨大な終脳を持つことになりました。

2323a

図232-3 脊椎動物の脳:おおまかな構造の比較 参照文献4をもとに作成

ここで哺乳類や鳥類より歴史が古いトカゲ(爬虫類)たちが、はたして哺乳類や鳥類のようにレム睡眠とノンレム睡眠という機能を持つのかどうかは興味を引かれるところです。アルベックらは研究手法を改善し、トカゲから信頼性の高いデータを得ることに成功しました。使用した動物はアジアイワアガマとフトアゴヒゲトカゲです(図232-4、5)。彼らは私たちと同じように暗くなると8時間くらいぐっすり眠るという生活をしています。

2324a

図232-4 Nitzan Albeck と実験動物 画像は LinkedIn およびウィキペディアより

アルベックらが発表したアジアイワアガマの脳波と神経活動を記録したデータの一部を図232-5に示します。aをみると驚くべき事に、非常に規則正しくほぼ90秒間隔で振幅の大きいδ波が出ている時間があり、この期間の睡眠をSWS(slow wave sleep)と筆者らはよんでいます。δ波が出ていないときには神経活動が活発であることがわかり、これは REM sleep としています。cとeはそれぞれノンレム睡眠相当時とレム睡眠相当時の神経活動ですが、あきらかにeの場合頻繁にパルスが発生していることが読み取れます。

トカゲは変温動物なので、シーゲルが言うようなレム睡眠の温度依存性はありません。実際幅広い温度でこのようなデータがとれるようです。トカゲがレム睡眠とノンレム睡眠のメカニズムをもっていることは、哺乳類が出現する以前、おそらくPT境界以前の古生代からこのメカニズムが存在したことが示唆されます。

2325a

図232-5 アジアイワアガマの脳波と神経活動 参照文献5をもとに作成

魚類の場合には眼の動きがないのでREM(rapid eye movement)睡眠とは言えないのですが、カルシウムの濃度が上がると明るく光るタンパク質を用いて、ゼブラフィッシュの睡眠にも2つのフェーズがあることが報告されています(6)。この研究には国立遺伝学研究所もかんでいて、HPに日本語の解説があります(7)。彼らはこの2つのフェーズを徐バースト型睡眠 (SBS)および伝搬波型睡眠(PWS)とよんでいます。これがレム睡眠・ノンレム睡眠の起源だとすると、それは4億5千万年以前まで遡ることになります。ただこの研究は幼魚でないとできないとか、脳波の測定ができていないとかの弱点があるので、より一般的な研究法の開発も行われています(8)。

脊椎動物と同じ睡眠ではないと思われますが昆虫にも似たような状況が観察できるようで、ここではとりあげませんが今後の検討課題です(9)。

参照

1)J. M. Siegel, P. R. Manger, R. Nienhuis, H. M. Fahringer and J. D. Pettigrew., The Echidna Tachyglossus aculeatus Combines REM and Non-REM Aspects in a Single Sleep State: Implications for the Evolution of Sleep.,

2)Jerome M. Siegel, REM sleep function: mythology vs. reality., Rev Neurol (Paris). vol.179(7): pp.643–648. (2023) doi:10.1016/j.neurol.2023.08.002
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/37625974/

3)BaHammam, A.S., Almeneessier, A.S. Why REM Sleep is Reduced in Aquatic and Semi-aquatic Mammals? A Discussion of the Possible Theories. Sleep Vigilance vol.3, pp.3-7 (2019).
https://doi.org/10.1007/s41782-019-00064-6
https://link.springer.com/article/10.1007/s41782-019-00064-6#citeas

4)Robert K. Naumann, Janie M. Ondracek, Samuel Reiter, Mark Shein-Idelson, Maria Antonietta Tosches, Tracy M. Yamawaki, and Gilles Laurent, The reptilian brain., Current Biology 25, R301–R327 (2015)
https://www.cell.com/current-biology/pdf/S0960-9822(15)00218-3.pdf

5)Nitzan Albeck, Daniel I. Udi, Regev Eyal, Arik Shvartsman & Mark Shein-Idelson, Temperature-robust rapid eye movement and slow wave sleep in the lizard Laudakia vulgaris., Commun Biol 5, 1310 (2022).
https://doi.org/10.1038/s42003-022-04261-4

6)Leung, L.C., Wang, G.X., Madelaine, R. et al. Neural signatures of sleep in zebrafish. Nature vol.571, pp.198–204 (2019).
https://doi.org/10.1038/s41586-019-1336-7

7)国立遺伝学研究所HP 魚で見つかったレム睡眠とノンレム睡眠(2019)
https://www.nig.ac.jp/nig/ja/2019/09/research-highlights_ja/rh20190711.html

8)海生研ニュース151 林正裕 魚類における脳波解析を用いた睡眠測定技術の開発
https://www.kaiseiken.or.jp/study/lib/news151_03.pdf

9)ウィキペディア:睡眠
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9D%A1%E7%9C%A0

 

| | | コメント (0)

2024年3月11日 (月)

オーボエの音色

Img_2419a_20240311084201

オーボエはバロック時代からあるそうで、オーケストラには欠かせない楽器です。都響には広田智之さんというオーボエの神様みたいな人がいます。彼は自分で楽器を製造して売るなどということもやっていて、演奏だけでなくオーボエという楽器の職人でもあります。最近彼のサイトを覗いて、ぶっ飛んだのは彼の犬です。

https://tomoyukihirota.com/

これまさかフェイクじゃないでしょうね? そうなの?

それはさておき、都響にはもうひとり鷹栖美恵子さんという首席オーボエ奏者がいて、彼女のオーボエはむしろイングリッシュホルンに近い音色で、私が好きなタイプの音です。私は楽器の詳細は素人なのでわからないのですが、鷹栖さんが月刊都響(no.398)に留学記を書いていて、その中で彼女の楽器(ルートヴィヒ・フランク製)のメーカーのベルリン工房を訪問したこと、日本ではこの楽器を使っているのは少数派だということも述べています。クラリネットとのコントラストを考えるとこの種の音の方がオーケストラとしてバランスが良いのに、どうして多くの奏者がこのメーカーの製品を使わないのか不思議です。

https://www.youtube.com/watch?v=Qt1-FhmFcgA

Photo_20240311085701

Lutwig Frank (現 Frank & Meyer) の音

https://www.youtube.com/watch?v=TEmwXTKJacM

オーボエのおすすめ人気ランキング15選【どのメーカーがいい?安いのも】
https://ranking.goo.ne.jp/select/5083
という巨大なサイトがあったので読んでみると、こんなことが書いてありました。

「現在ではドイツ式のオーボエを使用しているプロはほとんどいません。ウイーンフィルハーモニー管弦楽団やウイーン在住の奏者のみが使用しているのが現状で、珍しいタイプのオーボエです。」

これはウソですね。現にベルリン国立歌劇場のグレゴール・ヴィット氏も使っていることは鷹栖さんのサイトで述べられていますし、だいたいウィーンにしか顧客がいない店がどうしてベルリンにあるのか説明できません。このランキングサイトはあまり信用しない方がよさそうです。

ヴィットさんは野中貿易のサイトで、なぜフランス製の楽器がメジャーになったかを述べ、さらに自分とフランク氏がドイツ的な音を目指して新たなオーボエを製作していった過程を説明しています。

https://www.nonaka.com/magazine/pro/12.jsp

オーボエのサイトの中には Ludwing Frank の公式サイトは見つからないなどと書かれてある場合もあり
https://note.com/itiyuta/n/nff8206d7b511
なにかこのメーカーのオーボエが売れると不都合な事情でもあるのでしょうか?
不可解です。もちろん公式サイトはあります ↓

https://frankundmeyer.de/master-instruments/oboes/oboe-ludwig-frank-en/

https://www.facebook.com/p/Frank-Meyer-Holzblasinstrumente-100054487180118/

余談ですが都響アーカイブには月刊都響のコーナーもあるのですが、なんと演奏会と作品に関すること以外は端折られています。後日になってみれば作品解説より団員のスクリプトの方が貴重だと思いますが、どうなんだろう? この2ページを端折ってどれだけ節約できるのか知りたい。

https://www.tmso.or.jp/j/archives/program-notes/

 

 

| | | コメント (0)

2024年3月 9日 (土)

高関-東京シティフィル マーラー交響曲第5番@オペラシティ2024/3/08

Img_0667

朝の団地の風景です。さて今日のコンサートには行けるのだろうかと心配していたら、午後には雪・雨もやみ青空がのぞく天気になりました。

それはよかったのですが、浅草線の東日本橋から新宿線の馬喰横山への地下通路を歩いて行くと人だかりにぶつかり、なんと新宿線が風船がとんだために全線不通ってそれ何? あわてて引き返して浅草線で浅草橋までもどり、JR中央線に乗り換えました。さて多分タクシーもつかまらないだろうに、初台までどうやってたどり着くかと思案しながら新宿に着くと、京王新線(新宿線)が再開していて助かりました。混乱していましたがなんとか初台までたどり着きました。

サンクンガーデンは人気がなく、空しくデコレーションライトだけ輝いていました。

Img_0670

さてオペラシティに着くと、なんと本日の演奏会は完売とのこと。東京シティフィルさん、高関さんおめでとう。

Img_0673

いつものようにマエストロ高関がプレトークに登場し、シベリウスとマーラーの出会いなどのお話がありました。そのなかでシベリウスが晩年の30年間作曲を断念したのは、音楽の方向性の問題だという彼の見解が述べられました。伝統的な独墺音楽を捨てて、新しい音楽を目指すという意味ではマーラーの交響曲第10番も、シベリウスの「タピオラ」も同じだったのでしょうが、マーラーの交響曲の方は結構エンタメ要素もはいっているのに対して、タピオラにはそのような要素が希薄で、まるで求道者の音楽のようなのでその差は大きいです。

本日のコンマスは荒井さんで、いよいよ私にとっても今シーズン最大のイベントであるマーラー交響曲第5番がはじまりました。冒頭のトランペットは奇をてらうことなく、明瞭なサウンドでスタート。ひとつ気になったのは指揮台の下になにか黒い大きな物が置いてあります。それは第3楽章で明らかになりました。ホルントップの谷さんが譜面台を持って指揮者の隣に移動し、指揮台の下に置いてあった「楽譜」をセットして第3楽章が始まったのです。どうしてこんな段取りになったのか不明ですが、強烈な音圧でありながら柔らかな音質の素晴らしいホルンを聴かせてくれました。

第4楽章の冒頭で物が転落する大きな音がしてびっくりしましたが、気を取り直して没入。このアダージェットはヴィスコンティの「ベニスに死す」で主人公が死ぬときのBGMになっていて、死とかやすらぎの象徴みたいになっていますが、マエストロ高関の解釈は、これはあくまでも「愛」の音楽であるということで徹底していたと思います。ポルタメントもなまめかしくて、その方向で堪能しました。

終楽章は自由闊達なシティフィルの演奏が炸裂して盛り上がりました。コントラバスのものすごいピチカートにはびっくりしました。大変な名演奏だったと思います。終演後のステージアンコールで、高関さんはトランペットの松木さんとホルンの谷さんを伴って現れました。来シーズンのプログラムを見るとマーラー交響曲第7番を演奏するようで楽しみです。

Photo_20240309095901

アダージェット

https://www.youtube.com/watch?v=m_Pc_a-WBSs&list=RDov1xwCQULSY&start_radio=1

 

 

| | | コメント (0)

2024年3月 6日 (水)

Walk down the memory lane 7: Zard

Zardb

Miss Sakai Izumi debuted as a vocalist/writer of lyrics at 1991, when the economic bubble disappeared and Japan fell into an abyss of darkness. She illuminated our dark minds like a mountain flower, small but having high vitality. "Zard" is the name of her team that includes producers, support musicians, melody makers, arrangers, as well as herself. We regret her early death at 2007. Numerous musicians cover her music even now as follows.

坂井泉水さんは女優から始まって、テレビタレント、モデル、レースクイーンなどで活躍していましたが、長戸大幸氏に見いだされて「ZARD」として1991年に歌手デビューしました。デビューシングル「Good-by my loneliness」は私も知っていて、なかなかいい曲だなと思いファーストアルバムを購入した記憶があります。作詞も担当して、2007年に夭逝してしまうまで無数の名曲をリリースした日本を代表するアーティストでした。

1991年と言えばちょうどバブルが崩壊し、日本が暗黒の30年に転落していった端緒の年に当たります。「Good-by my loneliness」のPVも何もない埋め立て地のようなところで、それを象徴するような風景の中で撮影されています。坂井さんは病弱で精神的にも問題があってマスコミへの露出は極端に少ない人でしたが、そんな自分に打ち勝とうという気持ちは強く、楽曲にもそれは反映されていて、それがバブル崩壊の中でなんとか生きようとしていた人々の琴線に触れるものがあったのでしょう。

ファンの数も多く、私などは太陽系で言えば遙か彼方の冥王星くらいに位置する遠巻きの一人に過ぎませんが、それでも「ZARD」の音楽は深くリスペクトしています。坂井さんが亡くなってからはや17年も経過するなんて信じられません。現在でもカバーするシンガーは数多く、それぞれの個性を生かして素晴らしいパフォーマンスをアップロードしてくれています。

-------------------

Good bye My Loneliness
坂井泉水(作詞) 織田哲郎(作曲)
https://www.youtube.com/watch?v=8jspIL7VCw8

cover まゆな
https://www.youtube.com/watch?v=J4g4E6sXH-Y

cover 柴山サリー
https://www.youtube.com/watch?v=8Wf9uRxuQgY

-------------------

不思議ね...
坂井泉水(作詞) 織田哲郎(作曲)
https://www.youtube.com/watch?v=yw8HYvx-1V0 

cover Blue moon
https://www.youtube.com/watch?v=tKym2jUD6aY

cover MiO
https://www.youtube.com/watch?v=pg8--erdoAQ

-------------------

揺れる想い
坂井泉水(作詞) 織田哲郎(作曲)
https://www.youtube.com/watch?v=jaFE9YH3Zmk
https://www.youtube.com/watch?v=nabLCezmvTE

織田哲郎バージョン
https://www.youtube.com/watch?v=a4LRslgUyX0

cover 吉田羊&鈴木梨央
https://www.youtube.com/watch?v=2qNJxrJcQV8

-------------------

心を開いて
坂井泉水(作詞) 織田哲郎(作曲)
https://www.youtube.com/watch?v=HUTbH6ywrXk

cover SARD UNDERGROUND
https://www.youtube.com/watch?v=kmOTzqaibIE

cover at BESPA
https://www.youtube.com/watch?v=wUBA7EYWSL0

-------------------

Season
作詞:坂井泉水 作曲:栗林誠一郎
https://www.youtube.com/watch?v=zTnr8n2RtR8
https://www.youtube.com/watch?v=SstK-3vYhZU

cover G-rand
https://www.youtube.com/watch?v=KH0rv_S8xW0

cover 碧色すぴか
https://www.youtube.com/watch?v=h81h79-drxM

-------------------

遠い日のNostalgia
作詞:坂井泉水 作曲:望月衛介
https://www.youtube.com/watch?v=X7cLAKe8tNw

cover 仲嶺ゆりな
https://www.youtube.com/watch?v=4gvAWl1-aA0

cover パク・ヘヨン
https://www.youtube.com/watch?v=bD9K_17edtU

------------------

Just believe in love
作詞:坂井泉水 作曲:春畑道哉
https://www.youtube.com/watch?v=GGUpxO1w-lo&list=RDGGUpxO1w-lo&start_radio=1

+ English caption
https://www.youtube.com/watch?v=_RKEU489JUQ

cover kaho Z
https://www.youtube.com/watch?v=ZqQ4yNLWwNs

cover まゆな
https://www.youtube.com/watch?v=3zaPP2hzoOk

------------------

Forever you
作詞:坂井泉水 作曲:織田哲郎
https://www.youtube.com/watch?v=dUo6vjNR5eU
https://www.youtube.com/watch?v=8b23i7WbVPc

+ Englich caption
https://www.youtube.com/watch?v=kqqL54xghlY

cover ayumi
https://www.youtube.com/watch?v=yLisd9bAn4c

cover Binang Zhu & IZUMIRT
https://www.youtube.com/watch?v=0hmPzoKsTTE

cover MiO
https://www.youtube.com/watch?v=7vjzNXOXkxI

------------------

Today is another day
作詞:坂井泉水 作曲:織田哲郎
https://www.youtube.com/watch?v=DOcfeEWrFZ4
https://www.youtube.com/watch?v=hr1MGuF0dCY

cover calla
https://www.youtube.com/watch?v=iXsCI4JMUlU

cover Z-Sound
https://www.youtube.com/watch?v=koBfiiHJIUs

------------------

Hero
作詞:坂井泉水 作曲:大野愛果
https://www.youtube.com/watch?v=NJYCyMa1cTc

cover ayumi
https://www.youtube.com/watch?v=RuW3uPrYrsI

cover sena
https://www.youtube.com/watch?v=YVfrWazxQRs

cover IZUMIRT
https://www.youtube.com/watch?v=XchFW34r3wU

cover Haneda Hiromi (piano)
https://www.youtube.com/watch?v=J7CFuexgpJw

-----------------

夏を待つセイル(帆)のように
作詞:坂井泉水 作曲:大野愛果
https://www.youtube.com/watch?v=ThMphcvb93c

大野愛果バージョン
https://www.youtube.com/watch?v=KMedy-6ZVBU

路上ライブ まゆな
https://www.youtube.com/watch?v=kv9aYU3KqXU

cover 宮崎奈穂子
https://www.youtube.com/watch?v=pOBdekTWKHA

cover Nostalgie Flower
https://www.youtube.com/watch?v=r8ehExfbThE

cover 月野アイラ (piano)
https://www.youtube.com/watch?v=xkzD8_Hw3NU

-----------------

永遠
作詞:坂井泉水 作曲:徳永暁人
https://www.youtube.com/watch?v=V8r0TpEgFAM
https://www.youtube.com/watch?v=W7Gieyu8qIk

cover momo
https://www.youtube.com/watch?v=X_vexJ9j3XA

cover じゅにひめ
https://www.youtube.com/watch?v=ruzhC9FW9YY

cover illustroad (Sax)
https://www.youtube.com/watch?v=OAW4PxLIkTk

==============

捕逸:

負けないで by 倉木麻衣
https://www.youtube.com/watch?v=xUFjF97TsoI

あの微笑みを忘れないで by 川島だりあ(作曲者のセルフカバー)
https://www.youtube.com/watch?v=w4HVSApF_Ws

ハイヒール脱ぎ捨てて by sard underground
https://www.youtube.com/watch?v=KvErfxmMCrA

二人の夏  by Blue moon
https://www.youtube.com/watch?v=mNyj4XXSrSM

いつかは by Yuki
https://www.youtube.com/watch?v=z3YlsFTewog

かけがえのないもの by まゆな
https://www.youtube.com/watch?v=0G1TSNwNL-Q

グロリアスマインド by Iris
https://www.youtube.com/watch?v=vA5n-WjllEA

 

 

| | | コメント (0)

2024年3月 3日 (日)

続・生物学茶話231: レム睡眠とノンレム睡眠

アセリンスキーとクレイトマンは赤ちゃんが眠る様子を見ているうちに、眼球が急速に動くことがあることを発見しました。これは赤ちゃんのまぶたが薄いので見やすかったからですが、このことが端緒になって1953年のレム睡眠の発見につながったそうです(1)。レムとはその発見に因んで rapid eye movement = REMから命名されました。現在では赤ちゃんの場合、成人よりもレム睡眠の割合が時間的に非常に大きいことが知られています(2)。その後1960年代のジュベらのネコを用いた動物実験によって、レム睡眠の存在を誰もが認めるようになり、その発現機構は脳幹に存在することも明らかになりました(3)。

眼球の動きを定量的に記録するためには、網膜が光を感じると眼の角膜側がプラス、網膜側がマイナスにチャージすることを利用します(4。図231-1)。眼の両側に電極を固定しておくと、眼球が動くと電位が変化するので、睡眠時にも記録できます。この眼電検査(エレクトロオキュログラム)は実験だけでなく、眼科での診察でも使われるそうです(5)。

2311a

図231-1 眼電検査(エレクトロオキュログラム)

では覚醒時、ノンレム睡眠時、レム睡眠時における測定データをみてみましょう。まず脳波についてはまだあまり勉強していないので詳しくはコメントできませんが、ノンレム睡眠時には振幅の大きな徐波(δ波、θ波)が特徴的で、覚醒時やレム睡眠時とは一目で識別できます(図231-2)。レム睡眠の脳波はノンレム睡眠時よりむしろ覚醒時に近く、徐波はほとんどでていません。むしろ振幅は覚醒時より小さくなっています。ただ測定位置によっては突発的に不定形の大きな振幅の脳波が発生しています。これが徐波なのかどうかはよくわかりません。

眼電図(赤囲み EOG)はノンレム睡眠時にはほとんどフラットですが、覚醒時には眼球運動がみられます。開眼か閉眼かはこのデータには示されていません。筋電図をみると多分開眼だと思われます(6)。レム睡眠時にいわゆる rapid eye movement が見られることは明確に示されています(6)。筋電図(青丸 EMG)はノンレム睡眠時とレム睡眠時でほぼ同じ低振幅で、これは筋肉が動いていないので当然です。覚醒時には大きな振幅がみられます(6)。一方心電図(緑丸 ECG)は覚醒時とノンレム睡眠時がほぼ同じで、レム睡眠時にはむしろ振幅が大きくなっています(6)。これはレム睡眠時に血流が活発になっていることを示しています。

これらのデータによって、レム睡眠というのはノンレム睡眠と覚醒の中間的な状態ではなく、第3のフェーズであることがわかります。特に覚醒時より血流が活発になるというのはレム睡眠の重要な特性で、これによって脳細胞が多量のATPを使う活動が可能となったり、末梢血管の脈動によって老廃物がリンパ系に流れやすくなるというメリットがあります。

2312a

図231-2 睡眠脳波・眼電図(EOG)・筋電図(EMG)・心電図(ECG)
文献(6)の資料をもとに作成 細かいデータなので拡大してご覧下さい 画像をクリックすると3倍に拡大します。

ノンレム睡眠でもレム睡眠でも手足など運動するための筋肉は動いていないので、それらの筋肉を動かすための運動神経は活動が遮断されているに違いありません。たとえば歯ぎしりの検査を行うためのウェアラブル筋電計(図231-3)を装着すれば、顎の筋肉が動けば睡眠中でも記録することができます。歯ぎしりなどの特殊な場合を除けば、睡眠中に顎の筋肉も動きません。

内田らのグループはマウスを用いて、延髄腹内側(VMM)にあるグリシン作動性の抑制性ニューロンが三叉神経運動核、顔面神経、副神経、舌下神経、脊髄の運動神経などを睡眠時に抑制していることを明らかにしました(7、8、図231-3)。この抑制性ニューロンは眼神経、滑車神経、外転神経という眼を動かす神経群には作用しないので、作動中もレム睡眠における rapid eye movement は発生します。したがって睡眠時には必ず作動していると思われます。このニューロンは脳幹の下背外側被蓋核(SLD)によって制御されているので、睡眠による動作の制止は SLD→VMM→脊髄など という径路で指令が伝達されていると思われます。

2313a

図231-3 グリシン作動性ニューロンによる睡眠時筋肉活動の抑制
文献(8)の図をもとに作成しました。写真はGC biomaterial のHPと理化学研究所 BDRtimes より

柏木らは彼らが開発した橋被蓋野で Cre を発現するマウスと、Cre 依存的に 遺伝子組換え酵素 Flippase を発現するベクター、そしてFlippase 依存的に化学遺伝学受容体 hM3Dq を発現するベクターを用いて、橋被蓋野の特定の神経細胞の投射径路を解析したところ、レム睡眠を引き起こす細胞は延髄腹側に投射し、ノンレム睡眠を引き起こす細胞は前脳基底核に投射していることが示されました(9、10、図231-4)。それぞれの睡眠にかかわる特異的な神経経路が解明されたことは驚くべき成果だと思います。

2314a

図231-4 マウス脳の睡眠中枢 
文献(9)の図をもとに作成しました。写真は東京大学大学院理学系研究科生物化学専攻新任教員紹介より。

ノンレム睡眠とレム睡眠のどちらが進化的に早いかというのは興味深い問題ですが、まだはっきりとはわかっていないようです。

 

参照

1)ナサニエル・クレイトマン 「睡眠と覚醒」 日本語訳:粥川裕平(監訳)・松浦千佳子 ライフサイエンス(2013)

2)健康・体力づくり事業財団 睡眠
https://www.health-net.or.jp/tairyoku_up/chishiki/sleep/t03_10_07_01.html

3)Jeannerod, M., Mouret, J., & Jouvet, M., Effets secondaries de la deafferentation visuelle sur activity electrique phasique ponto-geniculo-occipitale du sommeil paradoxal. Journal of Physiology. (Paris), vol.57, pp.255-256 (1965)
https://psycnet.apa.org/record/1966-00253-001

4)眼科医ぐちょぽいによる眼球電図(EOG)について
https://guchopoi.com/eog/

5)看護Roo 眼電図検査|眼科の検査
https://www.kango-roo.com/learning/2023/

6)奈良県臨床検査技師会 脳波の手習いシリーズ 睡眠脳波について
https://naraamt.or.jp/Academic/kensyuukai/2005/kirei/nouha_suimin/nouha_suimin.html

7)Shuntaro Uchida, Shingo Soya, Yuki C. Saito, Arisa Hirano, Keisuke Koga, Makoto Tsuda, Manabu Abe, Kenji Sakimura and Takeshi Sakurai, A Discrete Glycinergic Neuronal Population in the Ventromedial Medulla That Induces Muscle Atonia during REM Sleep and Cataplexy in Mice., Journal of Neuroscience, vol.41 (7) pp.1582-1596; (2021)
DOI: 10.1523/JNEUROSCI.0688-20.2020
https://www.jneurosci.org/content/41/7/1582

8)筑波大学プレスリリース(櫻井武) レム睡眠とカタプレキシー:筋脱力を起こす共通の神経回路を発見
https://wpi-iiis.tsukuba.ac.jp/uploads/sites/2/2021/01/210114sakurai.pdf

9)柏木光昭 上原記念生命科学財団研究報告集36(2022) 134.レム睡眠を生み出す未知の神経・分子メカニズムの解明
file:///C:/Users/Owner/Desktop/231%20REM%20sleep/%E3%83%AC%E3%83%A0%E7%9D%A1%E7%9C%A0%E3%81%A8%E6%9C%AA%E7%9F%A5%E3%81%AE%E7%A5%9E%E7%B5%8C.pdf

10)Mitsuaki Kashiwagi, Mika Kanuka, Chika Tatsuzawa, Hitomi Suzuki, Miho Morita, Kaeko Tanaka, Taizo Kawano, Jay W. Shin, Harukazu Suzuki, Shigeyoshi Itohara, Masashi Yanagisawa,
Yu Hayashi, Widely Distributed Neurotensinergic Neurons in the Brainstem Regulate NREM Sleep in Mice., Current Biology vol.30, issue 6, pp.1002-1010, (2020)
DOI: https://doi.org/10.1016/j.cub.2020.01.047
https://www.cell.com/current-biology/pdf/S0960-9822(20)30091-9.pdf

 

| | | コメント (0)

2024年2月29日 (木)

「半島のマリア」はこんな物語です

Img_2493a

サラ「洞窟を探索したが異常なし」 私「了解」

「半島のマリア」はこんな物語です。

富士五湖周辺ではしばしば地震があって、そろそろ富士山の噴火も近いのではないかと予想されていた。そんななか建二と早智は富士風穴で大きな地震に遭遇し、崩壊した崖から死体を発見する。それは建二が勤務する会社に出入りしてたが、3年くらい行方不明になっていたエディだった。

ストーリーは3年前に遡る。田所は永年勤務していた会社を解雇され、東京近郊の海辺の町に移住することにした。そこで遭遇した玲華、早智、京子らに請われてギター教室をひらくことにした。玲華はボーカリストとしての才能があり、教室の生徒達でバンドを編成して東京で一旗あげようということになった。しかし彼らは第7艦隊や米国大統領もからんだとんでもない事件に巻き込まれていく。

--------------------------

読み方:

サイドバーの「カテゴリー」にある小説(story)をクリックするとストーリーが逆順に表示されるので、最下部までスクロールしてください。一括表示からはみ出した4話分が表示されるので、1話から逆順に読んで下さい。またはトップページの「フィクション(Fiction):こちら2」をクリックしていただいて下にスクロールしていくと、半島のマリア第1話が出てきます。これだと順順に読めます。ただしこちらには添付画像がありません(画像は特に必要ではありません)。

| | | コメント (0)

2024年2月26日 (月)

World music collection 9: Vanny Vabiola

Vannyvabiola

Vanny Vabiola はインドネシアのシンガーで、ジャカルタ東隣のブカシ出身。ピアニティのサイト(1)やアメブロのサイト「だるまさんの日記」(2)に情報があります。すでにアルバムを20枚出版しているベテランシンガーだそうですから、現地では当然大変有名な方だと思います。

1) https://pianity.com/artist/vanny-vabiola
2) https://ameblo.jp/mudo777/entry-12819097931.html

ハイトーンの驚異的な美声の持ち主です。

Unchained Melody - The Righteous Brothers
https://www.youtube.com/watch?v=ZQ-e5cJQsCQ

Let It Be Me - Everly Brothers
https://www.youtube.com/watch?v=-x4GMuK83gY

I've Been Away Too Long - George Baker
https://www.youtube.com/watch?v=qBg17JJmWbg

--------------
Pepito Mi Corazon - Los Machucambos
https://www.youtube.com/watch?v=TjnmgrU3Qao

英訳:https://lyricstranslate.com/en/petito-pepito.html
--------------

屋外ロケで撮影した動画集

I'm Alive - Celine Dion
https://www.youtube.com/watch?v=hdyGCHDdWTU

The power of love - Celine Dion
https://www.youtube.com/watch?v=Tw17ucDBNxc

セリーヌ・ディオンのカバーが得意のようです

You Raise Me Up - Josh Groban
https://www.youtube.com/watch?v=THS6Am0ZiDY

欧米ではこの曲がバラードシンガーの登竜門みたいです

Vanny Vabiola - I THINK I LOVE YOU
https://www.youtube.com/watch?v=rPWkybhxx7M

ご主人DECKY RYANが作曲

Vanny Vabiola - I know, I wish, I let you go
https://www.youtube.com/watch?v=-1aLUGlJ1mA

Vanny Vabiola 作詞・作曲のオリジナル作品

--------------

DIANA ROSS & LIONEL RICHIE - ENDLESS LOVE COVER BY VANNY VABIOLA & DECKY RYAN
https://www.youtube.com/watch?v=8T6zM2N2B00

ご主人とデュエット

--------------

✨✨✨ Monchan recommends ✨✨✨

Making Love Out Of Nothing At All - Air Supply
https://www.youtube.com/watch?v=ig6gUFLr-uM

Nothing's Gonna Change My Love For You - Westlife
https://www.youtube.com/watch?v=r5tArhsH-Wk

It Must Have Been Love - Roxette
https://www.youtube.com/watch?v=KgFlFKyJ1RY

--------------

 

 

| | | コメント (0)

2024年2月24日 (土)

都響とデジタル・ファシズム

Tsutsumi

東京芸術劇場や東京文化会館管理を運営している組織のトップは東京都歴史文化財団です。この財団を運営している人々のリスト(役員名簿)はウェブで閲覧できます(1)。

理事長は日枝久氏で、ご存じの方も多いと思いますがフジサンケイグループ代表です。故石原慎太郎が都知事だったときから東京都の文化活動は読売グループ・フジサンケイグループが差配しています。しかも日枝氏は東京文化会館の館長でもあります。昔東京文化会館の館長だった三善晃氏が、石原の策謀で辞任を余儀なくされたのは古い都響ファンならよく知っていることです(2)。実際系列の団体が利用することもある施設を、その民間団体の総帥が管理するなどということは好ましいことではありません。

そして唯一の常勤理事で副理事長の堤雅史氏がどんな人物であるかというと、都政新報の記事を読む限り(3)、東京都における行政デジタル化推進の総帥のようです。ならば都響が上野の事務所でチケットの販売をやらない、当日券を会場で売らないというような無茶をやっていることも理解できます。彼らは常にプロバイダー目線・上から目線で仕事をしていて、カスタマー目線ではやっていないのです。最近東京都でカスハラ条例をつくるという話になっていますが、事実上電話での応対はなくメールだけでカスタマーに対応する企業も多いというのが現実です。メールだとリターンメールを出さないとか見当違いのリターンで泣き寝入りを期待するという手が使えるので、プロバイダーにはとても好都合です。プロバイダー(行政・会社)は非道なカスタマーの排除には熱心ですが、普通のカスタマーが困っている状況には真面目に対応しないこともあります(実は解決できないのですが、そうは言わないで四の五の言ってごまかそうとする)。

チケットの件も買う側の立場には立ってなくて、売る側の都合で現金決済を避けるという金科玉条を徹底しようとしている訳です。これをデジタル・ファシズムといいます。実際ウェブが使えなくてチケットが買えない人、上演直前に会場に来て無駄足になる人のことは無視します。さらに問題なのはデジタルファシズムの推進者は現金の「匿名性」、買う側の「主権」、プライバシーを侵害されない「自由」を無視することです(4、上の写真)。たとえばわざと過激な反政府的演劇をやって、そのチケットを購入した人を瞬時にリストアップすることだってできるわけです。

堤未果氏は「デジタル・ファシズム」という本を出版しているので、アンチデジタルと思われがちですが、中身をよく読んでみるとそうではなくて、デジタル化そのものは容認している人だと言うことがわかります。要するに行政・企業に都合の良いデジタル化ではなく、カスタマーや市民の主権を確保すればOKだということです。例えばエストニアというデジタル化先進国では、誰が自分の個人情報にどのような理由でアクセスしたかをいつでも知ることができますし、いつでも自分に関する情報を削除することができるなど、厳密にカスタマーや市民のプライバシーに配慮したシステムになっているそうです(4)。

とりあえず都響は事務所でのチケット販売、当日券の会場窓口販売を再開すべきです。当日会場に来て空席が一杯あるのにチケット買えないなんておかしいでしょう。堤氏も都政の効率化で押しまくって十分出世は果たせたわけですから、これからはデジタル化の負の側面やユーザーの便宜と主権にも十分配慮した行政を行って欲しいと思います。

デジタル化にはここで述べたようなことよりもっと巨大な問題点がありますが、私は詳細を知らないのでひとつだけ文献(5)を紹介しておきます。

1)https://www.rekibun.or.jp/about/outline/committee/list/

2)https://plaza.rakuten.co.jp/casahiroko/diary/200502190000/

3)http://www.newstokyo.jp/index.php?id=1424

4)堤未果「デジタル・ファシズム」 NHK出版新書 2021年

5)内田聖子 「日米貿易協定と日米デジタル貿易協定の何が問題なのか」
https://www.jichiken.jp/article/0164/



| | | コメント (0)

2024年2月22日 (木)

都響-インバル マーラー交響曲第10番(クック版)@池袋東京芸術劇場2024/02/22

Inbal

さすがに雨男ボス矢部ははずさない。今日も雨です、しかも寒いのでキルティングで出かけることにします。北総線・京成線は中国が春節ということもあって大混雑です。今日は本郷三丁目の「カミュとマドレーヌ」が閉店前最後の営業日ということでご挨拶に伺いました。小さなお店ですが千客万来で大変な様子でした。懐かしい本郷三丁目に来たのであたりをぐるっとまわってみると、和田コーヒーは不動産屋になっていました。それでも学生時代からお世話になっていた「名曲喫茶 麦」はまだ営業していたので、ここで昼食をとって丸ノ内線で池袋芸術劇場に。

Photo_20240222224101

クック版のマーラー交響曲第10番は2014年にもサントリーホールで聴いていますが、今回はそのときにもまして素晴らしい演奏でした。指揮者、演奏者、聴衆がみんなこのマーラー最後の音楽に心酔して一体化するという希有の空間がそこにありました。この音楽はマーラーがそれまでの独墺の伝統音楽を捨てて、ラテン風でもあり現代音楽風でもある新しい一歩を踏み出したものだと思います。

特にハートフェルトだったのは第5楽章で、松木さんのフルートソロには落涙しました。三途の川を渡っていたら、仲良しだったジョージⅢ世(ヒヨドリ)が迎えに来てくれたような感じでしょうか。そういえば今日もジョージⅣ世には出かける途中で出会ったのですが、Ⅲ世からⅣ世にはパンくずがエサであることが伝承されなかったので、親密な関係が築けていません。とても残念です。

下の写真はカーテンコールでインバル師、ボス矢部、ゆづき(サイド)らが見えます。心が通い合う3人です。インバル師の右がアビシニアン双紙、その右がエンカナ(遠藤香奈子)。ところで、都響は矢部さんをこき使うべきではありません。また身体の状態が万全でなくなっているようです。都響は演奏会の数が多いので、早急にコンマスを補充しないと大変なことになりますよ。

Photo_20240222224301

 

 

| | | コメント (0)

2024年2月20日 (火)

厚顔無恥

Img_2345

盛山文科相は宗教団体との政策協定にサインしたかどうか記憶が定かでないと言っておきながら「なんら恥ずべき行動はない」と断言し続投するつもりです。

宗教団体と政策協定を行うことは政教分離の原則に反することでやましいことでしょう。こんな詭弁を弄する人が文科相をやっているというのは恥ずかしいことです。自民党・公明党以外に日本維新の会も立憲民主党が出した不信任決議案に反対するそうであきれます。

サラとミーナも怒っているようです。

 

| | | コメント (0)

2024年2月17日 (土)

続・生物学茶話230: 睡眠-刺胞動物の場合

「あらゆる動物は眠るのか?」という質問をしようとすると、やはり睡眠という言葉の定義をしなければいけないわけです。孔子も言っているように言葉の定義をしなければ何を言っているのかわかりません。とは言え政治の場合はきちんと定義しなければいけませんが(そうしておかないと例えば何が犯罪なのかわかりません)、科学の場合は未知の部分があるのが普通なので、とりあえず大まかに定義して研究が進んだ段階で順次詳細を詰めるというのが常道です。

では睡眠の大まかな定義をするとすればどうなのか? まず意識するのは、死亡、仮死状態、意識不明、冬眠、夏眠、休養 などとは区別すべきだろうということです。このためにとりあえず、1)行動の一時的静止、2)日周性がある、3)感覚機能の低下 という定義で話をはじめることにします。たとえば休養なら感覚機能の低下はありません。

専門家は睡眠時間が短いとリバウンド睡眠が発生することを重視していますが(1)、とりあえず日周性と無関係な睡眠を排除するほうがわかりやすいので、そこからスタートします。ウィキペディアには「対象を哺乳類に限定すれば、人間や動物の内部的な必要から発生する意識水準の一時的な低下現象、これに加えて、必ず覚醒可能なこと」という睡眠学会の定義が書いてありますが(2)、これでは冬眠や夏眠を排除できませんし、敵に襲われたときに仮死状態になる状況も排除できません。

感覚機能の低下とは、金谷の言葉を引用すると「強く揺り動かされるなど強い刺激を受ければ目が覚めるものの、穏やかに刺激するぐらいでは眠ったままで、覚醒時ほど敏感に反応できないこと。」ということになります(1)。細かく吟味していくと様々な議論が出ると思いますが、それをいくらやっても科学は進展しないので、最初に述べたようにとりあえずは大まかで良いと思います。ただ感覚機能の低下という定義を入れたために、メタゾア(生物学で言うところの動物)の中で神経細胞を持たない海綿動物と平板動物は睡眠の科学から排除されることになります。もちろんこのような動物たちも睡眠と関連のある行動を取る可能性はあります。

散在神経系と集中神経系があるということは高校で学習すると思いますが、動物の中では散在神経系を持つグループは少数派で、刺胞動物・有櫛動物・棘皮動物・半索動物が相当します。これらの動物は脳をもってなくて、神経が身体全体に散在するとされています(3)。しかし小泉らも言うように、これらの脳がないと言われている生物も、それなりに神経環など神経細胞が高密度で存在する場所があり、一方で集中神経系を持つと言われている線虫は神経細胞が302個しかなく、これで脳があると言えるのだろうかという疑問は残ります(3、4、図230-1)。特にクラゲ(刺胞動物)は傘に大きな円形の神経の束を2本持っており、ここには明らかに他の部分より高密度の神経細胞が集中しています(5、図230-1)。

2301a

図230-1 散在神経系と集中神経系 

井上昌次郎は2005年の総説の中で「ヒトや高等動物は連続運転に最も弱い臓器である大脳に頼って生きている.その大脳をうまく管理するための自律機能が睡眠である.つまり睡眠の役割とは大脳を守り,修復し,よりよく活動させることである.」と述べています(6)。しかしその後動物における睡眠の研究は進み、ついにナスやベッドブルックらによって散在神経系の動物と言われているクラゲも眠ることが証明されました(7、図230-2)。

彼らが実験に使用したサカサクラゲ(カシオペア)は通常は傘を下にして海底でベントスのような生活をしています。どうしてこんな生活が可能かというと、彼らは触手に大量の微生物を住まわせて共生しており、その微生物は太陽光で光合成をしてクラゲにATPを供給しているからです。それでもクラゲは海底の生物を食べたり排泄物を清掃するため、一定の間隔で傘の縁を動かしています。ですからその傘の動きを観察していれば、起きているか眠っているかを判定できるので、睡眠の研究目的には適しています(図230-2)。カシオペアという名前は、その名の星座が北極星に対して逆さ向きになっているように見えたからだそうです(8)。

2302a

図230-2 クラゲも眠る

ナス、ベッドブルックらの実験を彼らが発表している図を使って簡単に述べます。彼らのサカサクラゲは傘の縁をビートさせるのにほぼ1秒かかります(図230-3A)。そして昼間はほぼ2秒に1回くらいの割合でビートさせています。ところが夜になるとビートの間隔が広くなる上に、ときどき休むようになります(図230-3B)。これは明らかに昼のパターンとは異なります。

さらに水中に浮かべた籠でクラゲを飼い、急に籠を沈めるという操作をします(図230-3C)。するとクラゲは自分が海底(=籠の底)にいないということに気づきますが、気づくまでの時間が昼では2秒くらいなのが夜だと5秒くらいかかります(図230-3D)。そして運動して海底=籠の底にたどり着くまでの時間は昼は平均8秒くらい、夜は12秒くらいで有意の差がありました。気がつく=覚醒と考えます。

夜になると陸上の哺乳動物のように全く動かないというわけではありませんが、動きが鈍くなるということはBの結果で明らかですし、外からの刺激に対する反応も夜は鈍くなっているということで(C-E)、もちろん日周性も関係しているので、クラゲも睡眠に準ずる行動は行っていると言えるでしょう。

2303a

図230-3 クラゲが眠ることを証明するデータの一部
A:傘が1回ビートする時間 B:ビートの頻度 C:地面を移動させる D:地面の移動に気がつく、そして再び地面にたどりつくまでの時間

クラゲが眠ることはわかりましたが、図230-1のようにクラゲには神経細胞がかなり密集した部分が存在し、これは形は違ってもある種の脳ではないかという考え方もできるので、より典型的な散在神経系をもつといわれるヒドラではどうだろうかというのが次の課題です。

ヒドラはクラゲと同じ刺胞動物で海底に棲んでいますが、こちらは魚なども食べる肉食系の生物で、熱帯魚を飼っている人は水槽に混入しないように注意が必要なようです。図230-4のように通常は出芽によって増えます(9)。Basal disk で海底に吸着し、触手(テンタクル)で餌を捕らえて口に運ぶという生態です(図230-4)。図230-1には口の周りに神経環があるように描かれていますが、多少神経網が細かくなっているという程度でクラゲの神経環のようなものではありません。

2304a

図230-4 ヒドラの形態と増殖の方法
通常は分岐(バディング)によって無性的に増えますが、精子・卵子を作る場合もあります

金谷らのグループはヒドラの睡眠について研究し、確かに昼の方が夜より活発に行動していることを示しました(10、11、図230-5AB)。また休んでいるときは光やグルタチオンに対する応答が遅延することを示しました(11、12)。図230-5Cにはグルタチオンに対する応答が遅延することを引用しました(10)。すなわちヒドラのような典型的な散在神経系の生物も眠ることが証明されました(哺乳類の睡眠と同じではないので、研究者は sleep-like state といいます)。このことは睡眠は脳のためにあるという従来の考え方を否定するものです。ただしヒドラは生物時計に基づいた睡眠サイクルを持っていないので、私たちの睡眠と同じではないようです(10)。これは彼らが進化の過程で時計遺伝子を失ったからと考えられます(10、13)。

2305a

図230-5 ヒドラが眠ることを証明するデータの一部
A:昼と夜の行動頻度 B:昼と夜の睡眠パターン C:静止時間の長さとグルタチオンに応答するまでの時間
図中の参照文献9よりは10よりの間違いです 申し訳ありません

現在までにヒドラ・サカサクラゲ(刺胞動物)、線虫(線形動物)、ショウジョウバエ(節足動物)、ゼブラフィッシュ・マウス・ヒト(脊椎動物)などが睡眠することが報告されています。最近戸田らはショウジョウバエの睡眠誘導遺伝子「nemuri」を同定したそうです(14)。

生物の神経系が電線と異なるのは、それが単にイオンの輸送だけでなく、神経伝達物質の生合成・細胞膜からの物質排出・受容体による神経伝達物質の受容・受容体からの情報伝達など複雑な細胞生物学的・生化学的なプロセスを含むことです。これらのプロセスの進行はイオンの輸送に比べると時間と手間がかかるので、常識的にはこれが睡眠が必要な要因かと思いますが、ならばそのような径路がない単細胞生物や海綿は睡眠が不要なのかというと、どうなのでしょう? そのうち単細胞生物も眠るなどというデータも出てきそうな気がします。

最後に睡眠学専攻の林悠教授のサイトから(15)。

問題です──「動物はなぜ眠るのでしょうか?」
答えは──「わかっていない」

二つ目の問題──「動物は眠らないとどうなるでしょうか?」
答え──「みな死んでしまいます。その理由もわかりません」

このサイトを読んでいると、脳に必須の睡眠はレム睡眠(16)だそうです。レム睡眠時には身体は動きませんが脳の血流は2倍になっているそうで、その場合末梢血管の脈動によってリンパ液が流れ、シナプスの清掃がはかどりそうです。

 

参照

1)金谷啓之 生命科学 DOKIDOKI 研究室
https://www.terumozaidan.or.jp/labo/technology/50/03.html

2)ウィキペディア:睡眠
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9D%A1%E7%9C%A0

3)小泉修 神経系の起源と進化:散在神経系よりの考察 比較生理生化学 vol.33, no.3, pp.116-125 (2016)
https://www.jstage.jst.go.jp/article/hikakuseiriseika/33/3/33_116/_pdf/-char/ja

4)九州大学付属図書館 線虫 C. elegans ~約1ミリのモデル生物で切り拓く生命科学~: 神経系の構造と機能
https://guides.lib.kyushu-u.ac.jp/ModelOrg_Celegans/nervous_system

5)Richard A. Satterlie, Do jellyfish have central nervous systems? J. Exp. Biol. vol.214 (8): pp.1215–1223 (2011)
https://doi.org/10.1242/jeb.043687
https://journals.biologists.com/jeb/article/214/8/1215/10743/Do-jellyfish-have-central-nervous-systems

6)井上昌次郎 ヒトや動物はなぜ眠るのか バイオメカニズム学会誌,Vol.29, No.4, pp.181-184 (2005)
https://www.jstage.jst.go.jp/article/sobim/29/4/29_4_181/_pdf

7)Ravi D. Nath, Claire N. Bedbrook, Michael J. Abrams, Ty Basinger, Justin S. Bois, David A. Prober, Paul W. Sternberg, Viviana Gradinaru, and Lea Goentoro, The Jellyfish Cassiopea Exhibits a Sleep-like State., Current Biology vol.27, pp.2984–2990 (2017)
https://doi.org/10.1016/j.cub.2017.08.014

8)JICA海外協力隊の世界日記 魅惑の刺胞動物 〜クラゲから考えさせられる命名者のロマン〜
https://world-diary.jica.go.jp/takamaokuto/cat1581/1.php

9)Wikipedia: Hydra
https://en.wikipedia.org/wiki/Hydra_(genus)

10)金谷 啓之、伊藤 太一 刺胞動物を用いた概日リズム・睡眠研究  時間生物学 Vol.28, No.2, pp.87-93 (2022)
https://chronobiology.jp/journal/JSC2022-2-087.pdf

11)Kanaya, H. J.et al. A sleep-like state in Hydra unravels conserved sleep mechanisms during the evolutionary development of the central nervous system.
Sci Adv 6, eabb9415 (2020) DOI: 10.1126/sciadv.abb9415
https://www.science.org/doi/10.1126/sciadv.abb9415

12)佐藤 文, 金谷 啓之, 伊藤 太一 動物はいつから眠るようになったのか? – 脳のないヒドラから睡眠の起源を探る  Academist Journal (2020)
https://academist-cf.com/journal/?p=15108

13)J.A. Chapmann et al., The dynamic genome of Hydra. Nature vol.464, pp.592–596 (2010). https://doi.org/10.1038/nature08830
https://www.nature.com/articles/nature08830

14)戸田浩史 眠気の実体を探る〜ショウジョウバエを用いた睡眠研究
https://wpi-iiis.tsukuba.ac.jp/japanese/research/member/detail/hirofumitoda/

15)リガクル 睡眠は21世紀の今も謎だらけだ
https://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/rigakuru/research/uu4jELQj/

16)ウィキペディア:レム睡眠
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%A0%E7%9D%A1%E7%9C%A0

| | | コメント (0)

2024年2月13日 (火)

World music collection 8: Otta-orchestra

Otta_20240213121401

ロシアのインストゥルメンタルバンド。作曲家(リ・オッタ)が中心になってバンドを組織するというのはイージー・リスニングの世界などでは普通ですが、ポップスよりの世界では意外に珍しいと思います。バンドメンバーは出入り・バイトなど自由なゆるいチームのようですが、10年以上やっている人もいます。インターナショナルに受け入れられるバンドを目指していると思います。

メンバーの担当できる楽器は「ニャリンバの夜」というサイトに出ていたのでコピペしておきます
(https://luthier.blog.fc2.com/blog-entry-95.html)

リー・オッタ(作曲 プロデュース)

オルガ・コミッチ (エレキギター、シタール)
アラ・セリャコヴァ (アコーディオン、トロンボーン)
オクサナ・ポノマレバ (バイオリン)
エカテリーナ・メンツ (ベースギター、アコースティックギター、バンジョー、ブズーキ、ウクレレ)
マリヤ・カミシェバ (ドラム、パーカッション、ビブラフォン)
アレクサンドラ・サコビッチ (プサルタリー、シンバル)
アンナ・ベーミー (キーボード、フルート)

----------------------------

個人的ベストスリー

Dejavu
https://www.youtube.com/watch?v=YFVZdIJMajc

Dove
https://www.youtube.com/watch?v=J1-XGJ4GWvA

Travel to Marseille
https://www.youtube.com/watch?v=faslrmGicos

----------------------------

I promise to remember
https://www.youtube.com/watch?v=NyMpZipq8h8

Evening with Mauriat
https://www.youtube.com/watch?v=xNDSVGYFF0w

Whats going on?..
https://www.youtube.com/watch?v=epEpB-LZzCs

She is a Rock Star
https://www.youtube.com/watch?v=Tc1AgKt8xCI

Indeana
Otta-orchestra & Yarik-Ecuador
https://www.youtube.com/watch?v=5Z2wmcsXmJU

Shades of red
オクサナのプロモーションビデオみたいですが美しい曲
https://www.youtube.com/watch?v=dsvvWsNbdlk

Santorini: Greece
サントリニのプロモーションビデオみたいですが すごい風景
https://www.youtube.com/watch?v=s0PBh3NEX1M

Royal Safary
クラシックのオーケストラを取り込んで演奏しています
指揮とピアノを担当しているのが、ご本尊のリー・オッタ
https://www.youtube.com/watch?v=RHNbkBNbrr8

TURBO CLASSIC (Barát)
ダンサーとコラボ 軍隊を茶化している?
やるじゃん
ロシアを甘く見てはいけません
https://www.youtube.com/watch?v=VvMr4oPwsnI

Shades of Red
ソロをとっている男性が吹いている楽器 はじめて見ました
Duduk というらしい
https://www.youtube.com/watch?v=bc-_mNgJ5nY

Let me free
Photosession(Fan official)
https://www.youtube.com/watch?v=GKVQvt_OXRc

●●● "Iza Susumeyo" ●●●
めずらしくボーカル付き しかも日本語で歌っています
ヤマハのバンドコンテストにて
https://www.youtube.com/watch?v=uMj2kKLZISw

 

| | | コメント (0)

2024年2月10日 (土)

睡眠

睡眠学の権威であった井上昌次郎は2005年に出版した論文に次のように書いています:「ヒトや高等動物は連続運転に最も弱い臓器である大脳に頼って生きている.その大脳をうまく管理するための自律機能が睡眠である.つまり睡眠の役割とは大脳を守り,修復し,よりよく活動させることである」(1)。長い間その考え方は受け入れられてきましたが、最近では脳のない生物も睡眠をとることがわかってきて、事態は急変しました。続・生物学茶話でも近いうちに取り上げてみたいと計画しています。お楽しみに。

1)井上昌次郎:ヒトや動物はなぜ眠るのか
バイオメカニズム学会誌,Vol. 29, No. 4 (2005)

1a_20240210130001

3a_20240210130001

サラのおしりのにおいを嗅いでいるうちに、気持ちよくなって眠ってしまったミーナ。壁があったので普通の姿勢では眠れませんでした。

 

| | | コメント (0)

2024年2月 8日 (木)

夜間頻尿とのたたかい

Img_3299

私はスポーツジムに通ったことはありませんが、この青砥駅にあったポスターは素晴らしいと思いました。見ているだけでエンカレッジされる感じです。

私は自分の健康を顧みなかった時期があって、それで酷い目に遭ったので、最近は健康に留意するようにはしています。困っている事の1つは夜間頻尿で、よく八味地黄丸やユリナールのCMはみかけますが、めざましく改善されることはありませんでしたし(個人の見解です)、それに長期間いろいろな影響がある薬を飲むことが良いとは言えないでしょう。泌尿器科に行って処方してもらった方がベターだと思います。

私の近隣には泌尿器の医院がないので、方法はないかと模索していましたが、明らかに有効な方法は2つありました。1つはアルコールで、私的には焼酎20ml くらいで著効があります。これでたいてい3時間くらいは目覚めずに済みます。もう一つは布団乾燥機で、乾燥後2~3時間してから布団に潜ると、アルコールとの相乗効果で運が良いと朝まで目覚めないこともあります。多分温度の効果なので湯たんぽなども有効かもしれません。ただ夏になるとどうするんだという問題は残ります。すべて私という一例実験なので科学的根拠はありませんが、試してみる手はあると思いますよ。

 

 

| | | コメント (0)

2024年2月 6日 (火)

続・生物学茶話229: ヘリオロドプシン

アリーナ・プシュカレフらは新種の微生物ロドプシンを探索するため、イスラエル最大の淡水湖であるガリラヤ湖の微生物のメタゲノム解析(生物を培養しないでDNAの混合物から直接遺伝子を探索する)を行ないました(図229-1)。ロドプシン遺伝子があるとそれを含むDNAを大腸菌で増やしてレチナール分子を加えると着色するので、探索は比較的容易です。こうしてみつかった遺伝子を解析すると、今までみつかっている動物型ロドプシンでも微生物型ロドプシンでもない、新型のロドプシンが存在することがわかりました(1、2)。

2291a

図229-1 ガリラヤ湖の生物のメタゲノム解析により、プシュカレフらは新型ロドプシンを発見しました。

この新型ロドプシンは微生物型ロドプシンと同様にオールトランスレチナールと結合しますが、遺伝子配列の姻戚関係を調べるとホモロジーが低く非常に遠縁であることがわかりました。この新型ロドプシンには太陽という意味のヘリオ(ヒーリオ)からヘリオロドプシンと命名されました(図229-2)。そして驚くべき事に、ヘリオロドプシンは真正細菌・古細菌・真核生物さらにはウィルスにも存在することがわかりました。

2292a

図229-2 レチナールの光による構造転換 赤は動物型、黄色は微生物型 ただしヘリオロドプシンは細菌・真核生物・ウィルスに存在する。

ヘリオロドプシンは細胞膜7回貫通型というロドプシンの伝統的構造をとっていますが、従来の微生物型(タイプ1)や動物型(タイプ2)ロドプシンとDNA配列が大幅に異なるだけでなく、従来型の場合N末が細胞外、C末が細胞内に出ているのに対して、C末が細胞外、N末が細胞内に出ているという逆構造になっています(2)。したがって細胞内に露出するアミノ酸配列も全く異なっているので、細胞質のタンパク質と相互作用するにしても、三量体Gタンパク質などとは全く別のタンパク質をパートナーにしていると思われます。

2293a

図229-3 ロドプシンのC末・N末と細胞膜の内外 タイプ1:微生物型、タイプ2:動物型、ヘリオロドプシン 参照文献(2)より

ウィルスがロドプシンを持っているというのは非常に興味深いですが、そのウィルスは円石藻というハプト藻類に感染する20面体構造の巨大型DNAウィルスで、なんと472種類のタンパク質情報を保有しています(3)。円石藻というのは海にチョークの粉を流したような白潮を発生させる植物プランクトンですが(4、5)、人工衛星で確認できるような巨大なコロニーも、このウィルスに感染することによって1週間程度で消滅するようです(3)。

2294a

図229-4 円石藻とそれに感染する巨大ウィルス ウィルスの直径は 100–220 nm とウィキペディアに記述されていますが、なぜそれほどのバラエティがあるのかわかりません。巨大と言っても 200 nm のサイズでは光学顕微鏡では観察できません。画像はウィキペディアより。黄色い矢印はホストにとりついたウィルスを示しています。

名古屋工業大学の細島らは円石藻に感染する前記のウィルスのヘリオロドプシンがプロトントランスポータであることを報告しました(6、図229-5)。しかしこのプロトントランスポーターは円石藻に感染するすべてのウィルスが持っているわけではありません。確かにホストの細胞膜にこのウィルス(EhV-202) が存在した場合、ホストはプロトンがとりこまれることによって脱分極しますが、それがウィルスにとってどのようなメリットになるかはわかりません。とはいえ、ヘリオロドプシンの機能としてはじめての報告です。

2295a

図229-5 EhV-202 におけるヘリオロドプシンの機能 文献6および名古屋工業大学女性研究者紹介記事をソースに作成

ヘリオロドプシンは遺伝子データベース上ですでに500種類以上の類似分子種がみつかっており、さまざまな生物にユニバーサルに存在するタンパク質だと思われますが、にもかかわらず機能があまり解明されていないめずらしい例です。最近井上らは光を感知するロドプシンとイオンを輸送するベストロフィンが細胞膜の中で巨大複合体を形成してイオンチャネルとして機能していることを報告しています(7)。ヘリオロドプシンも複合体として機能するタンパク質なのかもしれません。

参照

1)Alina Pushkarev, Keiichi Inoue, Shirley Larom, Jose Flores-Uribe, Manish Singh,
Masae Konno, Sahoko Tomida, Shota Ito, Ryoko Nakamura, Satoshi P. Tsunoda, Alon Philosof, Itai Sharon, Natalya Yutin, Eugene V. Koonin, Hideki Kandori & Oded Beja., A distinct abundant group of microbial rhodopsins discovered using functional metagenomics., Nature vol.558, pp.595-599 (2018)
DOI:10.1038/s41586-018-0225-9
https://www.researchgate.net/publication/3258788ST)プレスリリース

2)光を信号へと変換するタンパク質の新型ヘリオロドプシンを発見 ~生物の新たな光利用戦略が明らかに~
https://www.jst.go.jp/pr/announce/20180621/index.html

3)Wikipedia: Coccolithovirus
https://en.wikipedia.org/wiki/Coccolithovirus

4)微細藻類のHABs 国立科学博物館
https://www.kahaku.go.jp/research/db/botany/habs/hab2i.html

5)ウィキペディア:ハプト藻
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%97%E3%83%88%E8%97%BB

6)Shoko Hososhima1, Ritsu Mizutori, Rei Abe-Yoshizumi, Andrey Rozenberg, Shunta Shigemura, Alina Pushkarev, Masae Konno, Kota Katayama, Keiichi Inoue, Satoshi P Tsunoda, Oded Béjà, Hideki Kandori, Proton- transporting heliorhodopsins from marine giant viruses., eLife 2022;11:e78416 (2022)
DOI: https://doi.org/10.7554/eLife.78416
https://elifesciences.org/articles/78416

7)井上圭一、永田崇、今野雅恵 世界初「光で駆動する巨大イオンチャネルタンパク質」を藻類から発見  物性研だより 第62巻 第3号 7~10ページ

 

 

| | | コメント (0)

2024年2月 3日 (土)

JR東海

所用で神戸に。今日はお天気に恵まれて、車窓から山々がすごいコントラストでくっきり見えました。写真は丹沢大山。美しい山です。鈴鹿山脈に突っ込んでいく新幹線も圧巻でした。

Img_0639a

お寺の猫「ハナ」は高齢ですが元気。丸々と太っています。なぜか犬みたいにつないで飼われています。

Img_0647a

JR東海はリニア品川-名古屋間だけでも7兆円以上使うようです(1)。そんなむちゃくちゃなお金を捻出するためにサービスが低下しているというのは気に入りませんねえ。

だいたい日本は人口大減少時代にはいる上に、今やリモートワークをやろうというトレンドの時代なんですから、どうして無理にリニアをやろうとするのかわけがわかりません。せめて売店一つくらいは残しておいてくれたらどうでしょうか。昔は移動販売+売店があったのですから。水がないと病状が悪化する人もいるかもしれません。

鉄道警察じゃなくかなり評判の悪い全日警(2)が回ってきますし、テロップのニュースもやめて企業コマーシャルだけになりました。

ともかくリニアはやめよう 川勝ファイト!

1)https://toyokeizai.net/articles/-/429753

2)https://en-hyouban.com/company/10004644778/

リニア中央新幹線 本当に必要なのか?

https://blog.goo.ne.jp/derkleineplatz8595/e/a3cac6a54a76a75d251691b8b501c8e9

 

| | | コメント (0)

2024年2月 2日 (金)

Walk down the memory lane 6: Marianne Faithfull

Photo_20240202092601

ベランダから飛び交う鳥たちをみていると、ときにマリアンヌ・フェイスフルの This Little Bird を思い出してしまいます。鳥はもちろん飛び続けているわけではないので、これは自分のことでしょう。

彼女は大学教授の家に生まれながら、両親の離婚によって幼い頃から修道院暮らしになります。17歳で結婚しますが数年で離婚し、あのローリングストーンズのミック・ジャガーとつきあうことになりますが、ドラッグに溺れて離別し、声も潰してしまいます。自分と歌が一体化しているひとです。

------------------------

この小さな鳥(私の拙訳)

誰かがよこした小さな鳥がいる
風に漂って生きるように地球につかわされた
彼は風の中に生まれ、風の中で眠る
誰かがよこした小さな鳥がいる

彼はふわふわと力なく、青空をはばたく
薄くて優美な羽を 陽光がつらぬく
小さな鳥は風に漂って生きる
誰かがよこした小さな鳥がいる

彼は空高く舞い上がる
人の目の届かないところへ
そして彼が地面に触れるのはたった一度
それは それは
それは この小さな鳥が死んだとき

Marianne Faithfull - This Little Bird 1965
https://www.youtube.com/watch?v=sInFKoezcyw
https://www.youtube.com/watch?v=ZeH52LTZ1ik

https://www.youtube.com/watch?v=YyfPiKoypxQ
彼女が猫を愛していたことがわかります

Marianne Faithfull- This Little Bird [HQ]
https://www.youtube.com/watch?v=INAaRVVfkts
現代の技術をもってすれば、こんなのもできてしまうんだ!
すごいとしかいいようがない・・・

Asher Quinn - This Little Bird
https://www.youtube.com/watch?v=WDgzSgLac9M
賛美歌のよう

------------------------

Marianne Faithfull - As Tears Go By
https://www.youtube.com/watch?v=l1HBnkugbnA
https://www.youtube.com/watch?v=uN_hBwytkt0
https://www.youtube.com/watch?v=zBpUf-TcIcg

As Tears Go By #overtime - Marianne Faithfull (intro by Mick Jagger) #nikkimurray
https://www.youtube.com/watch?v=_oiEkuYFgSE
恋人であったミック・ジャガーの紹介でステージで歌う
他に変声してからのものも含まれています

Rolling Stones and Faithfull-As Tears Go By (In TechniColor)
https://www.youtube.com/watch?v=aMDcdQtX4xA

Made in U.S.A (1966) by Jean-Luc Godard, Clip: Marianne Faithfull sings 'As Tears Go By.'
https://www.youtube.com/watch?v=16y-VwbSvkk
これも不思議な動画。カラー化しただけなのか??

Marianne Faithfull - As Tears Go By (Official Lyric Video)
https://www.youtube.com/watch?v=-efIjZ_1yQg

------------------------

Marianne Faithfull - What Have They Done To The Rain

オリジナルはサーチャーズで、アンチ原水爆実験の歌。 当時地上で原爆実験が行われ、日本人で被爆して亡くなった方もいました(第五福竜丸事件)。これは太平洋のマーシャル諸島周辺で、米国が設定した危険水域外で漁業の操業中であった第五福竜丸が被爆したことによります。この船は夢の島公園に展示されているそうです。

https://www.youtube.com/watch?v=z98NEVWGi2w
https://www.youtube.com/watch?v=dLc0lo-QGkU
https://www.youtube.com/watch?v=g9Kn7kxYEC0

歌詞:こちら

------------------------

Marianne Faithfull (ビートルズ)- Yesterday
https://www.youtube.com/watch?v=kOGWOsr33Ak

Marianne Faithfull (サイモンとガーファンクル)- Scarborough Fair
https://www.youtube.com/watch?v=m0IiPwwdw4I&list=PLFD460A60BFB6FBAD

Marianne Faithfull - Portland Town
https://www.youtube.com/watch?v=sRkYIgQnBgo

Marianne Faithfull - Something Better (Official Video) [4K]
https://www.youtube.com/watch?v=JIg49PAM2CY

Marianne Faithfull- Sister Morphine(Live)
https://www.youtube.com/watch?v=Q712oEHjlVA

声がダメになってしまった後のマリアンヌ ↑

Marianne Faithfull - Live at L’Olympia, 1966
https://www.youtube.com/watch?v=4SB8rwJlNM4

ウィキペディアによれば、彼女は2009年に World Lifetime Achievement Award を受賞し、今もご健在のようです。

 

| | | コメント (0)

2024年1月29日 (月)

2023~2024 団地鳥事情

Photo_20240129105901

うちの団地の留鳥は長い間 カラス、キジバト、ムク、ヒヨ、スズメ でしたが、どうも最近事情が変わりつつあるようです。これが地球温暖化の影響か、一時的なものなのかはまだわかりません

シジュウカラは毎年5月くらいにやってきて、7月には他の場所に移動するのが常でしたが、昨年は一部がずっと団地に長逗留して夏が過ぎ、秋が過ぎ、そしてついに現在に至るまで滞在しています。これはもう団地の留鳥といってもいいでしょう。

大規模修繕の時期が来て、昨年秋からずっと建物がベールで被われて窓やベランダから野鳥を見ることができなくなっていますが、春からまた観察できるのが楽しみです。工事の音はうるさいし、車や人がたくさん行き交う状況の中で、留鳥たちは逃げ出しもせずそれぞれの営みを続けているのが頼もしい。ただムクは少なくなった気がします。一方でヒヨはめずらしく群れがやってきました。ごく少数で過ごしていた団地ヒヨドリのジョージ3世たち(今は多分4世になっている)がどうこの状況に対処するのかが心配です。

(写真はウィキペディアより Laiche 氏がアップ)

大規模修繕には大勢の外国人が参加していて、たいてい片言の日本語は話せます。ほとんど素人みたいで「コワイヨー」などといいつつ作業をすすめています。監督は日本人で、これダメだからといって全部やり直させたり、監督自身が結局自分で作業したりしています。

 

| | | コメント (0)

2024年1月27日 (土)

高関健-東京シティフィル@ティアラこうとう 2024/01/27

雲ひとつない快晴の穏やかな冬の土曜日。マエストロ高関はリハや演奏会がない日はずっと家にこもって楽譜に向かっているそうです。しかしそれでは糖尿になってしまうので、夕方になると荒川の河原にカメラを持って出かけ、鳥の写真を撮影するのが趣味とのことで、Xには鳥の写真が満載です(1)。今日はそのマエストロ高関が指揮する東京シティフィルの演奏を聴きに、住吉のティアラ(江東公会堂)に出かけました。チケットは完売で会場は凄い熱気でした。

Img1a_20240127231601

今日の目玉はカーゲルのティンパニ協奏曲で、ソリストはオケマンの目等(もくひと)氏が務めます。これは20世紀の音楽ですが、リゲティなどと違って私にはとても理解しやすく、また様々なティンパニの技巧を楽しめる音楽でした。なにか新しい精神世界をのぞけたような気がしました。ティンパニ奏者がメガホンでうなるというのも、音楽的なつながりが感じられてそれなりに違和感は感じませんでした。ソリストはタコにならなければいけないので、身体がやわらかく痩身の目等氏はまさしく適任で、超絶のパフォーマンスを聴かせて(見せて)くれました。特に素手が素晴らしい。最後は例の頭を突っ込むやつで、終演後は皆さん写真撮影に余念がありません。

Img2a_20240127231701

後半びっくりしたのは本日のソリストが普通にオケマンとして登場してきたことで、これは今まで多分経験がなかったと思います。ドン・ファンもティルも素晴らしい音で魅了されました。ホルンはあのくらいぶっ放した方がドン・ファンらしいと思いました。ティルもアンサンブル頑張っていました。帰りにオケトラが正面玄関に停車していました。思わず撮影。

Img3a

1)https://twitter.com/KenTakaseki?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor

 

 

| | | コメント (0)

2024年1月25日 (木)

Walk down the memory lane 5: Sarah

Img_20240125124901

浜本沙良さんは1994年デビューで、2000年のアルバムを最後に引退したはずですが、なんと2023年にセカンドアルバムの「Truth of Lies」が再発売されました。サードアルバムからは Sarah という名前で活動していました。実はうちのサラは彼女の名前からいただいたものです。

A-2

引退後しばらくは YouTube へのアップもなく、このまま忘れられてしまうのかと危惧していましたが、しばらくぶりに検索してみると、なんと YouTube では大復活していてMVまで出ていたのには腰が抜けるほど驚きました。

それがこれです
https://www.youtube.com/watch?v=GlX3_ICDMgo

やわらかで、かつさわやかな声です。

タワーレコードによるとアンビエント系ポップスだそうで。

----------------

feelin’ blue (作詞・作曲 鈴木恵子・小森義也)
https://www.youtube.com/watch?v=nwRwXhohdQo

ドロドロした失恋ソングも、まるでドビュッシーの音楽を聴いているようなピュアリティー。

----------------

いつも eyes to me(作詞:夏野芹子、作曲:羽場仁志)
https://www.youtube.com/watch?v=lx6TaS5-hJw

この曲や Morning moon をiPodで聴きながらよく朝の通勤路を駅まで歩いていました。
Morning moon はアップされていませんでしたが、下記で聴けます。

Sara Hamamoto (浜本沙良) - Puff (1994) [FULL ALBUM]
Morning moon 25:58
https://www.youtube.com/watch?v=Lw8jIUVbLOI&list=PLDGfmWj8gXJNd7BI_igHRVIpbs4dX-cqU

----------------

さよならは天使のはじまり( 作詞:松井五郎  作曲:羽場仁志)
https://www.youtube.com/watch?v=SJM4kbWkZR8

これがデビュー曲

----------------

What is love
https://www.youtube.com/watch?v=gpbZSZr3xSM

この曲が売れなかったのが致命的でしたが、やっぱり羽場仁志の曲が当時のポップスや歌謡曲から離れていたせいだと思います。でも沙良にはぴったりとはまっていました。

----------------

風の輝く場所で
https://www.youtube.com/watch?v=JfWmIJsjZxw

春ある国に生まれ来て
https://www.youtube.com/watch?v=18YkJep-crk

雲のゆくえ
https://www.youtube.com/watch?v=2HrpQELUcos

くれない
https://www.youtube.com/watch?v=h0ExSh3dPlI

存在
https://www.youtube.com/watch?v=SMxzKerrpBo

ふたり
https://www.youtube.com/watch?v=PqdzOGgJijQ

優しい日々
https://www.youtube.com/watch?v=s9_oISN1t0o

沙良さんはこのブログに直接コメントをいただいた唯一の芸能人でもあります。

お元気でしょうか!?

 

| | | コメント (0)

2024年1月23日 (火)

続・生物学茶話228: 光遺伝子治療に向かって

CRISPR(クリスパー)-Cas9システムについてはすでにこのブログで7年前に述べていますが(1)、もう一度簡単に復習しておきましょう。このシステムはもともと原核細胞が感染したウィルスの遺伝子構造を自らのDNAに保管し、再度感染した際にその配列にエンドヌクレアーゼを誘導して切断するという免疫システムです。このシステムを利用すれば、任意の配列のDNAにエンドヌクレアーゼ(たとえばCas9)を誘導して切断できます。切断は2本鎖切断の形でおこなわれるので、生物が持つDNA2本鎖切断修復機能(相同組み換え機能)を利用して、外部DNAを挿入することもできます。

簡単に説明すると、ターゲットとなるDNAに相補的な配列(ガイド配列)と使うエンドヌクレアーゼと結合する部位の両者を持つRNAを制作し、エンドヌクレアーゼ(DNase)=Cas9などを切断箇所に誘導して2本鎖切断を行わせます(図228-1、2)。これによって遺伝子ノックアウト動物を作成したり、切断部位に外部DNAを組み込ませてノックイン動物を作成するなどの用途に用いられます。このシステムを利用して、遺伝子の変異が起きた細胞を正常な細胞に再生するなどということはまだできないので、「遺伝子編集」などという言葉は過大ですが、この技術が開発されてからもう20年以上経過しますので、新たな進歩もあります。今回はその一部を紹介しようと思います。

2281a

図228-1 CRIPR-Cas9 システムの概要

図228-1についてはもう少し説明する必要があります。Cas9というクリスパーシステムの中核であるエンドヌクレアーゼは類似した機能を持つ多くのタイプがあることが知られていますが、いずれ稿を改めて取り扱おうと思っていますので、ここでは詳しく述べません。ただ石野によれば古細菌の90%、真正細菌の50%くらいがクリスパーシステムを持っているようなので、バラエティーが多くても不思議ではありません(3)。例えばPAMという配列を認識してCas9はDNAと結合しますが、それは一定ではなく酵素によって認識する配列は異なります。たとえば化膿性レンサ球菌由来のCas9(SpCas9)のPAM配列は5’-NGG-3’(Nは任意の塩基)ですが、黄色ブドウ球菌由来のCas9(SaCas9)は5’-NNGRRT-3’(RはAまたはG)となっています(4)。

Cas9が機能するためには crRNA+tracrRNA または sgRNA が必要で、Cas9はこのRNAと相補的な配列を持つDNAを切断するとともに、対となっている反対側のDNAも切断します(図228-1)。よく研究されている Streptococcus pyogenes のCas9タンパク質の1次元マップを図228-2に示します(5)。一般的にCasタンパク質はRNAを認識するRECローブとヌクレアーゼ活性を持つNUCローブからなりますが、それらはサブユニットではなく、BH(ブリッジヘリックス)でつながっているひとつのペプチド鎖です(図228-2)。

2282a

図228-2 Casタンパク質の1次構造マップ

Streptococcus pyogenes のCas9タンパク質の場合、NUCローブは一次元的には分離していますが、生物種によっては分離していない場合もあります(6)。また最近よく使われるCas12a(Cpf1)の場合も分離しているものとしていないものがあります(6)。PAMを認識する部分は一般的にNUCローブに存在しています。

図228-3は西増らによって発表された Streptococcus pyogenes のCas9タンパク質の立体構造で、RECローブ、NUCローブ、sgRNA、ターゲットDNAの関係がよくわかります(7)。ただHNHとRuvCという2つのDNA切断活性を持つサイトが離れているので、ダブルストランドが同時に切断されるのではなく、HNHサイトで片鎖が切断された後、なんらかのコンフォメーションチェンジがあって、RuvCでの切断が行われると思われます。

2283a

図228-3 Streptococcus pyogenes Cas9 の立体構造 

佐藤らはアカパンカビの光受容体を使って、「青色光によって結合し、暗所で解離する」というタンパク質のセットを開発してマグネットシステムと名付けました。彼らはCasタンパク質のC末断片とN末断片を分離し、それぞれにマグネットタンパク質を結合させてから青色光を当てることによって、特定の場所と時間を決めてCRISPR-CasシステムをON/OFFすることに成功しました(8-10)。

2284a

図228-4 マグネットシステムを用いた標的遺伝子の切断

このことは将来、たとえば脳の特定の神経細胞の特定の遺伝子をノックアウトするというような、新しい脳疾患の遺伝子治療に道を開く技術であると言えます。このような治療が成功するためには、特にオフターゲット効果が小さい、すなわち標的でないDNAを切ってしまうエラーが少ないことが重要で(増殖を制御している部分を切ってしまうと癌が発生する可能性があるなど)、Cas12a(=Cpf1)はCas9よりもこの点で優れているようです。また青色光ではなく赤外光にレスポンスするセットの方が深部でも反応するのでベターでしょう。

古細菌、緑藻、アカパンカビなどの研究からクリスパー・キャス、光遺伝学、光遺伝子治療などという21世紀の驚異的なイノベーションが生まれてきました。こんなことは高級官僚や国会議員がいくら頭をひねっても思いつくことではありません。「選択と集中」は科学を陳腐なものにしてしまうのがオチであることを心に刻みましょう。研究材料が誰も関心のないような生物であったとしても、その研究者をバカにするのはやめましょう。

参照

1)やぶにらみ生物論95: クリスパー
http://morph.way-nifty.com/grey/2017/12/post-0ba2.html

2)ThermoFischer Accelerating ScienceLearning at the Bench 分子生物学実験関連 そういうことだったのか ! ゲノム編集実験(CRISPR/Cas9) ~第1回 CRISPR/Cas9システムの原理~
https://www.thermofisher.com/blog/learning-at-the-bench/gene-editing_bid_ts_1/

3)石野良純 奇妙な繰り返し配列クリスパーの謎
公研 2021年6月号「私の生き方」
https://koken-publication.com/archives/1036

4)M-hub CRISPR-Cas9とは?原理をわかりやすく解説!
https://m-hub.jp/biology/4829/332

5)西増 弘志 CRISPR-Cas9 の構造と機能 生化学 第 87 巻第 6 号,pp.686‒692(2015)
https://seikagaku.jbsoc.or.jp/10.14952/SEIKAGAKU.2015.870686/data/index.html

6)Alberto Cebrian-Serranom, Benjamin Davies, CRISPR-Cas orthologues and variants: optimizing the repertoire, specificity and delivery of genome engineering tools., Mamm Genome , vol.28: pp.247–261(2017) DOI 10.1007/s00335-017-9697-4
https://www.researchgate.net/publication/317799176_CRISPR-Cas_orthologues_and_variants_optimizing_the_repertoire_specificity_and_delivery_of_genome_engineering_tools

7)Hiroshi Nishimasu, F. Ann Ran, Patrick D. Hsu, Silvana Konermann, Soraya I. Shehata,
Naoshi Dohmae, Ryuichiro Ishitani, Feng Zhang and Osamu Nureki, Crystal Structure of Cas9
in Complex with Guide RNA and Target DNA., Cell vol.156, pp.935–949 (2014)
DOI:https://doi.org/10.1016/j.cell.2014.02.001
https://www.cell.com/cell/fulltext/S0092-8674(14)00156-1?_returnURL=https%3A%2F%2Flinkinghub.elsevier.com%2Fretrieve%2Fpii%2FS0092867414001561%3Fshowall%3Dtrue

8)佐藤守俊 ゲノムの光操作技術の創出 生物工学会誌 第 100 巻 第 8 号 pp.429–432.(2022)
DOI: 10.34565/seibutsukogaku.100.8_429

9)Nihongaki, Y., Otabe, T., Ueda, Y. and Sato, M., A split CRISPR–Cpf1 platform for inducible genome editing and gene activation. Nat Chem Biol 15, 882–888 (2019). https://doi.org/10.1038/s41589-019-0338-y
https://www.nature.com/articles/s41589-019-0338-y

10)東京大学プレスリリース ゲノム編集を制御する新たな技術 ~Split-CRISPR-Cpf1の開発〜 (佐藤守俊)
https://www.jst.go.jp/pr/announce/20190813/index.html

 

| | | コメント (0)

2024年1月19日 (金)

志賀原子力発電所で何が起こったか?

Shika_nuclear_power_plant_02

Hirorinmasa氏撮影(ウィキペディアより)

地震によって志賀原子力発電所(停止中)で起こったこと

1.多数のモニタリングポストが停止
2.外部電源5回線のうち2回線が使えなくなる
3.変圧器が破損
4.非常用発電機が1台停止
5.北陸電力グループ内のネットワーク回線が故障

わかっているだけで これだけのことが起こっているのですから おそらく配管の破断や配線の切断などまだ当局も把握していないような故障はあるに違いありません。

現在志賀原子力発電所は、なんと「人的リソースを復旧作業にメインに割り当てていて、現場によるメディアの取材は受け入れていない状況」でマスコミが取材できないという状況に陥っている状況のようです。

稼働していない状況でマスコミ対応ができないくらい慌てふためいているというのは驚きです。
稼働中に地震が来たらいったいどうなってしまうことやら・・・。
怖すぎます。

北陸電力プレスリリース
https://www.rikuden.co.jp/press/attach/24011799.pdf

原子力規制庁資料
https://www.nra.go.jp/data/000465120.pdf

東京新聞 志賀原発の周辺15カ所で放射線量を測定不能 モニタリングポストが「壊れているのか、埋まっているのか…」
https://www.tokyo-np.co.jp/article/300509

NHK
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240117/k10014325041000.html

読売新聞
https://www.yomiuri.co.jp/science/20240117-OYT1T50192/

白坂和哉ジャーナル 志賀原発の情報がなかなか出てこない理由
https://twitter.com/shirasaka_k/status/1747833706990206981
https://twitter.com/poloon2/status/1747874536102756521

情報速報ドットコム
https://johosokuhou.com/2024/01/19/71990/

清水潔(ジャーナリスト)
https://twitter.com/NOSUKE0607/status/1747755434256331263

 

| | | コメント (0)

2024年1月18日 (木)

World music collection 7: Elle Cordova (2023年に改名 以前は Reina del Cid)

Reinaandtoni

Toni (left),  Elle(=Reina, Right)

Elle Cordova (2023年に改名 以前は Reina del Cid)

改名の理由
https://www.youtube.com/watch?v=h76JgC3iYLc

Facebook
https://www.facebook.com/ellecordovamusic/?locale=ja_JP

Insragram
https://www.instagram.com/ellecordova/

相方は主に Toni Lindgren ですが、他のプレイヤーと演奏することもあります。

Slip Sliding Away - Paul Simon cover
https://www.youtube.com/watch?v=_3XRbW18NzQ

E-guitar を弾いているのがトニ レイナ(エル)は基本的にはポール・サイモンみたいに人生の面倒な側面を歌うのが好きな人だと思います。とはいえオールディーズのカバーが受けているのも事実。

-----------------

What I'm Losing (original song)
Reina del Cid ft. Josh Turner
https://www.youtube.com/watch?v=430qMTESTVk

このブログでもすでに登場しているジョシュ・ターナー(1)に手伝ってもらって歌ったオリジナル。ネガティヴな雰囲気だけど、それはそれでなかなかいいんじゃないかと思う。彼女はこういう曲を歌いたい人  世界中に忘れ物(笑)

1) http://morph.way-nifty.com/grey/2023/12/post-569871.html

-----------------

The Sound of You (original song) -
Reina del Cid  Guitar:James Will
https://www.youtube.com/watch?v=GXPCNJBQGwo

とても内向的な歌 

-----------------

The Garden (original song)
相棒の Toni と
https://www.youtube.com/watch?v=Mzvw0Hg_G5o

-----------------

Take Me Home, Country Roads - John Denver
Reina del cid and friends
https://www.youtube.com/watch?v=q2dbtA_NXpc

私が初めてレイナ・デル・チッドという人を知ったのはこの動画 ストレートに伝わってくるものがありました

-----------------

Delta Dawn - Tanya Tucker
Reina del Cid and The Petersens
https://www.youtube.com/watch?v=C9s3Cns_I9I

すでに登場の The Petersens(2) と共演
2)http://morph.way-nifty.com/grey/2023/12/post-d0e0c6.html

-----------------

How Deep Is Your Love - Bee Gees cover feat. Josh Turner, Reina del Cid, Carson McKee
Toni Lindgren
https://www.youtube.com/watch?v=6IZphtFaPCE

やっぱりビージーズはハートフェルト カバーしてくれるのは嬉しい

-----------------

The Sound of Silence - Simon & Garfunkel cover
Reina del Cid and Toni Lindgren
https://www.youtube.com/watch?v=BZ5CJlccy1A

大ヒットした曲ですが、歌詞は今見ても難解

-----------------

Octopus's Garden - The Beatles
Reina del Cid, Toni Lindgren, and Travis Worth
https://www.youtube.com/watch?v=A9U0g-5r4P0

ビートルズがこんな愉快な曲を作っていたとは知りませんでした

-----------------

Fireflies - Owl City
feat. Kent Nishimura and Toni Lindgren
https://www.youtube.com/watch?v=KWnH23lgHOY

来日した際に大阪の日本家屋で収録 ケント・西村と共演

-----------------

The Lucky One - Alison Krauss
covered by Reina
Guitar - Toni Lindgren
Bass - Andrew Foreman
Mandolin - David Robinson

https://www.youtube.com/watch?v=2gkrkjt86ow

-----------------

ライブ Caffe Lena
Runner in the Sun (original song)
https://www.youtube.com/watch?v=xMJzqCaNG3M

ライブ冒頭の配信 コードが未結線で慌てる(笑)

-----------------

 

                                           

| | | コメント (0)

2024年1月15日 (月)

Walk down the memory lane 4: Itsuwa Mayumi

Photo_20240115121801

Recorded at Paris

五輪真弓ももう50周年を過ぎて、若い方々の中には知らない人も増えてきたと思います。ウィキペディアによると、女性としてはソニー在籍最長を誇るそうです。キャロル・キングに憧れて歌手になったそうですが、なんとデモテープをキャロル・キングに送ったら高評価で、キング自身が米国でのデビューアルバム制作に参加するという夢のようなデビューをした方です。

デビュー当時はかなり独特なテイストの音楽をやっていましたが、しだいに歌謡曲的作風に傾斜していって、「恋人よ」は大ヒットしました。私のお気に入りは12番目のアルバム「窓~せめて愛を~」で、当時(1983年)ちょうどCDの勃興期で、パリで録音されたこのアルバムはレフェレンス的な音質の良さで、CDの良さをみんなに知らしめた1枚だったという記憶があります。

全体的にノスタルジーやゆったり感があって、こういう風な気分で生きられた時代でもあったんだなとと感慨にふけりました。「海と風と砂と」という曲は YouTube では長い間見かけませんでしたが、最近その存在に気がつきました。

海と風と砂と(Sea, wind, and sand)

A watch, lost at seaside
It had been long forgotten.
The memory was lost in the sand.
The sea calls "return here to recall memories"
But seaside is deadly calm.
It's autumn now.

https://www.youtube.com/watch?v=LjHRw7bWM4M

---------------

Wind and Roses

A rose flower in my mind
was lost by a strong wind
But the memories of love remain in my heart

I think this version is the best.
https://www.youtube.com/watch?v=NDzCXlLMzks

Othe versions:

https://www.youtube.com/watch?v=x0wdyfy6Xlw
https://www.youtube.com/watch?v=-cnm4s0jndI
https://www.youtube.com/watch?v=wbu26I5j5YM

---------------

空 (Sky)

The skyscrapers look like a mirage.
But when birds sing, the sky between them
reminds me of the real life therein.

https://www.youtube.com/watch?v=FoqtquoGuQc

https://www.youtube.com/watch?v=kXVySbcnoTw

---------------

せめて愛を (Love, at least)

I'll wait for him untill late in the night.
The baby is crying on my knee.
I may read a fairy tale for you.
Please sleep and dream.
I never turn off the light until he will return home.

https://www.youtube.com/watch?v=A7DFgCf_Czc

---------------

時計(Clock)

Streetpassers look us through windows.
They may think of us as a happy couple.
But he is talking about the subject of separating.
I talk to him seriously while he glances at the clock

https://www.youtube.com/watch?v=CqT8aPApk2A
(start from about 1:00 minute)

https://www.youtube.com/watch?v=CqT8aPApk2A

---------------

抱きしめて (愛は夢のように) Give me a hug

Please come forward and give me a hug
before say goodbye.

https://www.youtube.com/watch?v=dzm0mkQqF1U

---------------

少女  (Girl)

Debut single, Live

https://www.youtube.com/watch?v=7jG8bC9md2s

---------------

1980~  Good days.....

Img_1722a_20240115123001

 

| | | コメント (0)

2024年1月13日 (土)

下野竜也ー都響 ブルックナー交響曲第1番(1891ウィーン稿)

Img_0045

若い人は知らないと思いますが、東京芸術劇場の5Fへのエスカレーターは現在はこの写真の目線の方向に左側の壁にくっつけて運転していますが、昔は空中を支えもなく、この写真の右側に見えるように空間をただよって1F→5Fに運転していました。3.11のときはそのような状態だったので、いったいどんなに揺れたのでしょうか? 想像するだけでも身震いがします。

今日は首都圏のブルオタ全員集合のような演奏会だったので(めったに演奏されない交響曲第1番)、遠慮してもよかったのですが、あえて出席しました。コンマスはボス矢部・・・雨どころか雪になってしまいました。しかもマイナス4℃。雨男は返上で雪男になるか! サイドはマキロン。まあとりとめのない曲でしたが、部分部分はやっぱりブルックナーで、まあこんなものか? 指揮者はシモーノで素晴らしかったと思います。よくこの曲をここまで聴かせてくれました。ブルオタ勢は盛り上がっていました。最後になりましたが、津田さんのピアノ(モーツァアルト ピアノ協奏曲第24番ハ短調 K.491 )はとても品の良い演奏で感服しました。ただ個人的には20番と21番が圧倒的に好きなんですよね。

ともかく眠りはしませんが眠い演奏会でした。そうだよなミーナ。

333a_20240113184501

 

| | | コメント (0)

2024年1月11日 (木)

Walk down the memory lane 3: Lorin Maazel

Photo_20240111181901

ロリン・マゼールは2006年に亡くなりましたが、私たちに多くのプレゼントをCDや Youtube に残してくれました。

いまはもう廃れてしまったCD-Rによるロリン・マゼール指揮バイエルン放送交響楽団のマーラー全集。ウィーンフィルとのCDがあるのですっかりマイナーになりましたが、内容はすごいと思います。

うそだと思うならこの Youtube の演奏を聴いてみてください。バイエルン放送交響楽団と演奏したマーラーのアダージェットです。

Gustav Mahler "Adagietto"  by Lorin Maazel and Bavarian Symphony Orchesta

https://www.youtube.com/watch?v=L1ZIG9c8ikE

FCバイエルンと共に

https://www.youtube.com/watch?v=wvFk_E8PfFg

アリアCDの松本社長の解説:EN LARMESからリリースされておそるべき全集録音となったマゼール&バイエルン放送響によるマーラー・ツィクルス。まさに21世紀の誇る最大最高のマーラー演奏。GREAT BOXというレーベルから格安セットで登場。分売もあり。

え お前は退屈だって!? まあ仕方ないか・・・

222a

 

 

| | | コメント (0)

2024年1月 9日 (火)

半島のマリア 第14話:捜査(第1話 風穴 から続く)

Photo_20240109121301

 第一発見者がホトケの知り合いだったとは何という幸運だろう。なにしろホトケは外国人らしい上に、スマホもパスポートも所持していなかったのだ。身元が確認できそうなので、関係者から話を聞けば自殺の理由も推定できるだろうし、すぐに処理できる案件だと小室は判断した。しかし検死の結果はあまり芳しいものではなかった。死因がはっきりとしないらしいのだ。結局血液を科捜研で検査してもらうことになって、時間がかかることになった。しかも米国人とはいえなかなか係累がみつからず、引き取り手がないまま屍体を保管することになって想定外の面倒な事態になってしまった。

 そしてしばらくすると、科捜研からとんでもないことがわかったと知らされた。血液から日本でも米国でも使用が許可されていな筋弛緩剤と思われる薬物が検出されたということだ。しかもそれは非常に不安定な物質で死体が凍結状態にあったのでなんとか検出できたが、正確な化学構造は決められないというのだ。
 
 折から富士山の噴火が近そうだと言うことで、県警は多忙を極めていたが、ともかく科捜研の報告を受けて今後の方針を決めるための会議が幹部を集めて行われた。簡単には解決できそうもない殺人事件の捜査本部を立ち上げるのは大きな負担になる。ホトケが外国人でしかも未登録の薬物による殺人と言うことになると、外国の組織による謀殺という可能性が高い。しかしそこで問題になったのは、小室刑事が第一発見者からきいたという、ホトケと関係があったとみられる日本人の女性が同時に行方不明になっているという話だった。そっちは東京の事件なので、投げられるものなら警視庁に投げたいという意見も出た。もちろん合同捜査本部を立ち上げるべきだという意見もあった。しかし会議をやっている最中にもやや大きめの地震が発生して室内灯が点滅しはじめると、みんな黙り込んでしまった。

 そんなときに警視庁から朗報?がもたらされた。マノス社関連の二人の行方不明の件は公安の外事で前からやっているので、今回の山梨の事件は警視庁で非公開の捜査を行なうということだった。県警は一気に安堵の雰囲気で充たされた。しかし「どうぞ」とは言えない。ロスバーグの死体の発見現場はあくまでも山梨なのだ。小室とあと一人英語が堪能な中野を地震関係の動員からはずしてこの事件の専従とし、警視庁の了解をとって捜査に参加させることとした。

 とはいっても警視庁の公安が田舎の刑事と情報共有するはずもなく、結局自分たちが東京で捜査しても黙認するということになったと小室は理解した。とりあえず樹海の死体を通報してくれた二人に会うことからはじめようと、建二が勤めるマノス社に行った。あらかじめ早智さんにも来てもらうようにと連絡を入れておいたので二人から話を訊くことができた。

「先日はご通報有難うございました。今日は亡くなったエディさんのことと、先日伺いました同時期に行方不明になったという玲華さんのことについてうかがいたいのですが」と小室が用件を告げると、建二は「それなら私は顔見知り程度なので、早智に訊いてもらったほうがいいと思います」と答えた。

「では早智さん、エディいやエドウィン・ロスバーグさんのことについて、ご存じのことをお話しいただけますか」
「エディさんのことはあまり知らないんですよ。私の友達の玲華がここからシンガーとしてデビューすることになっていて、同じ会社のエディさんとお付き合いしているという話は聞いています」
「ではエディさんが誰かに恨まれているとか、仕事上のトラブルとかはありませんでしたか」
「わかりません」
建二も「それは知りません」と答えた。
「玲華さんについてはどうですか」
「ふたりが行方不明になった年の夏頃ですが、最近エディが会ってくれないと玲華が言ってました」
「ほう でその理由はわかりますか」
「いえ わかりません。でも京子か田所先生には何か話しているかもしれません」
刑事達は彼らの住所をメモして「ご協力有難うございました」と言い、立ち去った。

 小室らはマノス社の他の社員にも当たってみたが、唯一長谷川部長から有益な情報が得られた。それはエドウィン・ロスバーグはマノスに出向という形をとっていたが、実際には米国政府のエージェントだったということだ。それで血液から検出された特殊な筋弛緩剤や、警視庁の公安が関心を持っていることとつながった。ならば玲華は巻き添えを食った可能性が高い。
 中野は「こんな事件 うちらで解決できますかねえ」と弱音を吐いたので、小室は「若い女性が行方不明になっているんだよ。次はロスバーグの自宅があった場所に行ってみよう」とせきたてた。

 世田谷の閑静な住宅街の一角にあるマンションの管理人は、エディのことをよく覚えていた。「前にも警察に話したんだけど、おとなしくて礼儀正しい人でしたよ。よく日本語で挨拶してくれました」と話してくれたが、「何かトラブルのようなことはありましたか」と訊くと、「神奈川の警察から車が放置されていたので、警察で保管している。引き取りに来るように伝えてくれという電話がかかってきたことがありました。エディさんが不在だったので、管理人に連絡が来たたのでしょう。でもそれから一度もエディさんを見ていません」と答えた。重要な情報だが、こんどは神奈川だ。これは署長を通さないとまずい。しかしまずいついでに残る田所という人物にも会っておこうということで、翌日ふたりは半島の田所の家を訪問することにした。

 早智の教えられたギター教室のパネルのある小径を下っていくと田所の家に着いた。田所は玲華やエディ、そしてひろたんやドローンのことも隠さず話した。ただ玲華の行方についてひろたんに聞いたことだけは話さなかった。

「ああそうだ。広田らが攻撃を受けた吹き矢を1本預かっているんですよ。フリーザーに入れてありますが、持って帰りますか?」と達也が言うと、小室はエディの血液から出た不安定な筋弛緩剤のことをすぐに思い浮かべた。

「それは不安定なものかもしれないので、あらためて準備をして受け取りにきます。それまでそのまま保管しておいてください」と小室は達也に頼んだ。田所邸を辞したあと、京子の家にも立ち寄ったが、残念ながら京子は不在だった。しかしたった2日間の聞き取りで大きな成果を得たことに小室達は興奮した。ただ田所の話に出た旧灯台にも立ち寄ったが、ボタンを押しても応答がなく、駐車場にも車はなくて人の気配が感じられなかった。さすがに撤収したのだろう。事件のストーリーはだいたいわかったが、玲華さんの行方については残念ながら情報は得られなかった。

 山梨に帰ると、いよいよ富士山が噴火するという情報がはいっていて県警には緊張が高まっていた。小室は噴火がおきてしまったら、あのエディの死体の発見現場もどうなってしまうかわからない、もう一度みておこうという気持ちがたかまってきた。帰投翌日、中野に「神奈川はあとにして、ともかくもう一度富士風穴に行こう」と言って、二人で再び死体発見現場に向かうことにした。
 
 富士風穴は観光客もなく、静かに彼らの到着を待っていた。発見現場はそのままというより、崩壊が進んでいてより危険な状態になっていた。中野は「もう一度大きいのが来るとうちらも埋まってしまうかもしれませんよ」としりごみしたが、小室はいさいかまわず穴に降りていこうとしたとき、中野の予想が当たって大きな揺れが来た。小室は階段を踏みそこない尻餅をついた。揺れはおさまらず、大きな崩壊が起こって、砂が舞い上がり何も見えなくなった。ふたりは砂埃がおさまるまでしばらく待つことにした。

 揺れが収まり、しばらくして砂埃も薄らいでくると中野が奇声をあげた「あれー、死体がまた出ましたよ」。土砂の中に人間らしきものが横たわっているのが見える。小室は「なに あ ほんとうだ」ともう一度降りていこうとした。そのとき中野がもう一度奇声をあげた「あれー マグマです マグマ」。小室が洞窟の方を見ると、マグマが一気に噴き出してくるのが見えた。小室は大声で叫んだ「退却だ、退却」。二人は全力で車まで走り、中野が震える手でハンドルをにぎってアクセルをふかした。小室が後方を見ると、マグマの「しぶき」のようなものが見えた。全身の血が逆流してきた。無線をとって小室は署に「噴火が始まりました」と時間と場所、噴火の状況などを報告した。報告を終わり、もう一度後ろを見るとマグマは見えなくなっていた。小室は中野に「事故を起こすなよ、落ち着いて運転しろ。もうマグマは見えないから大丈夫だ」と指示した。小室は心の中で、「これでもう県警でエディ達の事件に関心を持つ者など誰もいなくなるだろう」とつぶやいた。しばらくして中野は「今日見たのは男性のようでした。玲華さんではありませんね」と言った。小室はマグマに埋まってしまうであろう、新たにみつかった死体に手を合わせた。

(完)
 
この作品に含まれる物語はすべてフィクションです。実在の人物、団体、事件などにはいっさい関係ありません。

通読するにはサイドバーのカテゴリー 小説(story) をクリックしていただきますと便利です。なお第14話の写真は wikimedia commons の資料を使わせていただきました。

 

| | | コメント (0)

2024年1月 8日 (月)

続・生物学茶話227:  チャネルロドプシン

最初にロドプシンを同定したのは誰か? de Grip と Ganapathy のレビュー(1)のイントロダクションをみると、それは Katharine Tansley らしいです。彼女の論文は1931年に単独名で出版されていて(2)、visual purple という物質が明るい場所では消費されつくしていて、暗い場所に移るとそれが再合成されて次第に見えるようになるというプロセスを測定しています。George Wald はそれがレチナールとタンパク質の複合体であろうと述べていますが、まだ証明できませんでした(3)。結局ロドプシンのタンパク質部分=オプシンの構造は1980年代に Hargrave らによって明らかにされました(4)。そして結晶化されて21世紀以降理研などで詳細な立体構造の解析が行なわれました(5、6)

真核生物のロドプシン(オプシン+レチナール)はGタンパク質共役型受容体(GPCR)型の膜タンパク質で、そこに含まれるレチナールが光が当たることによって異性化し、タンパク質が構造変化を起こしてGタンパク質を活性化するというメカニズムで視覚に貢献しています。古細菌も類似したオプシン+レチナールのGPCR型ロドプシンを持っていますが、それとは別に7回膜貫通型ではあってもGPCRではないライトセンサーも存在することが知られています。このあたりは以前に生物学茶話で書いています(7)。これ(7)は実は個人的にお気に入りの記事です。

しかしここまでの話は、脳科学とは視覚にかかわるという意味でしか関連がありませんでした。神経細胞と関連が深い「非特異的陽イオンポンプ」としてのロドプシンが注目される端緒は、ヘーゲマンらがクラミドモナスという緑藻類でチャネルロドプシンらしき物質を報告した(8)ことでした。ヘーゲマンらは人口が15万人くらいのレーゲンスブルクという田舎町の大学で研究を進めていましたが、この研究はたちまち注目を集め、マックスプランク研究所のプロジェクトとなって次のようなことがわかりました(9)。1)クラミドモナスの細胞膜にあるChR2というロドプシンは、光を吸収することによって陽イオンを非選択的に透過させる 2)ChR2は7回膜貫通タンパク質であり構造的にGPCRと類似しているが、機能的には全く異なり陽イオンを透過させるためのモチーフを持っている 3)ChR2は光を照射することによって細胞を脱分極させる。このことは光照射によって神経細胞の脱分極を誘導できることを意味し、神経生物学・脳科学にとって革命的な意義を持ちます。

2271a

図227-1 チャネルロドプシンによる脱分極 (写真はウィキペディアより)

クラミドモナス(10)は単細胞生物ですが、眼に相当する構造を持っています。眼に光が当たることによってチャネルロドプシンの作用で陽イオンを取り込み、そのタイミングで鞭毛のビーティングを制御して動く方向を決めているようです。詳しいメカニズムについては文献(11)をご覧ください。単細胞生物であるにもかかわらず、私たちの「眼→神経系→運動器官の制御」と同様なことをやっているのには驚かされます。

2272a

図227-2 クラミドモナスの構造 4のアイスポットで光を検知し、1の鞭毛のビートタイミングを決める

クラミドモナスのChR2(チャネルロドプシン2)は最初に動物の神経細胞を興奮させるツールとして用いられたことで有名ですが、現在では多くの研究室で使われています。その開閉メカニズムはタンパク質構造の研究者にとって重要な研究ターゲットですが、東大物性研の柴田らによると、光照射によってレチナールが構造変化を起こした結果、周囲のヘリックスが押し出されてチャネルが開き、流入した水の影響でレチナールのシッフ塩基がプロトン化されることによってもとにもどるというメカニズムのようです(12、13、図227-3)。まあ私のような者にとっては猫に小判ですが、そのような説明で納得しておきます。

2273a

図227-3 ChR2(チャネルロドプシン2)の開閉メカニズム 細菌型ロドプシンの場合、光が当たっていないときはレチナールは直線型(オールトランス)で、光が当たると13シス型となり折れ曲がる

細胞膜7回貫通型でポケットにレチナールを装備するタンパク質=ロドプシンは、光を利用するためのツールとして細菌・古細菌の共通祖先の時代から存在し、真核生物にも引き継がれてきました。真核生物の場合伝統的なオールトランス型に光が当たると13シス型に変化するタイプとは別に、新しく11シス型に光が当たるとオールトランス型に変化するタイプのシステムを開発しました。図227-4では前者の伝統的なタイプのロドプシンの進化的系譜を示してあります(14)。

機能別に分類すると、いまのところ4種のようで、トリチウムポンプ、塩素ポンプ、光センサー、陽イオンチャネルに分類されています。真核生物の伝統的ロドプシンは細菌に近いものと、古細菌に近いものがあり、クラミドモナスなどのチャネルロドプシンは細菌のトリチウムポンプに近いようです(図227-4)。これはミトコンドリアを介して受け継いだものかもしれません。

2274a

図227-4 細菌型ロドプシンの系譜 動物型ロドプシンは11-シス型レチナールを発色団にしていますが、細菌型ロドプシンはオールトランス型を発色団にします。両者は進化の初期の段階で分かれて、それぞれ独自に発展していきました

これらの他にも細菌型ロドプシンには、酵素活性をもつものや非特異的アニオンチャネルや方向性のあるものなどさまざまなタイプが最近みつかっています(15)。ロドプシンは細菌・古細菌・真核生物にみつかっていますが、いわゆる植物にはみつかっていないようです。

 

参照

1)Willem J. de Grip and Srividya Ganapathy, Rhodopsins: An Excitingly Versatile
Protein Species for Research, Development and Creative Engineering., ront. Chem. 10: article 879609. (2022) doi: 10.3389/fchem.2022.879609
file:///C:/Users/Owner/Desktop/%E5%85%89%E9%81%BA%E4%BC%9D%E5%AD%A6/channel%20rhodopsin/de%20Grio.pdf

2)Katharine Tansley, The regeneration of visual purple: its relation to dark adaptation and night blindness., J Physiol., vol.71(4): pp.442-458. (1931)
doi: 10.1113/jphysiol.1931.sp002749
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1403094/

3)George Wald, CAROTENOIDS AND THE VISUAL CYCLE,
J Gen Physiol, vol.19 (2): pp.351-371. (1935)
https://doi.org/10.1085/jgp.19.2.351
https://rupress.org/jgp/article/19/2/351/11495/CAROTENOIDS-AND-THE-VISUAL-CYCLE

4)P. A. Hargrave, J. H. McDowell, Donna R. Curtis, Janet K. Wang, Elizabeth Juszczak, Shao-Ling Fong, J. K. Mohana Rao & P. Argos, The structure of bovine rhodopsin., Biophys. Struct. Mechanism vol.9, pp.235–244 (1983). https://doi.org/10.1007/BF00535659
https://link.springer.com/article/10.1007/BF00535659#citeas

5)Krzysztof Palczewski, Takashi Kumasaka, Tetsuya Hori, Craig A. Behnke, Hiroyuki Motoshima, Brian A. Fox, Isolde Le Trong, David C. Teller, Tetsuji Okada, Ronald E. Stenkamp, Masaki Yamamoto, Masashi Miyano, Crystal Structure of Rhodopsin: A G Protein-Coupled Receptor., Science vol.289, pp.739-745. (2000)

6)理化学研究所 プレスリリース 視覚に関わるタンパク質の超高速分子動画
-薄暗いところで光を感じる仕組み-
https://www.riken.jp/press/2023/20230323_1/index.html

7)続・生物学茶話 112: 光を感じるタンパク質 
http://morph.way-nifty.com/grey/2020/09/post-453128.html

8)Peter Hegemann, Markus Fuhrmann, and Suneel Kateriya, Algal sensory photoreceptors., J. Phycol. vol.37, pp.668–676 (2001)
https://www.annualreviews.org/doi/abs/10.1146/annurev.arplant.59.032607.092847

9)Georg Nagel, Tanjef Szellas, Wolfram Huhn, Suneel Kateriya, Nona Adeishvili, Peter Berthold, Doris Ollig, Peter Hegemann, and Ernst Bamberg, Channelrhodopsin-2, a directly light-gated cation-selective membrane channel., PNAS vol.100(24), pp.13940-13945 (2003)
https://doi.org/10.1073/pnas.1936192100
https://www.pnas.org/doi/abs/10.1073/pnas.1936192100

10)Wikipedia: Chlamydomonas
https://en.wikipedia.org/wiki/Chlamydomonas

11)植木紀子、若林憲一 緑藻クラミドモナスの走光性と細胞レンズ効果藻類の「眼」の赤い色の役割 Kagaku to Seibutsu vol.55(6): pp.366-368 (2017)
https://katosei.jsbba.or.jp/view_html.php?aid=796

12)東京大学物性研究所 物性研ニュース 光遺伝学の中心的なツール、チャネルロドプシンのチャネル開閉メカニズムを新開発時間分解ラマン分光系で解明! 
https://www.issp.u-tokyo.ac.jp/maincontents/news2.html?pid=18613

13)Keisei Shibata, Kazumasa Oda, Tomohiro Nishizawa, Yuji Hazama, Ryohei Ono, Shunki Takaramoto, Reza Bagherzadeh, Hiromu Yawo, Osamu Nureki, Keiichi Inoue, and Hidefumi Akiyama, Twisting and Protonation of Retinal Chromophore Regulate Channel Gating of Channelrhodopsin C1C2., J Am Chem Soc vol.145(19): pp.10779-10789. (2023) doi: 10.1021/jacs.3c01879.
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/37129501/

14)Oliver P. Ernst, David T. Lodowski, Marcus Elstner, Peter Hegemann, Leonid S. Brown,
and Hideki Kandori, Microbial and Animal Rhodopsins: Structures, Functions, and
Molecular Mechanisms., Chemical Reviews vol.114, pp.126-163 (2014)
https://doi.org/10.1021/cr4003769
https://pubs.acs.org/doi/full/10.1021/cr4003769

15)井上佳一 ロドプシンを用いたオプトジェネティクスの最前線 生物工学会誌 vol.100, no.8, pp.420-424 (2022)
https://www.jstage.jst.go.jp/article/seibutsukogaku/100/8/100_100.8_420/_pdf

 

 

| | | コメント (0)

2024年1月 6日 (土)

半島のマリア 第13話:ドローン

Dorone1

 達也は半島の自宅にいたので、東京で何が起こっているのか全く知らなかったが、京子が訪ねてきて詳細を伝えてくれた。達也にも玲華が失踪する理由は全くみつからなかった。これからデビューしようとしている玲華が自ら姿を消すなんてことは考えられない。エディと付き合っていたという話には驚いたが、そういえばエディと会ったときに玲華を呼び捨てにしていたことを思い出した。しかしそのエディも行方不明とはいったい何が起こっているのだろう。京子と共に首をかしげたまま、しばらく沈黙が続いた。しかしじっとしていてもはじまらない。何かをやらなくてはいけない。

「駆け落ちする理由なんてないし、全然訳がわからない。ともかくスマホに連絡がきてるかもしれないから見てみよう 京子もみてくれ」
「わかった。うーん ないわね。そうだ、クラウドストレージになにかあるかもしれないから、念のために見てみるね。あれっ なにかあるわ」
「どれどれ、あーこれは鍵かかってるね」
「鍵かかってる玲華のファイルなんて、見たことない。いやこれフォルダーよ。フォルダーごと鍵かかってる。先生のPCにコピーして調べてみて」
「わかった コピーしよう。これヤバいファイルかもしれないからストレージからは消しとくね」
「そうしてください。こんなの抱えたままスマホを使うのは気持ち悪いし」
「昔会社にいた頃の部下に送って解錠できないか訊いてみるよ。会社には高性能のコンピュータがあるし、そいつはおたくだからなんとかなるかもしれない」
「先生、こんなことやっていて私たち大丈夫ですか?」
「でも玲華の居所を知るためのヒントがあるかもしれないよね。身代金の要求とか誘拐の証拠がなければ、行方不明者の捜索なんて警察が本気でやってくれるとは思えないからね。このフォルダーのことは当分秘密にしておこう。一応早智にも事情を話しておいてくれ。見たかもしれないからね」

 それから数日後にひろたんが達也の家にやってきた。昼食を作ってやって一服すると、彼は達也を散歩に誘って展望台まで行くことになった。達也もそこに行くのは久々だった。

「いつきてもここは気持ちがいい」
「灯台を見ろよ。今日は乗用車のほかに、大型のワゴンが止まっている」
ひろたんは双眼鏡を取り出して、その車を注視した。
「ワゴンは米国式のナンバープレートをつけてる。ひょっとするとネイビーの車かもしれんな」
「だとするとどうなんだい」
「ひょっとするとだが、あそこに玲華ちゃんがいるかもしれないよ」
「ええー それどういうこと?」
「お前は知らない方がいいことだ。明日あそこを訪問する予定なんだ。それで相談なんだが、明日1日お前の家を貸してくれないか、頼むよ ただヤバいことになる可能性もあると思っていてくれ」

 玲華がいるかもしれないなどと言われては、達也もこの申し出を断るわけにはいかない。了承するとひろたんは懐から分厚い封筒を差し出した。達也が断ると、「これは自分からの謝礼ではなくて、必要経費として上から出ているお金なんだ。だから受け取ってくれ。」と懇願された。「上って」と訊くと、「信じられないかもしれないが、米国政府なんだ」とひろたんは素っ頓狂な返事をした。しかし外国の車だの、ネイビーだの、そういえばあの旧灯台は米軍が買収したというような話を不動産屋から聞いたことなどを思い出した。達也がやむなく受けると、ひろたんは「領収書はいらないから」と言った。金額も金額だし、領収書がいらないというのは本当にヤバいことにかかわることになったようだ。

 翌日ひろたんの部下6名が達也の家にやってきた。なにやら作戦を立てているようだったが、家を出て行くときにひろたんは達也に忠告した。「お前はこれからこの家を離れて、旅館にでも行っていてくれないか。夕方までには仕事を片づけて連絡するから」「危険な仕事なのか?」「かもしれないね、そうじゃないことを願っているけど」。達也は最後に「わかった」と言って、一行を送り出した。

 達也はLEDランタンと本を一冊、あとは水とチョコレートをバッグに入れてアルタミラと名付けた洞窟に行くことにした。ひろたんらが何をしているのか気になったが、それでも洞窟で本を読み終えた。時計を見ると3時間くらいたっていた。それから夕方までボーッとしていたが、ひろたんからの連絡は無かった。しびれを切らして、そろそろいいかなと思って家の方にあがっていくと、家の周辺に外国人が数人うろついているのが見えてあわてて草陰にかくれた。薄暮だったのではっきりと確認はできなかったが、彼らは倒れている人間を運んでいるようだった。達也が息を潜めてみていると、すべて運び終えたのか誰もいなくなり、上で車が出る音がした。とんでもないヤバいことが起こったらしい。

 達也は警察に通報した。警察には「しばらく家を明けていたら、庭に数名の外国人が侵入して何かやっていた」とだけ言った。「なにか盗まれた物はありませんか」と訊かれたが「なにも盗まれていない」と答えた。警察は「パトロールを強化しますので、気をつけてください」と言って帰って行った。

 夜になって一人で食事していると、キッチンの床下にある食料保管庫からひろたんともう一人の仲間が出てきた。

「うわっ お前生きてたのか」
「ほんとにヤバいことになってしまった、すまん」
「一体何なんだよこれは」
「あの灯台に侵入しようとしたら、ひとりドローンに吹き矢でやられたんだ。それでここまで逃げてきたんだが、ドローンに追いかけられて、ここで4人やられた。無事だったのは俺たちふたりだけだ。まさかエリア外で武器を使うとは想定外だった。えらいことになったよ」

 あの外国人達が運んでいたのはやはりひろたんのスタッフ達だったのだと達也は納得し、ひろたんにもそれを伝えた。ひろたんは「死なせたかもしれんな。失敗した。俺は切腹だ」とがっくりした様子で言った。しかし彼は気をとりなおしたように「そうだ 外した吹き矢が落ちているはずだから回収しよう」とふたりで庭にでていった。もうあたりは暗かったので、高性能のランタンを煌々と照らしてしばらく探していたが、ようやくひとつみつけて帰ってきた。

「すまんが これをフリーザーに保管しておいてくれないか」と達也に吹き矢を手渡した。達也は了解した。「で やはりあそこに玲華がいるかどうかはわからなかったんだな」と確認すると、ひろたんは「そうだ すまん」と答えた。

「それで今日のことを洗いざらい警察に言っていいのか」と訊くと、ひろたんは
「お前がそうしたいのなら言ってもいいよ。でもこれは警察の手に負えることじゃないんだ。」と言った。続けて「明るくなったら奴らが外した吹き矢の回収にくるはずだ。今夜暗いうちに逃げた方がいい。俺たちの車に乗れ」と言った。

「ここは俺の家だぞ。逃げてそれからどうするんだ」
「すまん。とんでもない迷惑をかけたが、移住の費用は出ると思う。ただ俺も上司も今回の件でクビになりそうなので、決断は早いほうがいいよ。とりあえず今日は東京のホテルに泊まれ」

 死人が複数出ているような事件だ。これはもうひろたんの言う通りにするしかないと観念して、達也は荷物も持たずに暗い道を駐車場までひろたん達と歩いた。うまれてはじめての恐怖の行進だったが、ようやく車までたどり着き、東京に向かった。車の中で達也は「お前らこんなヤバいことをやっているのに、武器は持ってないのか」と訊いたが、「バカ言え、ここは日本国だぞ。発砲して警察がでてきたらどうするんだ。それにしてもドローンに吹き矢を装備するとは想定外だった。俺たちの負けだ」という答えだった。「じゃあ玲華はどうなるんだ」と達也は答えを期待しないでつぶやいたが、やはり誰も次の言葉は発しなかった、

 2ヶ月ほど経過して、第7艦隊司令官とハミルトン大統領補佐官が解任されたことが英字新聞で報道されたが、関心があるマスコミのウォッチャー達もなぜだかはわからなかった。その頃達也は昔の部下から「遅くなってすみません。コンピュータの予約取るのも大変なんですよ。この間のフォルダーの件ですけど、米軍の原子力潜水艦でトラブルがあって、エドウィン・ロスバーグさんはその件を調査していたようですよ。もう少し時間をいただければ報告書にして送ります。田所さん一体何をやっているんですか」という連絡を受けた。達也は「有難う。そうしてくれ。詳しいことが訊きたければ会って話すよ」と礼を言った。

 やっぱりエディも玲華もひろたんも米軍関連の事件に巻き込まれて酷い目に遭ったのに違いない。しばらくひろたんの忠告とサポートで東京のホテルで生活していたが、達也は移住するのはやめて、やはり半島の家に帰ることにした。ひろたんに連絡したら、彼は米国での仕事を終えて、日本で警備の仕事を探しているそうだ。そして朗報がもたらされた。ひろたんによれば玲華は米国で生きていることがわかったそうだ。ネイビーがサポートしているので生活には困らないが、居所は不明で日本にも帰れないとのことだ。そしてそのことは家族には話さないでくれと釘をさされた。確かに家族が騒ぎ出すと玲華が消されるかもしれないということは達也にも理解できた。

 

| | | コメント (0)

2024年1月 4日 (木)

2024初詣

運転免許を返上してはじめての初詣。1時間に1本しかないバスをつかまえて神社最寄り駅で降りますが、車ならあっという間に着くはずの神社まで20分もかかりました。歩道のない一車線の道を車がバンバン通るので結構危険です。うーみゅ、来年からどうするか考えねば。

Img_0589a

元日に来ると、この階段の下から並んで20分くらい行列で渋滞しますが、3日にくるとこんな感じです。まわりは鬱蒼とした森ですが、そのさらに外側は広大な太陽光パネル、廃棄物保管場、農園、中古車展示場、など日本の田舎の風景です。

Img_0600a

ユーモラスなドラゴンの手水

Img_0593a

境内のほぼ全容

Img_0596a

元日はこのたき火のまわりに人垣ができるのですが、誰もいません。雑煮は無料です。毎年健康を祈って参拝しますが、コロナが5類になっても鈴の麻縄は撤去されたままで、鈴は鳴らせません。おみくじは中吉でした。

 

| | | コメント (0)

«能登半島の地震